松任谷由実「金色のだるまTシャツ」 もう一つの故郷への愛

松任谷由実「金色のだるまTシャツ」 もう一つの故郷への愛

目立ちすぎる“ワンポイント”が入ったTシャツを着て現れたユーミン

 ゴールデンだるま? 何ともご利益のありそうな金色に輝くTシャツに、さらなるゴールドがまぶしいスカジャンを着ているのは、Jポップス界の女帝・ユーミンこと松任谷由実だ。66才とは思えないスタイルも健在。6月中旬、「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」の放送を終えて、帰宅する瞬間をキャッチした。

 1970年代から活躍し続けるユーミンは、いつの時代でもファッションのアイコン的存在でもあった。あるベテラン女性スタイリストは「このTシャツは、石川県の観光PRマスコットキャラクター『ひゃくまんさん』のグッズですよ」と説明した。

 ユーミンは、2015年に石川県観光ブランドプロデューサーに就任して、そのテーマ曲「いしかわ百万石物語〜ひゃくまんさん小唄〜」を作曲した。石川県では、誰もが知るゆるキャラと曲なのだ。

 ある音楽関係者は「芸能人には金沢にプライベートで遊びに行く人がけっこう多いのですが、中でもユーミンさんは金沢に別宅を持つほどに金沢が大好きで、その縁で観光プロデューサーに任命されたのです」と話す。

 ゆるキャラグッズですら、同じ金色のスカジャンと合わせて、ばっちり着こなすあたりが、さすが。そして、“もう一つの故郷”である金沢への愛も伝わってくる。

 過去のインタビューでは「セレクトショップにも渋谷の109にもよく出かけますよ」と明かし、「ファッションのトレンドは、5年、10年、20年周期でスパイラルがあるの。60年代の英国のモッズファッションは、一番クールで大好き。Aラインのミニスカートやプレイフルな原色使いとか、その時代の影響は今のモードにもいろんなところで見られますよ」と語っていた彼女。ハイブランドから一般人が愛着するファストファッションや古着まで、何でも自分流に着こなして、電車やバスといった公共交通機関を使って、普通に街を歩き回っているという。

 そんなフットワークの軽さ、豊富な知識、普段からの体調管理が、エイジレスな魅力を保ち続ける秘訣なのだ。

 また、ユーミンは、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化し始めた3月4日には、公式ツイッターで「コロナは必ず終息する。今こそ怖れず、自分を見つめよう。友好と抗体を信じて共に乗り切ろう!」とつぶやき、「#春は必ずくる」と、自身の名曲「春よ、来い」にかけてメッセージを発信。その後は、公式Instagramなどで数多くのライブ映像も無料公開して、自粛中のファンたちを喜ばせてきた。

 あるレコード会社関係者は「ユーミンさんの影響力はまだまだ健在。桑田佳祐さんと弾けてくれた一昨年の平成最後のNHK紅白歌合戦のように、また我々を元気づけてくれるはずです」と期待している。

関連記事(外部サイト)