霜降り明星やEXIT、ミキなどお笑い第7世代の特徴と魅力

霜降り明星やEXIT、ミキなどお笑い第7世代の特徴と魅力

大御所芸人とも渡り合う“第7世代”の旗手、霜降り明星/吉本興業(時事通信フォト)

 テレビを見ているとやたら耳にする「第7世代」と呼ばれる芸人たち。新時代の若手芸人たちは“ガヤ”として各メディアに引っ張りだこでいまや一世を風靡しつつある。

 でも、そもそも“第7世代”と括られる芸人とは──? その“正体”と人気の理由をお笑い評論家のラリー遠田さんが紹介する。

「霜降り明星のせいやさんがラジオ番組で自分たちを含む若手芸人たちを“第7世代”と言い始めたのをきっかけに、彼らと同世代の芸人が注目されるようになりました。明確な定義はありませんが、平成生まれで芸歴10年以内ぐらいの芸人を指して使われることが多いようです。とんねるず、ウッチャンナンチャン、ダウンタウンの世代が“お笑い第3世代”と呼ばれていたことがありました。

 彼らは新しい価値観の笑いを生み出し、ゴールデンタイムに冠番組を数多く持つなどひとつの時代を作りましたが、第7世代の大きな特徴は、テレビを絶対視していないということ。彼らが物心ついた頃にはネットが普及していたため、ネット番組やYouTubeのメディアになじみも深く、独自の笑いを追求しネットを駆使しながら笑いを生み出しているのです」(ラリー遠田さん)

 テレビに縛られることなく活躍の幅を広げる第7世代。“お笑い”の中身も、先輩たちの枠にとらわれず、新しい形を作ってほしい。

◆霜降り明星/吉本興業
せいや(27才)、粗品(27才)

【profile】
 2013年結成。ボケのせいやとツッコミの粗品は、『M-1グランプリ』(2018年)の第14代目王者となったのを機に、知名度は一気に全国区に。現在レギュラー番組を10本以上抱える売れっ子。毎日アップされている『しもふりチューブ』(YouTubeチャンネル)の登録者数は87万人を超える。

「コンビとして『M-1グランプリ』優勝。ピン芸人として粗品さんは『R-1ぐらんぷり』(2019年)優勝を果たしていて、実力と実績では第7世代の中でもずば抜けています。せいやさんは“第7世代”という言葉の提唱者でもあり、名実共にこの世代を牽引するリーダー的な存在です」(ラリー遠田さん・以下同)

◆EXIT/吉本興業
りんたろー。(34才)、兼近大樹(29才)

【profile】
 2017年結成。ボケの“かねち”こと兼近と、ツッコミのりんたろー。の年の差コンビ。昨年パシフィコ横浜での単独ライブでは5000人を集客した。彼らのファンを“ジッター”と呼び、女性誌の表紙を飾るなどアイドル級の人気を誇る。

「『チャラ男』的な見た目と内面の真面目さのギャップが売りのネオ渋谷系“パリピ”漫才師です。ネタやキャラクターを作り込むセルフプロデュース能力が優れているため、結成して間もなく若者を中心に大ブレークを果たしました」

◆ミキ/吉本興業
亜生(あせい・31才)、昴生(こうせい・34才)

【profile】
 2012年結成。ツッコミの昴生とボケの亜生による実の兄弟コンビ。横山やすし・西川きよしや、ダウンタウンなどが過去に大賞を受賞した、上方演芸界で最も長い歴史を持つ賞レース・上方漫才大賞で昨年新人賞を受賞。

「血を分けた兄弟だからこそできるピッタリ息の合った超高速の掛け合いが魅力的な本格派の漫才コンビです。明るく爽やかなルックスの弟・亜生さんが女性ファンに愛されている一方、WHO(世界保健機関)のテドロス・アダノム事務局長似の兄の昴生さんは先輩芸人からもそのネタでよくイジられる“かわいがられ”キャラです」

◆四千頭身/ワタナベエンターテインメント
都築拓紀(23才)、後藤拓実(23才)、石橋遼大(23才)

【profile】
 2016年結成。ツッコミでネタ作りを行う後藤を中心にしたトリオ漫才師。昨年『M-1グランプリ』では準決勝まで進むも決勝まではわずかに及ばず。着実に漫才師としての実力をつけると同時に、『有吉の壁』(日本テレビ系)では、コントも披露。

「脱力系キャラクターの3人がよく練り込まれた漫才を演じています。ネタ作りとツッコミを担当する後藤さんはトリオの頭脳ともいえる存在ですが、芸人界でも声の小ささはピカイチで、その声質と話し方はつぶやきシローさんを彷彿させます」

