東海昼ドラ出演の若手俳優 放送終了4年の今、台頭の理由

東海昼ドラ出演の若手俳優 放送終了4年の今、台頭の理由

朝ドラだけではなく昼ドラでも活躍した有村架純

 窪田正孝、有村架純、広瀬アリス、高杉真宙、戸塚純貴――多くのドラマや映画で活躍する俳優たちだが、彼らには共通項がある。それは東海テレビ制作の昼ドラ出演歴があるということだ。彼らが今、台頭する理由とは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
『嵐』シリーズから『真珠夫人』、『牡丹と薔薇』、『はるちゃん』、『花嫁のれん』まで、数々の名作を生み出した東海テレビ制作の昼ドラマのことは、まだ覚えている人が多いのではないでしょうか。最後の作品となった『嵐の涙〜私たちに明日はある〜』が終了した2016年3月から4年半が過ぎた今、昼ドラに出演していた若手俳優たちの活躍が目立ちはじめています。

『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)に出演中の高杉真宙さんは、2015年放送の『明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜』で主演に抜てき。しかも男性の単独主演としては最年少の18歳であり、出生の秘密を持つ青年を好演しました。

『親バカ青春白書』(日本テレビ系)に出演中の戸塚純貴さんは、2015〜2016年放送の『新・牡丹と薔薇』で、ヒロインと交際後にストーカーとなり、殺人を犯してしまうという難役を演じました。

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)に出演中の金沢美穂さんは、2010年の『天使の代理人』でAID(非配偶者間人工授精)によって生まれた中学生役という、こちらも難役を演じました。

 公開中の映画『ぐらんぶる』で主演を務める犬飼貴丈さんは、2014年の『碧の海〜LONG SUMMER〜』で、ヒロインの相手役を務めました。

 いずれも昼ドラの出演時は、まだ実績が乏しい時期だっただけに、最後に蒔いた種が次々に芽を出して育ち、花を開かせようとしているように見えます。しかし、昼ドラが蒔いた種は、これだけではありません。東海テレビ制作の昼ドラには、今をときめく主演俳優たちも出演していたのです。

満島ひかり、染谷将太、窪田正孝も昼ドラ出身

 満島ひかりさんは2006年放送の『紅の紋章』で、元華族の家庭で育った令嬢役を務め、内向的な性格で不登校になりながらも、明るい少女へ成長を遂げる姿を演じました。

 染谷翔太さんは2008年の『愛讐のロメラ』で、ヒロインを愛しながらも復讐を決意する医師の少年期を演じました。

 窪田正孝さんは2009年の『Xmasの奇跡』で、交通事故で命を落としたピアニストの魂が乗り移った大学生役を務め、年上のヒロインとの切ない恋模様を演じました。

 広瀬アリスさんは2010年の『明日の光をつかめ』で、イジメに遭って心に傷を負ったほか、父親を刺した過去を持つ少年と愛を育む少女を演じました。

 新川優愛さんは2011年の『明日の光をつかめ2』で、暴走族の初代総長であり、少年院で出産して里子に出した過去を持つ少女を演じました。

 有村架純さんは2012年の『ぼくの夏休み』で、戦時中にタイムスリップしてしまい、空襲で兄と生き別れて娼婦となり、正体を知らぬまま再会して惹かれていく少女を演じました。

 昼ドラのラスト10年間だけを切り取ってみても、現在の主演俳優たちが羽ばたくきっかけをつかんでいる様子がわかるのではないでしょうか。しかも、彼らが演じたのは東海テレビ制作の昼ドラらしい複雑なキャラクターばかりで、有村さんは主演級、窪田さんと広瀬アリスさんは準主演級の出演でした。

 さらに、現在トップバイプレーヤーとして活躍する眞島秀和さん、神保悟志さん、吉田羊さんらも複数の昼ドラに出演して飛躍のきっかけをつかみました。なぜ東海テレビ制作の昼ドラはこれほどの人材を発信することができたのでしょうか。

若手俳優を鍛える“演技道場”だった

 東海テレビ制作の昼ドラは、52年間で214作が放送されました。歴史が長く、作品数が多いだけではなく、毎日放送される帯ドラマのため、出演俳優にとっては演じるシーンが多い上にスケジュールもタイト。撮影の順番もバラバラで、「何話のどのシーンを撮っているのか分からずに演じていた」「今日の日付も時間もよくわからなかった」と語る俳優も多いなど、さまざまな意味で鍛えられる“演技道場”という声も聞くほどの場でした。

 さらに東海テレビ制作の昼ドラは夫婦や親子の愛憎劇が多いため、そのほとんどが難役。実際、以前インタビューしたある俳優は、「感情をむき出しにする演技は昼ドラで覚えた」と言っていました。芸能事務所としても顔を覚えてもらうチャンスであり、演技の幅を広げる機会としてとらえていたのです。

「東海テレビ制作の昼ドラ」と聞くと、ドロドロの人間模様をイメージするかもしれませんが、小中学生の在宅率が高い夏季と冬季は、『はるちゃん』『明日の光をつかめ』『花嫁のれん』のようなマイルドな作風も少なくありません。また、2009年以降は視聴率回復のために放送期間やジャンルの自由度を高めた挑戦的な作品が増え、若手俳優の起用も活発になっていました。

 そんな最後の数年間で蒔かれた種が今、花を咲かせようとしているのではないでしょうか。だからこそ昼ドラのような民放の帯ドラマがない現状には、寂しさを感じざるを得ません。現在、東海テレビは土曜深夜に『オトナの土ドラ』を放送していますが、昼ドラには深夜ドラマでは学べないものがあるだけに、若手俳優の育成という意味であらためて喪失感を抱いてしまいます。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)