LGBTをオープンにするアイドルが増加 ファンに勇気与える

LGBTをオープンにするアイドルが増加 ファンに勇気与える

女優としても活躍する最上もが(時事通信フォト)

 セクシュアルマイノリティであることをオープンにして活動するアイドルたちが徐々に増えている。

 AKB48の51枚目シングル「ジャーバージャ」で初センターを務め、2018年に行われた「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」で第5位にランクインしたAKB48およびSTU48のメンバーである岡田奈々は、「バイセクシュアルなのかも」と発言したことがある。

 岡田が上記の発言をしたのは、ネット番組『みゃおの部屋』でのことだ。その後、トークアプリに寄せられた「カミングアウト?できてよかったですね」というファンのコメントに対して、岡田は「いつか言おうと思っていたことなので良かったのかもしれません」と返信していた。さらに2016年に放送されたドキュメンタリー番組『AKB48裏ストーリー 岡田奈々19歳、夢の代償』(CS放送「TBSチャンネル1」)でも「好きな男性のタイプについて話しているとき、自分だけ全然盛り上がれない。逆に『好きな女性のタイプは?』って聞かれたらポンポン出てくる。やっぱり女の子のほうが好きだなって思うようになってしまって」と語っている。

 また、でんぱ組.incの元メンバーであるタレントの最上もがもバイセクシュアルであることをオープンにしている。2017年に放送された『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演した際は、ある女性芸能人に恋愛感情を抱いていたことも明かしており、セクシュアルティに関するファンの悩み相談に応えることもある。

 メンバー全員がセクシュアルマイノリティというアイドルグループも存在する。今年1月、“アイドルの聖地”中野サンプラザ公演を成功させた「二丁目の魁カミングアウト」は、“ゲイでもアイドルになれる”をコンセプトとしたゲイアイドル。もちろんグループ名の“二丁目”とは、世界有数のゲイタウンである新宿二丁目のことだ。

 より小規模に活動するライブアイドル(メディア露出よりもライブハウスを中心に活動するアイドルのこと)シーンに目を向けると、静岡県を拠点に活動する女性アイドルグループのfairy larmeはメンバー同士で交際していることを発表して話題になった。

 上記のアイドルたちは、あくまで自身の持つ個性のひとつとしてセクシュアルティを捉えているようだ。そんな自然体な姿勢がなんとも現代らしい。

『「百合映画」完全ガイド』(星海社新書)の執筆者の一人である社会学研究者・中村香住氏は、自身もレズビアンであり、長年のアイドルファンでもある。中村氏は、アイドル業界が抱える問題点をこのように指摘する。

「アイドルは、同性のファンも増えてきているとはいえ、まだまだ『異性向け』のコンテンツとされがちで、実際、異性愛主義的な価値観で運営されているグループがほとんどです。例えば、アイドルの世界には『恋愛禁止』の風潮がありますが、これも実質的には『異性との恋愛を禁止する』という意味として機能しています。これでは、世の中に今でも根強く存在する『異性愛こそが普通で正常だ』という信念が、アイドルコンテンツを通じてより強化されてしまい、同性愛差別につながりかねません。アイドル自身のセクシュアリティも、無前提に異性愛だと想定されています」

 中村氏は、ファンや運営の考え方を含め、アイドルシーン全体が異性愛を前提にしていることを問題視している。アイドルメディアでは当たり前の「好きな異性のタイプは?」といった質問などによって、旧来の価値観が再生産されてしまうことは十分あるのだ。だからこそ中村氏は、セクシュアルマイノリティであることを隠さないアイドルたちを肯定的に受け止めている。

「こうした状況を考えると、アイドル自身がセクシュアルティをオープンにするのは本当に勇気ある行為ですし、異性愛主義に風穴を開ける第一歩になることでしょう。また、応援しているアイドルのカミングアウトは、セクシュアルマイノリティ当事者のファンにとって、勇気を与えてくれるとともに自分に居場所を与えてくれると思います」(中村氏)

 昭和に比べて、アイドルの在り方はかなり多様化した。幅広いアイドル像と、それを受け入れるファンという土壌があるからこそ、現在アイドルシーンでカミングアウトが続いているのかもしれない。自身のセクシュアルティをオープンにして活動するアイドルたちの姿に勇気づけられるファンは多そうだ。

●取材・文/原田イチボ(HEW)

関連記事(外部サイト)