声優に転身するアイドルが増加 芸能界でも兼業ブームか

声優に転身するアイドルが増加 芸能界でも兼業ブームか

AKB48時代の佐藤亜美菜(時事通信フォト)

 AKB48グループを卒業し、それまでのアイドルから声優に転身する例が増えている。48グループ出身声優の代表例を挙げるとすれば、まず佐藤亜美菜(さとう・あみな)、秦佐和子(はた・さわこ)、仲谷明香(なかや・さやか)の3人ではないか。

 アイドル時代から『森田さんは無口。』や『坂道のアポロン』などのアニメに出演していた佐藤亜美菜は、2014年1月にAKB48を卒業後、本格的に声優の道へ。大人気ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』の橘ありす役で知られている。

 同ゲームでは、“総選挙”として、ファンによる人気投票企画が毎年行われており、2020年に実施された「第9回シンデレラガール総選挙」での橘ありすの順位は27位だった。200人近いキャラクターが投票対象になっていることを考えると、なかなかの人気キャラクターと言えよう。

 佐藤が2019年2月に結婚を発表したとき、アニメファンから「佐藤亜美菜って元AKBだったんだ」と驚く声が上がったことから、彼女がすでに“声優”として世間に認知されていることが感じられる。

 一方、元SKE48の秦佐和子は、声優養成所に通うため、2013年、グループを卒業した。「必ず声優になる」とファンに宣言した通り、地道に出演作を重ねており、人気のメディアミックスプロジェクト『BanG Dream!(バンドリ)』には若宮イヴ役で出演。声優たちの歌やライブでも人気を集める同プロジェクトで、アイドル時代に鍛えたスキルが発揮されている。

 また、元AKB48の仲谷明香は、2013年3月にグループ卒業を発表した際、AKB48の楽曲「ファースト・ラビット」にひっかけて、「AKB48から卒業した人で、『声優』としてのファースト・ラビットになれるように! 頑張ります」と意気込みを示した。2014年2月より放送されたアニメ『ハピネスチャージプリキュア!』では、主題歌「ハピネスチャージプリキュア!WOW!」の歌唱担当に抜てきされ、アニメ本編にもキュアウェーブ/オリナ役で出演。プリキュア声優の仲間入りを果たした。

 実はこの3人は、2012年4月より放送されたアニメ『AKB0048』で、“声優選抜”に選出され、メインキャラクターを演じていた。同アニメは、秋元康プロデューサーが企画・監修を担当し、AKB48をモチーフとしたSFアニメ。アイドルにそれほど詳しくないアニメファンにもAKB48に興味を持たせるきっかけとなった作品だが、出演メンバーたちの現在の活動内容からすると、彼女たちに「声の演技」の経験を積ませた意義もかなり大きかったはずだ。

 他にも、元NGT48の長谷川玲奈(はせがわ・れな)や元HKT48の山田麻莉奈(やまだ・まりな)が、グループ卒業後は声優事務所クロコダイルに所属し活動中。乳がん手術を受けたことを公表して話題になった元SKE48の矢方美紀(やかた・みき)も、2021年放送予定のアニメ『シキザクラ』で声優に挑戦することが発表されている。

 声優に転身する元アイドルたちを、アニメ業界関係者はどのように見ているのか? アニメ情報誌「月刊ニュータイプ」(KADOKAWA)などに寄稿し、オタク系カルチャーへの造詣が深いアニメライターの前田久氏は、最近の声優業の在り方について次のように解説する。

「アイドルやバンド、ラップといった音楽要素を作品の中心に据え、声優陣が作中のキャラクターさながらのパフォーマンスを披露する──そのようなライブイベントを収益の大きな柱とするコンテンツが多く登場する昨今、声優という職業に求められる技能は、ますます多岐に渡るようになっています。

 一言でまとめれば、現在の声優はマルチタレントとしての能力を求められる機会が増えているわけです。それは裏を返せば、優れた歌やダンス、楽器演奏、トークなどのスキルをすでに備えた別ジャンル出身の人材が、声の芝居の技術を身につけることで、声優としての仕事を得るチャンスが増えたことを意味しています。こうした状況で、アイドルとして長年活躍し、たしかなパフォーマンススキルを身につけている元アイドルたちがアニメ業界で重宝されるのは、自然な流れといえるでしょう」

 たしかに、前述した佐藤も秦もそれぞれ『アイドルマスター シンデレラガールズ』、『BanG Dream!』と、ライブイベントで人気を集めるコンテンツに起用されてきた。そのようなアニメ・声優業界の現状を踏まえた上で、前田氏は彼女たちをこう激励する。

「率直に言えば、元アイドルという肩書きから下駄を履かせた状態でキャスティングされ、肝心の声の芝居が追いついていないように感じられるケースもしばしば見受けられます。しかし、これは元アイドルに限らず、新人声優が配役された際にはままあることですし、本人の熱意と周囲の適切な指導があれば、技術は磨かれていくことでしょう。暖かく、また同時に、厳しい目で見守りたいものです」

 声優による音楽ライブが当たり前のものになった今、AKB48グループ出身の声優がチャンスをつかむ機会は増えているらしい。業界の現状を追い風に、さらなる飛躍が期待できるだろうか。

●取材・文/原田イチボ(HEW)

関連記事(外部サイト)