NiziUプロデューサーJ.Y.Park ゴリラ顔でもモテる秘密

『Nizi Project』での名言が話題、NiziUプロデューサーのJ.Y.Park モテる理由を分析

記事まとめ

  • 『Nizi Project』で製作総指揮を務めたプロデューサーのJ.Y.Park(パク・ジニョン)
  • あだ名は「餅ゴリ」で、決してイケメンとは言えないが、女性から人気
  • ヘア&メイクアップアーティストの山本さんは、モテる理由として清潔感をあげている

NiziUプロデューサーJ.Y.Park ゴリラ顔でもモテる秘密

NiziUプロデューサーJ.Y.Park ゴリラ顔でもモテる秘密

NiziUプロデューサー、J.Y.Park(AFLO)

 オーディション番組『Nizi Project』で製作総指揮を務め、参加者に贈る名言と共に話題になったプロデューサーのJ.Y.Park(パク・ジニョン48)。あだ名は「餅ゴリ」で、決してイケメンとは言えない顔立ちなのに、女性からも大人気なのはなぜか? ヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さんに聞いた。

「彼には清潔感があるんです! 特に年齢を重ねたら、清潔感を漂わせるだけで印象って変わってきますよ。清潔感って細部に宿るし、細部をきちんとケアしている人は女性にもモテる!

 私はよく女性に『年齢を重ねたら、清潔にしているだけではダメ。清潔感が目に見えるようにすることが大切』と言います。女性には清潔感が漂うメイク術をお伝えしますが、男性もちょっとしたケアで清潔感を出せば、周りとの差がグンとつきますよ」

 とはいえ、「スキンケアなんて考えたこともない」という40オーバーの男性は多いはず。手間いらずで差が出るケア法とは?

「彼の顔で際立っているのが、唇の清潔感! 女の子たちのパフォーマンスに感動すると、口をポカンと開けて見てることがあるんだけど、唇がきれいだからいやらしさがない(笑い)。

 潤いとグロスではない自然なツヤがある唇は、多分ちゃんとお手入れをしてるはず。男性も乾燥が激しい冬には、リップクリームくらい塗りますよね? これをもう一歩進んだアイテムに変えて、年中習慣にすればいいんです。

 おすすめは『THREE フォー・メン ジェントリング リップ バーム』。リップクリームが冬の乾燥を防ぐだけのものだとしたら、バームは夏の紫外線などさまざまな外的要因や、唇の荒れを内側からも修復してくれるアイテム。カサつく、ごわつく、縦じわが目立つといった唇のトラブルまでケアしてくれます。

 THREEのリップバームは、100%天然由来成分。アボカド油、シアバター、植物エキスなどの有効成分が唇に自然なツヤをプラス。荒れも防いでなめらかな唇に整えてくれます。最近はマスクが手放せないとはいえ、男性の唇は女性に比べて無防備なので、専用のコスメでケアすると一気に見違えますよ。

 荒れが目立つという人には、資生堂薬品の『モアリップ』がおすすめ。唇ケアの超定番で、医薬品のリップです。ビタミンEやビタミンB6などの有効成分が配合されていて、ひびわれやただれなどもケア。そのまま唇に塗れるチューブタイプで使いやすいし、容器のデザインもシンプルなので、男性が持っていても違和感がない点もよいと思います」
 
 男性も年齢を重ねたら、スキンケアなど自分に手をかけることが大切と山本さんは話す。

「40代から上の世代って、よっぽどのオシャレさん以外、自分に手をかけるなんて恥ずかしいと思ってるのでは? でも、男性もシミやしわなど肌の変化が出てくるし、だからこそ手をかけることで見た目に大きな差が出てきます。

 とはいえ、これ見よがしではなく、清潔感を見せられれば充分。内面を変えるのは結構難しいけど、外見を変えるのは簡単。しかも、外見を変えると内面も変わってきますよ。仕事のモチベーションも好感度も上がって、一石二鳥です!」

?

関連記事(外部サイト)