高田文夫氏 東京演芸界の大看板・内海桂子さんの思い出

高田文夫氏 東京演芸界の大看板・内海桂子さんの思い出

内海桂子さんの威勢のいい江戸弁が恋しい…

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、東京演芸界の大看板、97歳で亡くなった内海桂子さんについてお届けする。

 * * *

 8月24日(月)いつものように昼、ニッポン放送でしゃべっていた。局内の偉い連中とのとり決めもあってこの日の生で“『ナイツ ザ・ラジオショー』(月〜木13時から)が9月7日よりスタート”という衝撃の情報公開をしようという日だった。32年もやっている通り11時半から13時までが私で、そこから“お笑いマニア”を逃がさないようにとバトンタッチである。

 私も調子良く話していた。「いやぁ〜根まわしもバッチリ決まってさ、ナイツが真っ昼間、4日間しゃべるんだよ。ニッポン放送的には大OKでさ、ナイツのところのマセキの会長へお礼に行ったら、先代は数年前に亡くなりましたよなんて言われちゃって、こりゃまずいと思って、お師匠さんに喜びの御報告をっていうんで内海桂子師匠ところ行ったら、寝てて起きてこないっつんだよ。ありゃッと思って、ひと言おぼん・こぼんに言っといた方がいいのかなと思ってたら、周りに、あそこはソーシャルディスタンスですからって言われて、結局スゴスゴ帰ってきたよ」みたいな事を話した。

 虫が知らせたのだろう、その2日後、内海桂子師匠の訃報が届いた。弟子が本当に東京を代表する漫才師になったという朗報をどこかで聞いててくれたらいいのだが。

 内海桂子97歳、東京演芸界の顔である。まさに大看板の大往生。好江ちゃん(こう呼ばせてもらっていたので。1997年に61歳で死去)をきたえあげ、相方にし、二人で三味線を持つ昔の漫才の形で、威勢のいい江戸弁でまくしたてる“内海桂子・好江”は根っからの東京人から最も愛された。

 40年間近く私がひとりで構成をやっていたフジテレビの元日名物、芸人達の紅白とも言われた縁起物『初詣!爆笑ヒットパレード』では貫録の常連。毎年「おめでと、センセー」と手ぬぐいをもらえるのが楽しみだった。実は昨年まで律気に盆暮になると浅草のお菓子を贈ってくれた。ウッチャンナンチャン、出川哲朗らが所属する“マセキ芸能”の第一号タレントが多分桂子好江になると思う。この後歌手として所属したのがナイツ土屋の母親である。先日NHKで放送した『ファミリーヒストリー』でも詳しく描かれていた。

 塙からきいた桂子師匠らしい話。ロケで原宿へ一緒に行ったら女子高生達から大変な人気。ツイッターも始めた頃。“キャーキャー、師匠〜ッ”て囲まれたら嬉し泣きしちゃって「原宿なんて昔ゃアメリカ兵ばかりだったのに……今じゃこんなに若い娘が……。みーんなしっかりいい子を産むんだよ、バンザーイ」と去っていった。

 桂子師匠らしい話である。昔を今に──。

■イラスト/佐野文二郎

※週刊ポスト2020年9月18・25日号

関連記事(外部サイト)