『金曜日の妻たちへ』 たまプラーザ駅が舞台となったワケ

『金曜日の妻たちへ』 たまプラーザ駅が舞台となったワケ

小川知子は”金妻”第1作に出演

 1983年から1985年にかけて放送された『金曜日の妻たちへ』シリーズ(TBS系)。当時30〜40代女性たちの心をわしづかみにし、“金妻ブーム”などと呼ばれる社会現象まで巻き起こしたこのドラマ。一体何が魅力的だったのか……。3シリーズすべての脚本を手掛けた鎌田敏夫さんのインタビューから解き明かす。

1作目は初挑戦尽くしだった

 現代でこそ受け入れられるようになった、自立した女性の生きざまや、夫婦のフラットな関係を描いた『金妻』。当時は大きな冒険だったのではないか。「金妻」誕生の裏側を鎌田さんはこう明かす。

「3作品の中で、脚本作りにもっとも苦心したのが、作品の人気を決定づけた1作目でしたね。というのも、いままでに描かれたことのない、まったく新しいドラマを作ろうとしたからです」(鎌田さん・以下同)

 それまで、ホームドラマの舞台は下町が主流で、“東京郊外にドラマはない”とされ、そこを舞台にしたドラマは作られていなかった。というのも、下町には古くから大家族が多く暮らしており、近隣住民との関係も深かった。世代の違うさまざまな人々が交わる場所には、自然とドラマが生まれるため、物語の舞台にしやすかったのだ。

 一方、1980年代の東京郊外は若い世代が多く暮らしていた。都心は地価が急上昇していたため、彼らが暮らすにはハードルが高い。しかし郊外では新興住宅地が次々と開発され、中流家庭でもがんばればマイホームを手にできる環境にあった。そこで多くの若い世代が地方から引っ越してきた。

 彼らの多くは、実家が地方にあるため核家族で、近隣住民も同じようによそから移ってきた人たちばかり。古くからの知り合いなどはおらず、表向きの近所づきあいがあっても、下町ほど深い交流はあまり見られなかった。そのため、ドラマは生まれにくいと思われていたのだ。

 さらに、郊外に暮らす30〜40代は“団塊の世代”に当たり、それまでのホームドラマではきちんと描かれてこなかった。鎌田さんは、そんなドラマのない場所をあえて舞台にし、これまで深掘りされてこなかった世代にスポットライトを当てて、まったく新しいドラマを作ろうとしたのだ。

 初めて尽くしのため、当然苦労は多い。鎌田さんはドラマを書く際、舞台となる場所と、物語を彩る音楽を決めてから執筆にかかるが、その場所が決まらず、早速難航した。

「音楽はプロデューサー、ディレクター、音楽出版社、ぼくとで、当時30〜40代が青春時代に聴いていた歌を調べ、ボブ・ディランの『風に吹かれて』にしようと意見が一致。これはすんなり決まったのですが、ドラマの舞台となる場所探しは、一筋縄ではいきませんでした」

 当時は一億総中流傾向にあり、物語の主人公と同世代の視聴者は中流家庭が多い。彼らの生活水準とかけ離れた場所を舞台にすると共感してもらえない。とはいえ、憧れも抱けるようにと、普通の暮らしより少し背伸びした、都会的な雰囲気の生活が似合う場所を探した。

「舞台は、庶民的かつ少し都会的な街でないといけませんでした。それで、東京やその近郊の都市をくまなく探し、ようやく見つけたのが、当時の制作スタッフが住んでいた多摩センター周辺。この街にあるスタッフの家をそのままセットで造りました。駅のモデルは当時開発が進んでいた、たまプラーザ駅にして、物語を作ることにしました」

 ドラマのヒットにより、舞台となった、東急田園都市線沿線のたまプラーザ駅周辺をはじめとする新興住宅地に戸建てを構える若い核家族世帯が増えた。都市開発が進み、ドラマ終了後、この地域の地価は急騰した。そのため、いまではセレブの街の様相を呈しているが、当時はまだ、“新興の街”だったのだ。

※女性セブン2020年10月8日号

関連記事(外部サイト)