THE RAMPAGE吉野北人の素顔に迫る100の質問【その1】

THE RAMPAGE吉野北人の素顔に迫る100の質問【その1】

家族や子供時代のことなど25の質問に吉野北人が答える

 EXILEのDNAを受け継ぐ、16人組のダンス&ボーカルグループTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。甘く華やかな歌声を武器にボーカリストとして輝きを放つ一方、公開中の映画『私がモテてどうすんだ』では初主演を果たし、役者としての躍進も目覚ましい吉野北人(よしの・ほくと、23才)。今回は、素顔に迫る100の質問のうち25問をご紹介。飾り気のない自然体の姿を見せてくれた。

【1】名前の由来とニックネームは?
 ちゃんと聞いたことはないけど、次に女の子が生まれたら“ななせ”って名付けて、“北斗七星”の響きにしたかったらしいです。でも妹はいません(笑い)。ニックネームは北ちゃんが多い。

【2】家族構成を教えて。
 両親と5才上の兄がいます。

【3】両親のどちらと似ている?
 本当に半々。顔で言うと目はお父さん似で、鼻・口はお母さん似。性格はお父さんの九州男児で真面目なところと、お母さんのちょっとシャイな部分をもらっています。

【4】いちばん小さい頃の記憶は?
 幼稚園の頃、家族で海や遊園地に行った記憶。あと、お兄ちゃんの自転車に乗っけられて、よく遊びに行ってましたね。

【5】子供の頃の夢は?
 芸能人になりたいとハッキリ思っていたわけじゃないけど、テレビを見て芸能の世界を身近に感じていました。

【6】子供の頃のヒーローといえば?
 お父さん。あと、小学生時代のバスケが上手だった先輩。

【7】幼稚園時代の思い出は?
 お昼寝の時間になると、好きな子の傍に布団を並べてました(笑い)。

【8】初恋の思い出は?
 小学1年生。同じクラスの人気のある子で、かわいいな〜って思ってました。

【9】小学生時代の思い出は?
 小3でバスケを始めて、県大会で1位になって全国大会に行きました。あとは小6の運動会の組体操の人間タワーで、本番直前にいちばん上の子の代わりに乗ることになって。練習では1回も成功していなかったのに、本番で成功したこと!

【10】バスケットボールを始めた理由は?
 学校の遊具で遊んでたら、全然知らない子に「バスケ部に入って」と声をかけられて。1回練習に行ったらシュートがわりと入って、監督が褒めてくれたので始めました。意外とセンスがあったみたい(笑い)。

【11】中学時代の思い出は?
 火山が近くにあったので、通学のときには全員、ヘルメット着用だったこと。それが嫌で外しながら歩いて、よく先生に怒られてました(笑い)。

【12】高校時代の思い出は?
 歌手になるという夢ができて、オーディションを受けたこと。

【13】20才になったときの思い出は?
 誕生日にEXILE THE SECOND さんのライブにサポートメンバーで参加していて、サプライズでケーキとグラスでレモンサワーを用意していただいたんですけど。レモンサワーを全部飲めなくて、(黒木)啓司さんが代わりに飲んでくれました(笑い)。

【14】まだまだ子供だな…と思うことはある?
 寂しがり屋なところ。お父さん、お母さんにすぐに電話したくなっちゃいます。

【15】親友はどんな人?
 親友は1人。小学生時代からの仲で、性格はぼくと真逆。ぼくは集団で遊ぶのは苦手だけど、その子は友達が多くて、周りの人を自然と引き寄せるタイプ。いまは美容師で、先日いっしょに仕事をしました!

【16】最近、地元の宮崎に帰った時にしたことは?
 今年の正月にメンバーの岩谷翔吾が実家に遊びに来たんですよ。大みそかのライブのあと、いっしょに帰省(笑い)。地元の観光スポットをいろいろ案内しました。星を見に行ったら、その数に驚いた翔吾が口を開けてました(笑い)。

【17】地元でお気に入りの場所は?
 自分の家の近くにあった運動公園。犬の散歩に行ったり、夜、星を見に行ったり。

【18】初めて東京に来たのは?
 高校の修学旅行。オーディションを受けている時期で、その様子がテレビで放送されていたんですけど。あるお店で「オーディションを受けられているかたですよね?」って声をかけられて、すごく驚きました。

【19】歌手を目指したきっかけは?
 中学時代は人前で歌うのは恥ずかしかったんですが、友達とカラオケに行ったときに歌声を褒められて。高校生のときにEXILEさんを知って、自分も同じようになりたいって思いました。

【20】オーディションのときの思い出といえば?
 大阪で開催された審査のために、宮崎の自宅から1日かけて両親と車で行ったこと。すごく遠かった! でもとてもいい思い出ですね。

【21】芸能界に入って驚いたことは?
 驚きの連続だったけど…。事務所に入ったばかりで、EXILEさんのドームライブにサポートダンサーとして出させていただいたときにドームで見た光景は、衝撃的でした!

【22】THE RAMPAGEを一言で表すと?
 ぼくにとっては「恩人」。メンバーの中でもぼくは経験値が浅くて、いろいろ教えてもらって支えられたので。

【23】デビュー前、武者修行時代の思い出は?
 大変な思い出しかないけど…。お客さんのリアルな声も聞けたし、アーティストになる上でよい勉強になりました。いま、もう一度やれと言われてもやりたいですよ!

【24】結成からデビューまで約2年半。つらかった時期は?
 毎日のように大変だった…。自信もなかったし、向いてないんじゃないか、デビューできないかもしれないと思ったことも…。辞めようと思っていた時期もあったけど、家族やメンバー、ファンのかたもいたので、もはや自分だけの夢じゃないな…と。中途半端に終わって、いろいろな人の期待を裏切りたくないという思いで乗り越えました。

【25】メンバー16名と大所帯でよかったこと、大変なことは?
 いいところはいっぱいある! ライブはもちろん、普通にいっしょにいるときも家族のよう。大変なのは、バス移動で補助席に座る人が出たりすること。席は早い者勝ちです(笑い)。あと最初は名前を覚えるのが大変で、普通に間違えてましたね。岩谷のことをイワタニって呼んでたな(笑い)。

撮影/黒沼諭(aosora)

※女性セブン2020年7月30日・8月6日号

関連記事(外部サイト)