綾瀬はるかと韓流俳優ノ・ミヌの恋 ゴールまでに多くの障壁

綾瀬はるかと韓流俳優ノ・ミヌの恋 ゴールまでに多くの障壁

ゴールに辿り着けるか(時事通信フォト)

 これまで浮いた話がほとんどなかった綾瀬はるか(35)が極秘交際の「韓流タレント」との結婚を決めたという報道(『女性セブン』7月16日号)は、押しも押されもせぬ国民的女優だけに驚きをもって受け止められている。

 相手として浮上したのは韓国で俳優やモデルとして活動するノ・ミヌ(34)。日本を代表する女優を、決してトップクラスとはいえない俳優が射止めたとあって韓国でも交際報道は注目を集めた。だが、歓迎ムードの韓国に対して、日本では複雑な声も。

〈幸せになって欲しい気持ちと、信じたくないという気持ちが戦ってる〉
〈恋愛は自由だけど、出来たら日本人の素敵な男性と一緒になって欲しいな!〉

 綾瀬はNHK大河『八重の桜』で主演を務め、複数の東京五輪スポンサーのCMにも出演中。だからこそ“結婚相手”には厳しい視線が集まる上に、良好とはいえない日韓関係も影響したようだ。

 芸能界で生きる女性にとっては、世間の反応次第で結婚が仕事の後押しになることもあれば、障壁にもなり得る。

「関根勤の娘でバラエティ番組で活躍していた関根麻里(35)が2014年に韓国人歌手Kとの結婚を発表した時は、日韓関係が悪化していたため批判的なコメントがネットに溢れた。結婚を機に関根は『ZIP!』(日テレ系)の司会を卒業しましたが、一時期と比べて露出が格段に減ったのは少なからず影響があったと思われます」(芸能記者)

 今回の綾瀬と韓流タレントの結婚報道でも、双方の事務所が即座に「友人」として否定した背景には、そうした懸念があったのかもしれない。芸能リポーターの石川敏男氏が言う。

「綾瀬のような国民的女優であれば、結婚相手がどのような男性かによってCMやドラマへの影響は計り知れない。実際に、好感度抜群の綾瀬でさえ、『韓流タレントとの交際』に世間の反応は大きく、関係者はヒヤリとしたはずです。かつてのように“海の向こうの王子様と結婚した”というだけでは済まないのでしょう」

 綾瀬が国境を越えた恋のゴールに辿り着くには、まだまだ多くの障害がありそうだ。

※週刊ポスト2020年7月24日号

関連記事(外部サイト)