清原果耶、浜辺美波、富田望生… 今をときめくU-25女優8人

清原果耶、浜辺美波、富田望生… 今をときめくU-25女優8人

山田孝之を虜にした実力派と言われる清原果耶

 新型コロナウイルスによる影響で放送を見合わせていた新ドラマが続々と放送され始めている。そんな新ドラマや、次期放送予定のドラマで注目されているのが、若手女優たちだ。すでに大活躍しているU-25女優を紹介する。

◆清原果耶(かや・18才)

2015年『あさが来た』(NHK連続テレビ小説)で女優デビュー。2019年に山田孝之がプロデュースした映画『デイアンドナイト』のヒロイン役に抜擢。オーディションでは、清原の演技に山田は喜びのあまり涙したとか。京王電鉄のCMではギターを手に透明感ある歌声で、名曲「雨にぬれても」を披露。女優として貫禄あふれる演技力はもはや別格!?

◆浜辺美波(19才)

 長澤まさみを輩出した東宝シンデレラオーディションで2011年にニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。2017年にベストセラー小説の実写化映画『君の膵臓をたべたい』で、膵臓病を患う主人公を演じ、涙ぐみながらも微笑む姿に心打たれた人も多い。夏放送予定の新ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)では横浜流星とW主演が決まっている。

◆富田望生(みう・20才)

 ポップな衣装に身を包み、気持ちのいい食べっぷりを見せた『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)で桃子を演じた富田。映画『ソロモンの偽証』(2015年)に出演し、役作りのため15kg太ったという努力家。話題を呼んだドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)の出演や、連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)で主人公の親友役を演じ、確かな演技力で唯一無二の存在感を弱冠ハタチにして確立している。『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で木曜レギュラーに加わるなど今後バラエティーでの活躍も期待!

◆小芝風花(23才)

 最終回を迎えた『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)の苺役で迫真の告白シーンを見せ話題となった小芝。2011年に『ガールズオーディション2011』でグランプリを受賞し芸能界入り。映画『魔女の宅急便』(2014年)で主役・キキを演じて、ブルーリボン賞新人賞などを受賞し一躍話題に。連続ドラマ初主演の『トクサツガガガ』(NHK)では特撮ヒーロー好きの個性的なキャラクターを演じるなど、シリアスからコミカルまで幅広い役をこなす注目株!

◆堀田真由(22才)

 2015年にドラマ『テミスの求刑』(WOWOW)で仲里依紗(30)の妹役として女優デビュー。社会現象にもなったドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)や連続テレビ小説『エール』(NHK)など話題作に多数出演。雑誌『non-no』専属モデルも務めるなど、同性からの支持も高い。“美少女タレントの登竜門”ともいわれる『ゼクシィ』CMガールに今年抜擢され、可憐なウエディング姿を披露し話題に。

◆森七菜(18才)

 新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』で約2000人の中からオーディションを勝ち抜きヒロイン役として注目された森。映画『ラストレター』では広瀬すず(22)の妹役で出演し、主題歌も務め歌手デビューを果たす。『オロナミンC』のCMキャラクタ―に起用され、10代らしい若さ弾ける姿にパワーをもらえたという人続々。

◆吉川愛(20才)

 5才でドリンク飲料のCMに出演。ドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS系)に出演するなど子役として活躍するも、学業を優先するため2016年に引退。翌年、ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)で復帰し、“恋つづ”で優等生ナース役を好演。子役時代からの演技力の高さにさらに磨きをかけた吉川の活躍から目が離せない!

◆白石聖(21才)

 高校生の頃、原宿の竹下通りでスカウトされ芸能界入りしたシンデレラガール。ドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)の怪演が話題に。ドラマ『だから私は推しました』(NHK)では、自分に自信を持てない地下アイドルを演じ、役の幅広さと存在感を発揮した。スキンケアブランド『キュレル』(花王)のCMでは、透明感のある美肌も披露。

撮影/浅野剛、平野哲郎、矢口和也

※女性セブン2020年7月16日号

関連記事(外部サイト)