宮沢りえ、デニム美スタイルに激ヤセ知るファンから安心の声

宮沢りえ、デニム美スタイルに激ヤセ知るファンから安心の声

母娘でショッピングを楽しんだ

 新型コロナ禍はあらゆる業界に影響を及ぼしているが、芸能界も例外ではない。舞台や音楽ライブは軒並み中止となり、多くの芸能人がステイホームを余儀なくされた。女優・宮沢りえ(47才)も自粛生活を送っていたが、このほど外出姿がキャッチされた。

 2009年に実業家と結婚したものの、2016年3月に離婚し、2018年にV6の森田剛(41才)と再婚した宮沢。

 今回、公演予定だった舞台が立て続けに中止になり、およそ2か月のステイホームを経験したが、当サイトが3日に配信した記事によれば、宮沢が家にいることを娘が喜んでいるそうで、宮沢も「仕事には大きな影響が出たけれど、娘と長い時間を過ごせたことは悪くなかった」と語っているという。

 これについて、ネットには、

「森田さんも優しそうだし、娘さんも幸せでしょうね」
「娘さんと大切な時間が過ごせたなら、それはそれで、天からのプレゼントだったのかも」
「素直なお嬢さんで素敵。お母さんに伝えられてよかったですね」

 と、宮沢母娘を応援する声が寄せられているが、それ以上に目立ったのが、宮沢のスタイルに言及するコメントだ。記事には自粛明け、宮沢がショッピングを楽しむ様子が写真とともに紹介されていたが、少しふっくらとした姿に対し、

「細くガリガリな姿より今の体型の方がきれいです!!」
「ちょっとふっくらされたかな?とても痩せていた時期が長かったから ホッとした」
「ガリガリだった頃より全然よい」

 など、好意的なコメントが次々と上がった。

「りえちゃんには幸せになって欲しいー」
「りえさんはご苦労も多かったと思いますので
幸せになっていただきたいです」

 という声も寄せられた。なぜここまで好意的な声が集まったのか? ベテラン芸能記者の石田春男氏はこう分析する。

「今でこそ落ち着いたベテラン女優といった雰囲気の宮沢りえですが、かつてはとにかく“お騒がせ女優”として有名でした。人気絶頂だった18才の時に発売したヘアヌード写真集『サンタフェ』、相撲界の期待の星だった貴花田(当時)との婚約発表と婚約解消、ステージママとして有名だった“りえママ”の存在、激太り、激ヤセ…本当に色々ありました。しかし今回の落ち着いた表情写真を見ると、森田剛との結婚は大正解だったようですね。

 宮沢が生まれた1973年は、団塊ジュニアの中で生まれた人がもっとも多かった年。10代前半からトップスターとして活躍しながら、辛酸をなめてきた彼女は、厳しい競争を闘わなくてはいけなかった団塊ジュニアの象徴のような存在です。そんな彼女が40代後半になり、ついに平穏な日々を過ごしていることを、自らの人生に重ねた人が多かったのではないでしょうか」(石田氏)

“りえちゃん”と呼ばれていたのは、もはや30年も前のこと。同世代のトップランナーの幸せな姿に多くの人が目を細めた形となったようだ。

関連記事(外部サイト)