1万人から選ばれたNiziU、個性的な9人のメンバーを紹介

1万人から選ばれたNiziU、個性的な9人のメンバーを紹介

ついにデビュー(写真はHPより)

 1万人以上のなかから選び抜かれた9人が、ガールズグループ「NiziU」(ニジュー)を結成した。

「世界で活躍できるガールズグループ」を発掘して育成する、グローバル・オーディション『Nizi Project』(通称ニジプロ)から選び抜かれた9人のシンデレラガールたち。

“デビュー”という同じ夢に向かって駆け抜けてきた彼女たちのストーリーは始まったばかりだ。

 たくさんの人を虜にした虹プロ。その理由の1つが、審査員を務めたプロデューサー・J.Y.Parkが毎回語る“アイドル哲学”だ。

「才能が夢を叶えてくれるのではありません。努力して自分に打ち克った人だけが夢を叶えられます」「見えない精神、心を、見えるようにするのが芸術です」など、自身も現役のアーティストだからこその名言が頻発!

 その言葉の一つ一つがオーディション参加者の心に届き、精神面でも成長していく姿に視聴者も思わず涙。世界でも活躍するトップアーティストとして、数十年間毎日欠かさず自分自身を律しているJ.Y.Parkの言葉だからこそ、私たち大人も感銘を受けている人が続々。

 そんなJ.Y.Parkに見込まれた「NiziU」が世界で活躍する日もそう遠くない…!? ということで、年齢も性格もバラバラな個性豊かなメンバーをこちらで紹介。これであなたの推しもきっとみつかるはず!

◆MAKO(マコ)
2001年4月4日生まれ、福岡県出身

 K-POPに憧れ3年前に単身韓国へ渡り、JYP(=事務所)練習生としてレッスンを重ねてきたグループのリーダーで最年長。パワーのある歌とダンスは文句なしの実力。メンバー全員に気を配るリーダーシップや練習に取り組む姿勢などもトレーナー陣から高く評価された。

◆RIO(リオ)
2002年2月4日生まれ、愛知県出身

 ダンスが大好きで、以前はEXILEなどが所属するEXPGのダンススタジオに通っていた。東京合宿オーディションでは「歌手ではなくダンサーのようだ」とプロデューサーのJ.Y.Parkから厳しい指摘を受けるも、歌のレッスンにも励み、力強いパフォーマンスを披露してデビューを勝ち取った。

◆AYAKA(アヤカ)
2003年6月20日生まれ、東京都出身

 一目でJ.Y.Parkを夢中にさせた透明感あふれる圧倒的なビジュアルの持ち主。見る者を笑顔にするスター性と、誠実にレッスンに励む姿勢が評価されメンバー入り。

◆MAYA(マヤ)
2002年4月8日生まれ、石川県出身

 オーディションでは「実力以上にうまく見せる力がある」と表現力が絶賛された。また、毎日自主的に筋トレを行うなど、努力を惜しまない誠実な一面も。性格は穏やかで優しく、まるで“NiziUのお母さん”的存在。

◆NINA(ニナ)
2005年2月27日生まれ、アメリカ合衆国出身

 日本人の母とアメリカ人の父を持つハーフでグループの最年少。モデルのようにすらりとしたスタイルと、惚れ惚れする歌唱力が最大の魅力。NiziUの明るいマンネ(韓国語で末っ子)としてグループに元気を与える存在に!

◆RIKU(リク)
2002年10月26日生まれ、京都府出身

 特技は空手で黒帯を所持。韓国で行われた半年間の最終審査の間にコツコツとレッスンを重ね、歌、ダンスともに急成長を果たした。少年のように爽やかで、エネルギッシュな歌声が特徴的。性格は明るく、表情豊かな愛されキャラ。

◆MIIHI(ミイヒ)
2004年8月12日生まれ、京都府出身

 TWICEのコンサート会場でスカウトされ、JYPの練習生に。天真爛漫な表情と優しい歌声が魅力的な少女。韓国合宿一次審査で披露した『Nobody』のパフォーマンスはJ.Y.Parkをはじめ、各所で絶賛された。

◆RIMA(リマ)
2004年3月26日生まれ、東京都出身

 ラッパーのZeebraとモデルの中林美和を両親に持つ。オーディション前にJYP練習生として7か月間単身韓国でレッスンを受け、英語と韓国語も堪能なトリリンガルという才女。特技はラップで、オーディション中には1日でオリジナルラップを作り上げるなど、作詞にも才能を見せていた。

◆MAYUKA(マユカ)
2003年11月13日生まれ、京都府出身

 優しすぎる性格ゆえ殻を破れず自分の魅力をうまく伝えられなかったのが課題だったが、審査を重ねるにつれて克服し、見事に合格。曲調によって雰囲気をガラッと変えることから“NiziUのカメレオン”と呼ばれている。

※女性セブン2020年7月23日号

関連記事(外部サイト)