◆宮下草薙/太田プロダクション
草薙航基(28才)、 宮下兼史鷹(けんしょう・29才)

【profile】
 2016年結成。若手芸人の登竜門『ぐるナイおもしろ荘』(日本テレビ系・2018年)でテレビ初出演を果たし話題に。同じアパートの隣同士の部屋で暮らし、ネタ作りや番組出演の打ち合わせを頻繁に行うという。

「常にネガティブ思考でオドオドしながらも、すぐに追い詰められて逆ギレする草薙さんの強烈なキャラクターが売りのコンビです。そんな草薙さんを支える相方の宮下さんのプロデューサー的なセンスにも注目しています」

◆ハナコ/ワタナベエンターテインメント
菊田竜大(33才)、秋山寛貴(28才)、岡部大(33才)

【profile】
 芸人養成所・ワタナベコメディスクールで出会い2014年に結成。“真のコント日本一”を決める『キングオブコント2018』で優勝。岡部は現在放送中の朝ドラ『エール』(NHK)に出演し、コントさながらの演技力を発揮している。

「もともと若手の中でもコントの面白さに定評があるトリオでしたが、『キングオブコント』優勝でその実力を証明しました。アクの強いキャラクターを演じる岡部さんの演技力に思わず引き込まれてしまいます」

◆ぺこぱ/サンミュージック
シュウペイ(32才)、松陰寺太勇(しょういんじたいゆう・36才)

【profile】
 2008年結成。2019年に『おもしろ荘』(日本テレビ系)で優勝し注目が高まり、初の決勝戦進出となった『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で3位に輝き一躍ブレーク。M-1出場の前日までアルバイトをしていた苦労人コンビ。

「元『ギャル男』で底抜けに明るくチャラいキャラクターのシュウペイさんに対して、松陰寺太勇さんが“否定しないツッコミ”を放つ漫才で一躍有名になりました。人を傷つけない優しい笑いが女性ファンにも共感、支持されています」

◆ゆりやんレトリィバァ(29才)/吉本興業

【profile】
 NSC大阪校を首席で卒業し、1年目からレギュラー番組を獲得した経歴をもつ。特技のダンスや英語などを取り込んだ1人コントで『第1回女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)で優勝。SNSではユーモアとお洒落な写真を投稿し若い世代の女性からの支持も高い。

「どんな状況でもスベることを恐れずグイグイ前に出る度胸と、発想力豊かなネタの面白さでは右に出る者がいない天才型の女性ピン芸人です。アメリカのオーディション番組に出演して流暢な英語を披露したことも話題になりました」

◆3時のヒロイン/吉本興業
ゆめっち(25才)、福田麻貴(31才)、かなで(28才)

【profile】
 元アイドルでツッコミの福田と、女優でも活動していたかなで、ミキの亜生率いる“亜生軍団”のメンバー・ゆめっちのトリオ。賞レース優勝を機に、『2020上半期テレビ番組出演本数ランキング』で昨年に比べ135本増加しブレイクタレント部門で1位に輝いた。

「女性芸人の大会『THE W』(日本テレビ系)で3代目チャンピオンとなり、一気にブレークを果たしました。派手な外見で動きのキレもあるかなでさんとゆめっちさんのWボケ体制は破壊力抜群。それを支える福田さんのツッコミもうまい。ポスト森三中の筆頭と言える女性トリオです」

◆ティモンディ/グレープカンパニー
高岸宏行(27才)、前田裕太(27才)

「元高校球児で運動神経抜群の2人。なかでもボケ担当の高岸さんは、高校時代に投手として150kmの豪速球を投げていた怪物です。オレンジ色の衣装に身を包み、爽やかな笑顔でゆっくりとポジティブなことだけを話すキャラクターは唯一無二です」

◆エイトブリッジ/ナチュラルエイト
別府ともひこ(30才)、篠栗たかし(34才)

「両者ともに『くりぃむしちゅー』の運転手をしていた経験がある異色コンビ。ボケ担当の別府さんの突き抜けた天然キャラを生かしてバラエティーで活躍中。口にする一言一言がズレまくっていてその“別府ワールド”はウド鈴木さんの再来を感じさせる大物の予感…」

◆納言(なごん)/太田プロダクション
安部紀克(28才)、薄幸(すすきみゆき)(27才)

「やさぐれキャラの薄幸さんが偏見丸出しで街をディスる漫才で注目されたコンビです。薄幸さんは大のお酒・たばこ好きで荒れた生活を送っていて、その豪快な飲みっぷりは男性が多い芸人の間でも一目置かれるほどです」

※女性セブン2020年7月23日号

関連記事(外部サイト)