期待されていなかった「たのきんトリオ」が人気になった理由

期待されていなかった「たのきんトリオ」が人気になった理由

当時の渋谷公会堂とNHKホールの近くにある代々木公園では、「親衛隊」と呼ばれるたのきんファンたちが、コールの練習をしていた(イラスト/なとみみわ)

「わりとSMAPがアイドルのバラエティーの走りみたいだと言われてるけどな」(明石家さんま・65才)

「いやいや俺たち(たのきんトリオ)、結構やってたんだけどな〜。ぼくに至っては、『カックラキン大放送!!』(日本テレビ系のバラエティー番組)をやってましたからね」(近藤真彦)

 当時、ジャニーズ事務所に所属していた田原俊彦(た/トシちゃん)、野村義男(の/ヨッちゃん)、近藤真彦(きん/マッチ)の3人によるアイドルユニットが『たのきんトリオ』。ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系、1979年)の第1シリーズ出演後にブレーク。命名は、ジャニーズ事務所社長だった故ジャニー喜多川さん。1枚のシングルも出さないまま、1983年8月、大阪球場で解散コンサートを行った――。

 これは、6月19日に放送されたスペシャル番組『さんまのまんま35周年SP』(カンテレ・フジテレビ系)にゲスト出演した近藤真彦が、明石家さんまと当時を振り返って語った言葉だ。

 いまでこそ、アイドルがバラエティー番組で活躍するのは当たり前だが、その基盤を築いたのが、『たのきんトリオ』だったということだ。

 1980年、人気絶頂の頃の彼らについて、放送作家・山田美保子さんは、次のように振り返る。

「三人三様の個性の持ち主だったので、ファンには選ぶ楽しみがありました。キラキラ王子様のトシちゃん、やんちゃなマッチ、お人よしで三枚目のヨッちゃんという具合に、明確に立ち位置が分かれていたので、“見れば誰のファンかがわかる”と、彼らのマネジャーが言うくらいファンも個性が際立っていました」

 そんな彼らが注目を集めた1980年代初めは、「アイドルの過渡期だった」と、当時をよく知るライターで『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)著者で松木安太郎研究家でもある岡野誠さんは語る。

「特にジャニーズ事務所は長い低迷期に突入していたんです。1960〜1970年代にかけてのジャニーズは、フォーリーブスで男性アイドルのノウハウを構築し、郷ひろみ(64才)で大ブレークを果たしたものの、1975年には突然、郷がほかのプロダクションに移籍し、1978年にはフォーリーブスも解散してしまいました」(岡野さん・以下同)

 そんな中、誰も期待していなかった『たのきんトリオ』が大ブレークを果たす。

「新御三家(郷ひろみ、西城秀樹・享年63、野口五郎・64才)以来の男性アイドルをみんなが待ち焦がれていたところに、彼らが登場したわけです。彼らはそれまでのきらびやかな“ザ・スター”と比べ、とても普通っぽかったので、大人たちの多くは、誰も人気が出るとは思わなかったのでしょう。でも、彼らの場合、そこが逆によかったのだと思います」

 実際、人気音楽番組『レッツゴーヤング』(NHK)で田原俊彦をレギュラーに起用したプロデューサーは、「素人っぽいけれど手垢のついてない新鮮味がある」とその理由を説明し、ドラマ『3年B組金八先生』で共演した三原じゅん子(55才・現参議院議員)も、「3人とも身近にいる、どこにでもいる人たち。お芝居と普段と全く一緒。話していてとても楽しい」と当時のインタビューで語っている。

「当時は毎日どこかのチャンネルで音楽番組を放送していて、音楽祭も全局でやっていた華やかなりし時代。彼らはいまでいうところのグループではなかったので、お互いすごくライバル意識がありました」(前出の山田さん・以下同)

 あの頃、まだCDもない時代。ファンはテレビの前にラジカセを置いて録音しては自分の部屋でひとり聴いていた。それでよかったのだ。

「SNSもないし、アイドルのプライベートなんて、みんな知りたいと思わなかったんです。女性アイドルの好きな食べ物も、“なんとかパフェ”でよかった。それに、当時はアイドルではなく“スター”と呼んでいましたね。星のようにキラキラしてる人たちっていう意味で。常にトップを目指して頂上で輝いていたという意味でも、たのきんトリオは最後のスターだったかもしれません」

 たのきんトリオ解散後、近藤はジャニーズ事務所に残ったが、野村は『THE GOOD-BYE』活動休止後の1990年に、田原は結婚の翌年の1994年に事務所を辞めている。

 ジャニーズ事務所の危機を救い、一大帝国へと導いた彼らは、それぞれ違う道を歩き始めたのだ。

※女性セブン2020年8月13日号

関連記事(外部サイト)