奥菜恵 過去の撮影時にUFOやエイの大群遭遇の事件明かす

奥菜恵 過去の撮影時にUFOやエイの大群遭遇の事件明かす

少女から大人へ変わる瞬間を捉えた

 女優がかつての自身の写真を振り返るシリーズ「あの頃のわたし」。かつて「清純派美少女」としてグラビア界を席巻した、女優の奥菜恵が登場。彼女が20歳の時の写真集『ESCAPE』を撮影した写真家の西田幸樹氏が、40歳になった彼女の姿を撮り下ろした。15年ぶりとなる再会を果たすと、ロサンゼルスで撮影した写真集の意外な撮影秘話で盛り上がることに──。

西田:久々の撮影はどう?

奥菜:たぶん10年ぶりで懐かしかったですね。

西田:撮影前にめぐちゃんを撮った写真を見直していたら15〜18歳の時に撮った写真が、ワニブックスから発売された『僕の宝物』というムック本に載っているんだよね。

奥菜:本当に何度もお世話になりました。いつも親戚のおじさんに会うみたいな感覚で楽しく撮っていただいてどの撮影現場も良い思い出ばかりです。

西田:15歳の時はめぐちゃん家の近所で撮影してて、「このまま線路を歩きながら撮ろうか?」って聞いたら「友達に会うと恥ずかしいからイヤ」って答えたんだ。覚えてる?

奥菜:えー、覚えてない! でも今回の写真集『ESCAPE』の時のことは覚えてますよ。ロスからラスベガス郊外に向かう途中に有名なUFO目撃スポットがあって、私は撮影前から“絶対にUFOを見るぞ”って念じていたんです。そしたら深夜にロケバスで移動している時に本当にUFOが現われたんですよ。すぐに「みんな、起きて!」って起こしたけど、誰も信じてくれなくて……。

西田:そんなことあったね。僕らが起きた時にはUFOは見えなくて「寝ぼけてたんじゃない?」って、誰も信じなかったんだよね(笑い)。

奥菜:そう! 私が見た時は1機だけでなく2、3機と現われて、しかもパッと消えて別の場所に現われるような瞬間移動もしたんですよ。

西田:めぐちゃんは不思議な何かを呼び寄せる力があるんじゃない? 今日もちょっとしたハプニングがあったね。

奥菜:海を眺めていたら、水面に1匹のエイが現われたんです。しかも次々と大量発生したので驚いちゃいました。

西田:びっくりしたけど、現場の雰囲気も和んだし、めぐちゃんの表情もほころんだからね。エイに感謝です(笑い)。

奥菜:そうでしたか? 最初は撮影の流れをすっかり忘れていたので、西田さんと呼吸を合わせようと試みながら、“あ、この振り向きポーズの首の動かし方や角度……懐かしいっ!”と、どんどん勘を取り戻せました。でも最初からとてもリラックスして臨めていましたよ。

西田:エイの登場に素直に喜ぶ良い意味で抜けてる感じが、ああ、何歳になっても変わらず魅力的な女性だと改めて思いました。

奥菜:ありがとうございます。嬉しいです。私も改めて自分は「撮られるのが好きなんだ」という感覚を思い出しました。

西田:どんなところが好き?

奥菜:写真は映像と違ってある場面の一瞬を切り取るものですよね。無心で自分の世界に入り込める感覚が好きなのかな。

西田:なるほどね。

奥菜:撮影中はカメラマンさんとはほとんど言葉は交わさないんですよ。でもお互い自然と伝え合うものが出てくると、すごく良い写真が撮れますよね。

西田:めぐちゃんの今の表情を撮らせていただけたことに感謝です。なにより15年ぶりの再会、長生きはするものですね!

奥菜:またまた(笑い)。私も嬉しかったです。

西田:今度は何年後かな? また撮らせてくれますか?

奥菜:そんな機会をいただけるのでしたら、いつでも。

【プロフィール】おきな・めぐみ/1979年生まれ、広島県出身。13歳でデビュー以降、女優業を中心にマルチに活躍。現在は2女の母として子育てをしながらドラマ、映画、舞台などへの出演を精力的にこなしている。

◆撮影・聞き手/西田幸樹

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

関連記事(外部サイト)