木下優樹菜インスタ再開で逆襲? 裁判で明かした警察沙汰

木下優樹菜インスタ再開で逆襲? 裁判で明かした警察沙汰

インスタではフォロワーが急増。根強いファンはいるようだ(写真は今年6月)

 この7月に芸能界を引退した木下優樹菜(32才)と、タピオカ店オーナーの裁判の中身が見えてきた。

「インスタグラムの投稿は裁判を見越した反撃なのかも…」
 
 心配そうにそう話すのは木下の知人だ。

 今年7月に芸能界を引退した木下は9月1日、インスタグラムを新設し、《木下組のみんなへ》とファンに向けて投稿を始めたのだ。

 木下は昨年10月、姉が勤めていたタピオカ店に給料をめぐるトラブルがあったとして、恫喝まがいのメッセージをタピオカ店オーナーのAさんに送信。これをきっかけに芸能活動を自粛。以後、不倫疑惑も飛び出し、昨年末には夫の藤本敏史(49才)と離婚するなど、人気タレントの地位から転げ落ちただけでなく、芸能界まで去る事態となった。

 インスタ投稿は、髪形を変えたことや花火をしたことなど他愛もない内容だが、瞬く間に24.4万人のフォロワーが付いた(9月8日現在)。彼女が再び表舞台に出てきた背景を、前出の知人はこう話す。

「インスタを新設した翌日、タピオカ裁判の第1回口頭弁論があったんです。原告はAさんで被告が木下さん。互いに代理人だけが出席しました。Aさんは名誉毀損などの損害賠償として1000万円を請求していますが、木下さんはそれを不服として“請求は棄却されるべき”と主張し、対立姿勢を見せています。インスタの投稿は、闘う姿勢をアピールしたかったのかもしれません」

 木下サイドの主張からは、これまで明かされていなかったトラブルもうかがえた。
 
 騒動直後、B氏という人物から「何の面下げて芸能界汚してくれてんねん?」「芸能界、舐めてる芸能人の掃除してこいって」などのメッセージが木下に送られていたという。

「B氏からのメッセージは辛辣で、世間からのバッシングと併せて彼女は心を痛めました。彼女はその頃、精神科で『適応障害』と診断されています」(前出・木下の知人)

 さらにB氏の行動はエスカレートし、昨年末には警察沙汰になったという。

「B氏は当時木下さんが所属していた事務所の前で座り込み、大音量の音楽とともに“木下優樹菜!”と大声で叫び、警察に任意同行されています」(芸能関係者)

 これらは裁判で木下サイドが主張したものだという。AさんとB氏の関係は不明だが、次回の法廷ではAさん側が、こうした件について書面を提出する方向だとされる。
 
 一方のAさんは、ため息まじりにこう話す。

「そもそも(木下の)お姉さんと話し合って済む話だったんです。彼女が出てくる話じゃなかった。結局、(木下から)謝罪はありませんし、インスタまで始めて…感覚がわからないです」

 前代未聞の裁判は長期化する可能性すらあるという。

「この騒動は互いに主張が食い違うところが多すぎて、真実が明らかになるのはもっと先だと思われます」(前出・芸能関係者)

 トラブルの発端から間もなく1年。タピオカブームが落ち着きを見せる中、この騒動の沈静化はまだ先のようだ。

関連記事(外部サイト)