報道番組MC務めるEXIT、「チャラ男」が考える報道の意義

報道番組MC務めるEXIT、「チャラ男」が考える報道の意義

「報道の意義」について語ったEXIT

「チャラ漫才」で知られるお笑いコンビ・EXITが報道番組のレギュラーMCになって約半年が過ぎた。『ABEMA Prime』(ABEMA)の月曜担当MCはカンニング竹山、火曜は小籔千豊とケンドーコバヤシが隔週で担当し、水曜日は乙武洋匡氏、金曜日は西村博之氏で、社会派ネタに強いイメージのあるベテランが揃う。そんな中、木曜日はEXITのりんたろー。(34才)と兼近(29才)の2人が務める異色の曜日となっている。

 番組のプロデューサーは「木曜日だけは別の番組のようなものです。EXITのお2人には自由にやっていただきたい」と語る。「ニュースなんてあまり見ていなかった」(兼近)というが、今、彼らは「報道の意義」「若者とニュース」について何を思うか。2人にインタビューした。

――約半年、MCをやったことになりますが、りんたろー。さんは、最初にこの話が来た時どう思いましたか?

りんたろー。:単純にびっくりしましたよ! 「そういう時代が来るんだァ〜!」と思いました。なんせ、ぼくらは“チャラ男”でスタートしているんです! だから「盛り上がっていこーぜ、パーリーピーポー!」「おあとがヒィウィーゴー」「BBQ(ビービーキュー)ぶちかますぜ!」とかやっているわけで、そんなノリの芸人が子供の番組もお昼の情報番組もできると思っていなかったんです。でも、こうした「無理だ」と思っていたことが1つずつ叶っていった……。今回の報道番組のメインMCってのは、“意外な仕事”においては最上級です。だからこそ「MCもさせてもらえるの? がんばらなくちゃ……。で、オレら大丈夫?」という気持ちがありました

――とはいっても、EXITは漫才でコロナを解説したり、時事ネタも盛り込んでいるから、なんとかなるとは思わなかったのですか?

兼近:「ネタでニュースの番組をやったら……」という漫才は作っていましたし、舞台でも披露してきました。あれはあくまでも芸の「振れ幅」を出すのが目的だったんですよね。あくまでもニュースをチャラいネタにして、芸の幅を広げようとしていたら現実になってしまった――。ボケでやっていたのに、そのボケが現実になっちゃったんですよ。こんな何でもアリな時代なんですよね。自分があまりニュースを見なかったし、周囲の人もそういう人が多い。だったら、ニュースを見ない人がMCをやったらどうなるのだろうか、ということは真面目に考えました。

りんたろー。:ぼくらが選ばれた理由についても考えました。だって、あまりニュースの深層とか知らないし、気の利いたコメントだってできないですよ。そう考えたら、番組開始初期の目的は、ぼくらのファンとかニュースと縁がない人を近づけることだと決めました。それをしつつ、ぼくらなりの見解を元にコメントできればいいなと腹をくくりました。ぼくらもアベプラ(『ABEMA Prime』)をきっかけに、ニュースや社会を考える時間が作れればいいですよね。まずはニュースに触れていくことが大事だと考えるように、気持ちを変えていきました。

「若者がニュースに対して持っているハードルを下げられる」

――私はEXITが報道番組のMCを務めるということで、最初は「ニュータイプコロナ、マジパネェヤバさじゃん!」とか「“熱中症”ってパリピがフィーバーしてるって感じ?」みたいなMCをするのかと思っていましたが、お2人とも困っている人が出てきたらそこに寄り添うようなコメントをするし、お仕着せ的なことは言わず、正論をぶっ放す。アベプラの視聴者コメントでも「それを聞いてほしかった!」みたいなことがよく書かれますよね。

兼近:以前、テレビに出ていた時、他の出演者全員が読んでいる漫画の第30巻の話をしていました。なんとなく言っていることは分かるけど、はっきりとは分からなかったんですよ。皆さんぼくよりも年上だったのですが、とにかくとっつきにくい。難しい言葉もバンバン出してくるので、だったらぼくはチャラ男のフィルターで、堅苦しい「ニュース」とやらの最初のハードルを下げてやっか、と決めた。そうすれば、周りの若者がニュースに対して持っている抵抗感を下げられると思いました。

りんたろー。:政治や経済、社会ニュースっておじさんおばさんなど中高年が見るものだと思っていました。ぼくらが楽しみ、取り入れてきたニュースって漫画、音楽、芸能とかだけだったんです。でも、これまで約半年、報道番組に出てみると、おじさんおばさんが見ていたニュースも自分と隣接していることに気付いたんです。実際に触れてみて、オレらに関連しているんだ、と思った。まさに番組でやってきた「コロナ対策」とか「声優志望者から考える“夢を持つこと”」なんてそうですよね。ニュースが自分事化してきたんです。

「ニュースと自分の関係性を知ることにより“大人になった”」

――でも、結局視聴者にとっては「自分事」ではない芸能のスキャンダルが圧倒的にネットのニュースでは読まれるんですよ。ただ、それは重要なニュースか? それがたくさん読まれる中、重要なニュースはどうすれば読まれるか? いや、誰が重要だと決めるのか? そのあたりについてどんな意見をお持ちですか?

