浜辺美波の評価急上昇 マンガ実写化作品で好演連発の理由

浜辺美波の評価急上昇 マンガ実写化作品で好演連発の理由

“2次元実写化もの”に出演多数の浜辺美波(時事通信フォト)

 女優・浜辺美波が、9月2日に放送されたドラマ『私たちはどうかしている』第4話で、大胆なベッドシーンを披露したことが話題となっている。

 浜辺美波と横浜流星、今をときめく俳優ふたりのラブシーン……と聞いて、少し抱き合った後にすぐ暗転する、いわゆる“朝チュン(シーンが突然翌朝に移ることで2人の行為を示唆する演出のこと)”描写を想像する人も多いかもしれない。しかし、本作において、ふたりは裸で体を重ね合う濃厚な演技を披露しており、Twitter上で視聴者から「まさかここまでやるなんて」と驚きの声が続出したのも納得だ。浜辺が清純派のイメージをあえて崩し、殻を破ろうとしていることが感じられる一作と言えよう。

 浜辺は、漫画・アニメ原作の実写化に起用されることが多い。彼女が一躍注目を集めるきっかけとなった2015年放送のスペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は大ヒットアニメが原作で、2016年にドラマ放送、2017年に映画公開された主演作『咲-Saki-』も人気麻雀漫画を原作としている。

 2次元の実写化となると、原作ファンから厳しい声がぶつけられることが珍しくないが、浜辺は原作ファンからも「かわいい」と支持を集めてしまったのだからすごい。放送中の『私たちはどうかしている』も、累計発行部数300万部を突破した安藤なつみによる人気漫画が原作だ。

 また、ギャンブル漫画を原作とした主演作『映画 賭ケグルイ』(2019)は、第2弾の制作が決定した。浜辺にとっても同作品は思い入れの深いものであるようで、「私を変えてくれた作品でもあります。感謝してもしきれない作品です」(9月5日の投稿より)とInstagramにて感謝をつづっている。

 なぜ浜辺美波は漫画・アニメの実写化で重宝されるのか? “若手女優マニア”と呼ばれる映画ブロガーのCDB氏は、実写化で求められるスキルをこのように解説する。

「漫画やライトノベルの実写化映画を演じるときは、作品によって、普通の映画とは異なる演技が必要になる場合があります。漫画の絵が美術の油絵と違うように、リアリズムとは違うポップな演技が求められるんですね。浜辺美波さんはリアルな演技も上手いですが、このポップにデフォルメされた演技が抜群に上手い。

『君の膵臓をたべたい』(2017)では病弱で可憐な女の子、『センセイ君主』(2018)では元気で一途な女子高生、『賭ケグルイ』では怪物的ギャンブラー少女と、作品に合わせて演技を強調する、“キャラを立てる”演技ができる役者です。同じ漫画原作でも『思い、思われ、ふり、ふられ』(2020)のように静かな作品では見事にそれに適応しています」

 CDB氏は、「今後は漫画原作以外の作品にも出演が増え、演技力の評価はますます高まっていくでしょう」と太鼓判を押す。

「映画『賭ケグルイ』の続編制作が発表されましたが、主演を務める浜辺美波さんの今後のさらなるブレイク、国民的女優のひとりになっていくことを見込んでの“先物買い”のように思えます」(CDB氏)

 清楚可憐なビジュアルで「天使」の呼び声も高い浜辺だが、優れたルックスを持つ女優は他にも存在する。浜辺は称賛の声に甘んじることなく、実写化ものという戦場で、“作品のテイストに合わせて細かく調整できる演技”という武器を磨いている。実は5年後、10年後こそが楽しみな女優なのかもしれない。

●取材・文/原田イチボ(HEW)

関連記事(外部サイト)