大麻所持の伊勢谷友介、逮捕のタイミングをめぐる「謎」

大麻所持の伊勢谷友介、逮捕のタイミングをめぐる「謎」

大麻20.3グラムを所持していた疑いで逮捕された伊勢谷友介容疑者(AA/時事通信フォト)

 俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が、大麻取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。今日の16時30分頃、自宅のリビングの机の中に乾燥大麻20.3グラムを所持していたことから現行犯逮捕された。業界関係者は騒然としているが、その中で囁かれているのが「逮捕のタイミングの謎」だ。

 伊勢谷容疑者は、NHKの大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)や『花燃ゆ』(2015年)に出演したほか、映画『翔んで埼玉』(2019年)での怪演も話題となった。最近では、ドラマ『未満警察 〜ミッドナイトランナー〜』(日本テレビ系)の演技でも注目された。そこでは、警察学校の教官役を演じ、学生たちを厳しくも温かく指導する役回りだった。

 注目されているのは、そのドラマと逮捕のタイミングだ。テレビ局関係者が語る。

「『未満警察』がちょうど先週末の9月5日に最終回を迎えたばかり。それを待っていたような逮捕劇です。警察学校の教官役が逮捕されたら、さすがに警察へのイメージがよくないと考えたのか、それとも違う理由があるのか……。しかも、伊勢谷容疑者逮捕の第一報は日テレというのが因縁ですね」

 実は、関係者の間では、以前から伊勢谷容疑者の大麻疑惑が取り沙汰されていた。伊勢谷容疑者に近い知人は「トローンとした表情で、これは……と思ったことがあった」と明かす。

 通常、大麻や薬物の捜査では、怪しいとされる人物をマークしてから数か月間は行動確認などをして裏を取る。特に大物芸能人などの場合は影響が大きいから、慎重に捜査が進められる。逮捕は「確実に自宅にブツがあって本人がいる」という今日だったのか、あるいはドラマ終了のタイミングを狙っていたのか。

 伊勢谷容疑者は、つい2日前までツイッターを更新していたから、まさか捜査の手が近くに迫っていることは知らなかったのだろう。所持容疑となった20.3グラムは、常習性も疑われる量といえる。真相は今後の捜査の手に委ねられる。

関連記事(外部サイト)