長瀬智也、キャリアやデートから振り返るワイルドで優しい姿

長瀬智也、キャリアやデートから振り返るワイルドで優しい姿

長瀬の今後の活動にも注目が集まる

 来年3月でジャニーズ事務所を退所することを発表したTOKIOに長瀬智也(41才)について、放送作家の山田美保子さんが分析します。

 * * *
◆ジャニーさんイズムのバンド部門を継承してきた長瀬クン

 TOKIOの長瀬智也クンが来年3月いっぱいで「ジャニーズ事務所」を退所。「裏方に転身」「クリエーターに」以外に「二刀流」という見出しも7月23日付スポーツ紙に躍りました。

 近年、TOKIOのシングル曲の作詞・作曲・編曲をしていた長瀬クン。今年2月には映像の“現場”で、周囲から「監督!」と呼ばれていたとの報道もありました。

 だからでしょうか。私には、なんの違和感もありませんでしたし、ストンと腑に落ちる長瀬クンの“決断”だったのです。

 メンバーに伝え始めたのは約5年前といわれ、要所要所で話し合い、調整し、今年初め、確認に至ったといいます。長瀬クンは41才。一般男性でも、将来を考え、次のステップに踏み出そうとする年齢ではないでしょうか。

 そして、発表が7月22日だったということは、昨年7月9日にお亡くなりになった、故・ジャニー喜多川さんの一周忌法要を済ませてからだったとも考えられます。

「平家派」「城島茂バンド」時代を含めれば、30年以上もジャニーさんとタッグを組んできた彼らは、現・社長の藤島ジュリー景子さんが最初にマネジメントを手掛けたグループ。今回のことは“身内”による“のれん分け”だったと言えましょう。

 これまで何度も書かせていただきましたが、歌やダンス、舞台と同じく、「バンド」という太い柱と、そこへの“こだわり”がジャニーズ事務所とジャニーさんにはありました。男闘呼組や、野村義男&The Good-Bye以前にも、多くのバンドがジャニーズには存在し、スタジオミュージシャンや、著名なアーティストのバックミュージシャンとして大成されているかたも大勢いらっしゃいます。

 そして、ここ数年、「シアタークリエ」で行われてきた舞台『ジャニーズ銀座』は、ジャニーさんが昭和の“ジャズ喫茶”からヒントを得て企画されたという話も聞きました。

 そしてTOKIOというネーミングは、もちろん世界に通じるようにとジャニーさんの夢が詰まったもの。TOKIOの音楽リーダー・長瀬クンは、ジャニーさんイズムのバンド部門を先頭に立って継承してきたのです。

 一方、俳優としては、ワイルドな役からチャーミングで憎めない役まで、多くの人気ドラマや「問題作」ともいうべき映画などに出演し続けてきました。

 私が特に好きだったのはドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(日本テレビ系)、『泣くな、はらちゃん』(同)。映画では、『空飛ぶタイヤ』。つい先日も見返したばかりです。こうして並べてみると、いかに硬軟どちらもやれる役者さんであるかがわかりますよね。

 後輩に慕われ、先輩からはかわいがられてきた理由は、やさしくて男気に溢れる人柄だからにほかなりません。私が忘れられないのは、『ジャニーズカウントダウン2016-2017』でのこと。フジテレビでの中継が終了した後、まずは岡本健一クン(51才)が「センキュー、SMAP!」と口火を切り(SMAPは2016年末付で解散)、続いて井ノ原快彦クン(44才)も同様に叫び、今井翼クン(38才)が「ありがとう、SMAP!」とコーフン気味に絶叫したのです。

ステージに立っていたグループすべての挨拶が終わると、長瀬クンが「あの、最後にSMAPに拍手を送ろう!」と会場を埋め尽くしたファンの皆さんに促したのです。もちろん満場一致で割れんばかりの拍手がおこると、長瀬クンは「もっと! もっと!」と煽ってくれました。そのカウコンでの「シャッフルメドレー」でも長瀬クンは森田剛クン(41才)らと『オリジナル スマイル』を歌唱。年越しのモヤモヤが長瀬クンのおかげで少し晴れた気がしました。

◆交際のウワサがあった女優さんとのドライブデートを目撃

 プライベートでは、バイクやクルマに乗っていらっしゃるところを本当によくお見かけしました。出没先が似ていたんですかね、なんでこんなに“目撃”してしまうんだろうというぐらいだったのです。

 長瀬クンをいちばんに見つけるのではなく、革ジャンがお似合いになるカッコイイ男性たちに目を奪われた後、中心に長瀬クンがいらっしゃるのを確認したことも。さらにはクルマで隣に座っていらっしゃる女性(当時、ウワサになっていた女優さんです)から逆算して、「あ、長瀬クンだ」とわかったときもありました。

 いまでも目に浮かびます。助手席に乗っている女性が顔の向きを90度に曲げて、ウットリしながら運転席の長瀬クンを見つめていたのです。ナマ長瀬クンは本当にワイルドでセクシーで、時折、彼女を見つめる眼差しがハンパなくやさしかったです。信号待ちで隣になったからといって、私は脇見しすぎましたね(笑い)。

 今回、スポーツ紙の担当記者さんらの取材に答えた城島茂社長(49才)と、国分太一副社長(45才)、松岡昌宏副社長(43才)のコメントから、株式会社TOKIOの今後や、彼らが示した長瀬クンの将来について、私なりに見えてきたことがあります。

 それは、彼らはTOKIOというグループ名と存在を守っただけでなく、TOKIOの楽曲も歌えるような確約をとったのではないかと。

 そして、社会貢献を含めて、得意な“ものづくり”の中には、長瀬クンのみならず、全員が「クリエーター」として、やっていくのではないかとも思うのです。

“お手本”として、福島県のご出身で、TOKIOと共にイベントに登壇したこともあるクリエーターの箭内道彦(やないみちひこ)さんが浮かびました。箭内さんは、多くのCMやデザイン、ロゴなどの制作者としてあまりにも有名ですが、TOKIOが出演する「ふくしまプライド。」のCMは、ノーギャラでお引き受けになっています。もちろん、TOKIOも同様です。さらに箭内さんは「猪苗代湖ズ」というバンド活動もされています。

 ここからは私の“希望”が半分以上入っている“推測”なのですが、「長瀬クンとの将来的な合流」を否定しなかった広報担当の松岡クンをはじめ、株式会社TOKIOの3人は、5人での復活も目標に置いているのではないかと。

 城島クンはテレビで、松岡クンはラジオで「5人の絆」を何度も強調なさいましたから。

 そして長瀬クンの退所は、ほかのプロダクションを含めた昨今の“退所ブーム”とは一線を画しているのではないかとも思っています。

 とにかく、長瀬クンと3人の決断には一点の曇りもないのです。“5人”とそれぞれ密に仕事をさせていただいた私。引き続き、応援させていただく所存です。

◆構成:山田美保子/『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキング』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2020年8月13日号

関連記事(外部サイト)