NHKの女子アナ採用史、今や最も王道のアイドルアナを採用

NHKの女子アナ採用史、今や最も王道のアイドルアナを採用

久保純子アナは初の「アイドル」

 日本初の「女子アナ」は、1925年にラジオ時代のNHK(東京中央放送局)に入局した翠川秋子アナだ。彼女は1年で退局したが、その後多くの女性がラジオの舞台で活躍。そして1953年、ついにテレビ放送が開始される。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が同局女子アナの歴史を語る。

「テレビ一期生として入局した後藤美代子アナは1988年まで勤め上げ、NHK初の女性管理職として後輩に大きな影響を与えた。1970年代以降に入ると、朗読の加賀美幸子、ニュースの森田美由紀、ナレーションの山根基世と呼ばれる実力派アナが次々と台頭していきます」

 女子アナといえば「アイドル化」と言われるように華やかな民放アナをイメージするが、NHKも意外に早くからタレントアナを輩出していた。

「1958年入局の野際陽子さんが女優に転身して成功を収めました。ですがこれはレアケース。本格的に “アイドル”が誕生したのは1994年の久保純子アナ。紅白司会に『プロジェクトX』MCとまさにエースでした」

 だが“クボジュン”にしても、過度に派手なタイプではない。NHKでは入局後、最低5年程度は地方局を回るため、東京放送局に戻れるのは「約3分の1程度」と言われている。

「そのため、単なる美人ではなく全国レベルの親しみやすさが求められるわけです。井上あさひアナや桑子真帆アナ、近江友里恵アナなど老若男女にウケるタイプが多い。一方で民放に倣ってか、2006年のミス上智・杉浦友紀アナの入局後はミスコン出身者が増えた」

 今年の新人は、半数以上がミスや準ミス、元タレントなどの“タイトルホルダー”だ。

「セントフォース関西に所属していた大谷舞風など錚々たる面々です。近年、民放は日テレの水卜麻美アナやテレ朝の弘中綾香アナなど個性派路線が人気を博すなか、実はNHKが最も“王道”のアイドルアナ候補を採用しています」

 近頃は番組内容も柔軟になったが、女子アナ採用でも変化が起きていたのだ。

取材・文■河合桃子

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

関連記事(外部サイト)