松田聖子ファン歴40年女性「聖子専用部屋」にグッズ保管

松田聖子ファン歴40年女性「聖子専用部屋」にグッズ保管

ジュンさんはキャンペーンや広告も大事に保存してある

 芸能人や漫画のキャラクター、音楽、映画、ドラマ、舞台……。多感な時代に、誰しも一度はわれを忘れて熱中した対象があるはずだ。ジュンさん(53才)は、ごく普通の家庭に育った中学生時代から、結婚して1男2女の母となるいままで、松田聖子(58才)一筋、40年。「人生のすべてを捧げてきました」と言うジュンさんの熱い思いを、愛するグッズとともに語っていただきました。

 * * *
 私が聖子にハマったのは中学校に進学したとき。『青い珊瑚礁』がテレビから聞こえてきて、その透き通るような歌声を聴いて、一発で好きになりました。でも中学生だから、コンサートにも行けないし、周りも「聖子なんてぶりっ子だから嫌い!」という友達ばかり。私はひとりでコツコツとグッズ集めをしていました。いまでいうところの“オタ活”です。

 雑誌の切り抜き、ブロマイド、シール、ステッカー、近所のレコード店のアイドル専門コーナーにあった聖子グッズ……入手できるものを手当たり次第、買い集めました。

 当時のお小遣いは月3000円。人からは「恵まれている」とうらやましがられていましたが、聖子に夢中になった私にとってはまだまだ軍資金不足。女子が好きな文房具や雑貨には目もくれず、お小遣いは全部、聖子グッズに投入してました。

 いちばん高価だったのは、ビデオデッキ。聖子グッズではないけれど、テレビに出演する聖子をすべて記録したくて、昭和57年、私が15才のとき、コツコツ貯めた15万円で、聖子専用のビデオデッキを買いました(当時は相当な高級品でした!)。

 その後もずっと聖子グッズを集め続け、自室が聖子でいっぱいになりました。お嫁に行くときも、結婚式前日にグッズを徹夜で整理して、自分の部屋の押し入れにきれいに並べて、万が一にも日焼けしないようにシーツをかけ、「触らないように」と張り紙をしました。結婚後、新居を建てたときに、「聖子専用部屋」を作って、いまはそこに保管しています。

ラジオやテレビ番組を録音したカセットテープ

 当時の私の日課が「ラテ欄チェック」。毎朝、新聞のラジオ・テレビ欄を隅から隅まで見て、「松田聖子」という文字を見つけると、片っ端から録音・録画をしていました。

 いまはスマホやパソコンで音声や動画をダウンロードできて、自分の都合のいい時間に楽しめますが、当時はラジオもテレビも自分から積極的に録らないと何も残りません。そう、「エアチェック」が必須の日課でした。

 聖子専用のビデオデッキを買うまでは、ラジオをよく聴いていましたね。1981年4月からスタートしたのが、『松田聖子 夢で逢えたら』(ニッポン放送)。当時はラジオにタイマーがまだ付いていなかったから、日曜の夜10時まで起きて、録音ボタンを押す。テープ代を節約するために、CMはすべてカット。たまに寝落ちして録音スイッチを入れ忘れ、ちょっとだけ録りモレがあって、すごく落ち込んだこともありました。

 テレビ番組を網羅したのは昭和57年8月放送分から。歌番組からワイドショーまで、ありとあらゆる聖子の出演番組を録りました。

『第8回 音楽の歴史』(日本テレビ系)での「トップアイドル賞」受賞シーンから『ザ・ベストテン』(TBS系)や『レッツゴーヤング』(NHK)……録画したテープはゆうに100本超え。いまはすべてDVDに焼き直して保存し、放送リストもすべてノートに記録しています。

【プロフィール】
ジュンさん/53才。松田聖子ファン歴40年。親衛隊レディースメンバー。現在は薬剤師として働く一方、親衛隊仲間らとコンサートやディナーショーに出かける。24才で結婚し、1男2女の母。

◆写真提供/ジュンさん

※女性セブン2020年9月24日・10月1日号

関連記事(外部サイト)