家電芸人・天野ひろゆき 普段使いの逸品から最新家電を語る

家電芸人・天野ひろゆき 普段使いの逸品から最新家電を語る

「家電ソムリエ」として多くの番組に出演する天野ひろゆき

『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「家電芸人」特集の常連で、「家電ソムリエ」として多くの番組に出演するキャイ〜ンの天野ひろゆき。そんなこだわり派芸能人が、自宅で使う自慢の逸品から、いま狙っている最新家電までを語った。

 * * *
 このコロナ禍で、家庭での掃除や生活を豊かにしてくれる家電の重要性を改めて認識しました。

 我が家ではロボット家電の先陣を切ったルンバを初代機から愛用していて、現在はルンバ980が僕の自室を常に綺麗にしてくれています。ですが、遊び盛りの長男がいて乱雑な我が家を全てルンバに任せるワケにはいかない。そこでリビングではダイソンV11が大活躍です。

 これはハンディタイプなのに当初は立てて置けるスタンドがなかったため収納に難があったのですが、ようやくカッコ良くスッと収まるスタンドが発売されたので最高のカタチに仕上がった感がありますね。

 ほかには、完成形と思われていた家電に新しい付加価値をつけたのが、バルミューダのスチームオーブントースター。“水分を加えながらパンを熱し、外はカリッ、中はフワッに焼き上げる”という誰も思いつかなかった方法で美味しさを実現しましたからね。

 でも家電が面白いのは、一社が良い物を創ると他社も追随するところです。そういう切磋琢磨が良い商品を生み出す。家電も政治も同じで一党独裁は良くないんです(笑い)。

 僕が最近目をつけているのがただの空気清浄機ではない、次亜塩素酸で“空気を洗う”ジアイーノです。付着した菌やウイルス対策ができる除菌脱臭機です。まさにこれからの時代に注目されるであろう商品をすでに開発していたわけで、先見の明がありますよね。

 また災害の備蓄品としてデジタル時代の現代では、やはりモバイルバッテリーも重要です。アンカーパワーハウスはノートパソコン15台分くらいの充電ができ、アウトドアでライトを100時間稼働できるなど最近流行りのキャンプでも重宝します。

 もうこれ以上は進化しないと言われる分野の家電でもきっと今後、新たな切り口で僕らを驚かせてくれる。そこが家電の奥深くて面白いところです!

▼天野さんオススメ家電

【掃除機】Dyson Cyclone V10 Fluffy(ダイソン)6万4900円

 前機種よりも吸引力が高くなった上に、充電の残り時間の表示やメンテナンス通知の液晶がついて便利に。

【脱臭機】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 ジアイーノ F-MV4100(パナソニック)16万5000円

 空気清浄機とは違う方向性の空間除菌脱臭機という新機軸を切り開いた商品。安全な濃度の次亜塩素酸を放出する(ジアイーノは現在新規受注を一時的に停止しております)。

【蓄電池】Anker Power House(Anker)4万9800円

 停電や災害時の万が一の電源供給の備えにも使える。すでにこちらを備蓄している地方自治体もあるとか。

※価格は原則としてネット通販サイトの実勢価格(税込)

●あまの・ひろゆき/1970年生まれ、愛知県出身。1991年にウド鈴木と共にお笑いコンビ「キャイ〜ン」を結成。『もしもツアーズ』に出演するほかYouTubeチャンネルも開設。『アメトーーク!』の「家電芸人特集」に出演し家電好きを公表して以降、家電関係の仕事も数多くこなしている。

※週刊ポスト2020年7月10・17日号

関連記事(外部サイト)