兼近:誰と誰が結婚しました、ってニュースは確かに多くの人の関心を呼ぶでしょう。ただ、重要なニュースって自分の生活により関係しているものではないでしょうか。でかいのがコロナです。これにはさすがに若者の関心が高まりました。自分の行動に規制がかかるとか、会社に行けないとかね。ぼくもライブがコロナによって軒並み中止になるなど、すごく生活に影響がありました。かつては、ニュースが自分に密接している、という感覚を抱く経験をしてこなかったから、“これだ!”と思いました。

 ぼくは2020年3月、番組が開始する直前の28歳までは子供だったんです。子供って、大人が周囲のことをやってくれるから社会で何が起きていても気にしないんですよね。大人がなんとかしてくれると思うから、自分が何かを行動して変えられることを知らなかった。知らない人にぼくが伝えられるんだ、ぼくが行動することで子供たちが救われたり、進むべき道が変わるのを感じられます。現在29歳、ニュースと自分の関係性を知ることにより、最近大人になったと思いました。これまで番組で取り上げたシングルマザーの問題は、ぼくも関心は高かったです。これについても、ぼくが考え方をいうことで、人の意見を変えられるかもしれません。

――たとえば、養育費を支払わない元夫が多いとかの問題を変えられるかも、といったことでしょうか。なんとか払わせようと母親が動くかもしれないし、父親も改心するかもしれないし、何らかの運動が起きたりとか……。

兼近:たとえばそういうことです。それを感じたのは最近のこと。最初は報道番組にチャラ男が2人いたら視聴するハードルが低くなるし、なんか言ったらバズる、スゲーと思われる、という展開を考えていた。ただ、約半年やって、今は“兼近大樹”として言葉が伝わるようになったと思っています。4月の頃はあくまでもチャラ男がMCをやっているだけでした。

「大坂選手の時間の使い方はすごく素敵だと思った」

りんたろー。:ぼくらなりに意見を言うこともできるし、それにより考え方を変える人もいると思う。でも、知れば知るほど自分の無力さを知るニュースもあります。現実を突きつけられてもぼくらなりに発信できることがない。発言に意味があってほしいと願っていても、根本的なところで本当に出口がないこともあります。

 たとえば、アメリカの“BLM運動”に伴う黒人の差別問題。ぼくらが思うことは発信できます。届けられるといいな、とは思いますが、それは根深いものだし、簡単に解決できるものではない。以前番組でも取り上げた、いじめの問題とかもそうじゃないですか。ぼくはあの時、「逃げることに勇気を持ってほしい」と言いました。現実的に亡くなっている子供たちもいることをぼくらは突きつけられている。番組で社会問題について発言することとは、問題の根本を解決するために何をしなくてはいけないかを考えさせられることです。

――今、りんたろー。さんが言った黒人の差別問題についてですが、テニスの大坂なおみ選手が抗議の意味を込めて試合をボイコットする、と発言しました。その後は、亡くなった黒人の名前が乗ったマスクをつけて全米オープンの試合に臨みました。あれは彼女ができることを行動で示しました。兼近さんはあの件についてどう思いますか?

兼近:時間とは人間全員に平等に存在するものです。でも使い方って、すごく多種多様で、ぼくは黒人差別についてすごく思うこともあるし、差別なんてものはあってはいけないと考える。だから「よくないことだと思います」、は言う。このように、発信は誰でもできますが、黒人差別に反対する行動はまだしていません。個々の人間は、時間の制約があり、実際に行動に移せないものもある。大坂選手は、黒人差別問題に対して行動を起こした。行動を起こせるものって、それぞれの時間の使い方次第ですが、大坂選手の時間の使い方はすごく素敵だと思いました。ぼくはそれはできていない。でも、ぼくは別の時に、何か別の問題で自分の時間を使いたいです。個々人が特に関心のある分野で、問題解決のために行動を起こせばいいのではないでしょうか。

――アベマの番組プロデューサーがお2人のことをこう言っていました。「りんたろー。さんは、その日の番組テーマについて事前にみっちり調べてくる。そして漫才の時と同じように、自由な兼近さんの良さを引き出すようフリを入れてくる」と。

りんたろー。:ぼくは兼近の良さを引き出しているつもりはまったくなくて……。いや、ぼくは彼に出会って人生観を変えられた。「こんな世界がまだ日本にあるんだ」と思わされた。それを思わされるような生い立ちとか、生活を送った中で、ぼくが感じる世界や考えとかけ離れた角度からの意見が出る。それを一緒にいる時に感じるんですよ。それを視聴者の皆さんにも知ってほしい。そういうニュースがあったら彼はこう感じるだろうな、というその観点の考えを多くの人に知ってもらいたいんですよね。

兼近:ぼくには、物事を色々な方向から考える癖があります。ぼくがこう思っていると、他の人はこう思うだろうな――みたいに、正解がないものをさまざまな観点から言葉に出す。昔からそうだったんです。それに対して「お前は間違えている」とか、「こいつは変なことを言ってる」とか言われてずっと生きてきました。「こいつ変な人だなあ」、と言われたとしても、りんたろー。さんは「別にそれって間違えじゃないよね」と言ってもらっているような気がする。あと、人は発言が変わってもいい。昨日はこう言っていたけど、今日は違う。それは、毎日ぼくが変わっている証拠だし、それが間違ってないことをりんたろー。さんに教えてもらっている日々です。これからもニュースにはそうした姿勢で取り組んでいきたいです。

■取材/文:中川淳一郎 撮影:森滝進

関連記事(外部サイト)