田原俊彦、新曲で蘇った「らしさ」と譲れない「意地」

田原俊彦、新曲で蘇った「らしさ」と譲れない「意地」

田原俊彦、59歳の現在地は…

“自分らしさ”を徹底的に追求する先に、何かが見えるのではないか──。横浜FCの三浦知良(53)がJ1最年長出場記録を更新した3日後の9月26日、カズが慕う田原俊彦(59)が埼玉県越谷市のサンシティホールで、『Love Paradise』ツアー3公演目となるライブを行なった。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、客数は制限され、ライブ中にファンは声援を送れない。そんな状況下でも、田原は序盤から快調に飛ばして行った。しかし、終盤を迎えると、珍しく曲中によろける場面があった。MCに入ると、「捻挫したかもしれない」と呟き、自分の右足に向かって「ちゃんとしろ!」と叫んで地団駄を踏んだ。その後も、いつも通りにステージを右に左に動き回ったが、右足のステップはおぼつかないようにも見えた。

 この状態で、最後まで“全力で歌って踊る”というポシリーを貫けるのだろうか──。

 今年8月発売の新曲『愛は愛で愛だ』は、作詞・岩里祐穂、作曲・CHOCOLATE MIX、編曲・保本真吾という田原俊彦楽曲にとって初の布陣で制作された。同曲はオリコン週間チャートで17位になり、自身5年ぶりのトップ20入りを果たした。だが、その数字以上に、田原俊彦は新曲によって大事なモノを取り戻したと思う。

 8月29日の配信ライブでは1曲目、ラストと2度も『愛は愛で愛だ』を歌唱した。コンサートツアーの1公演で新曲を2度も歌ったのは、2003年の『Dynamite Survival〜I WILL SURVIVE〜』以来、17年ぶりである。田原は『愛は愛で愛だ』に相当な愛着を感じているのではないか。

 なぜか。その理由を考察していこう。

たどりついた“田原俊彦らしい曲”

 新曲では、バックダンサーの振付は決まっているが、田原はフリーで踊る。事実、7月上旬収録の『人生、歌がある』(BS朝日、8月8日放送)、8月4日生放送の『うたコン』(NHK)でのダンスは違っていた。

 特に、3度あるサビ終わりの“決めポーズ”において、明確な差があった。フルコーラス歌唱の『人生、歌がある』ではターン(2度)や静止した状態(1度)からカメラに指を差すなどしていたが、『うたコン』では足を上げた後にスーツの端をヒラリと浮かせ、前屈みになってカメラ目線で〈悪くないだろ〉と最後の歌詞を言い放った。

 田原が番組前後のリハーサルやツアーに向けて練習する中で、何がしっくりくるかを試行錯誤した結果、自ら生み出したのだろう。

『うたコン』で曲と決めポーズが調和した時、私は往年の輝きを感じた。思い返せば、田原は1980年のデビューから10年にわたって37作連続オリコントップテン入りを果たした。快挙を成し遂げた理由の1つに、新曲の度にそんな“胸のすく瞬間”を積み重ねていったことが挙げられる。

『ハッとして!Good』『君に薔薇薔薇…という感じ』『ごめんよ涙』などの編曲者である船山基紀は派手でゴージャスな曲調の中に、踊りの見せ場を作った。この仕掛けによって、田原のダンス力が生かされ、視聴者は1曲の作品に魅了されていった。そしていつしか、“ポーズが決まる曲”イコール“田原俊彦らしい曲”になっていった。

 1988年、人気音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)で年間1位に輝いた『抱きしめてTONIGHT』では、印象的なイントロがやや落ち着いたところで、踊り始める。この緩急によって、曲とダンスが融合する。サビを歌い出す前に3回転ターンできる間を入れ、ラストも決めポーズを取れる締め方にしている。

 このように、船山の編曲には“緩急”や“決め”が存在し、歌って踊れる“田原らしさ”がフルに発揮できる構成になっていた。

 一方、ここ数年の踊る新曲(シングル)は、どこか“田原らしさ”を欠いているように見えた。それは、本人のダンスを際立たせる“緩急”や“決め”があまりなかったからかもしれない。“らしさ”の正体は、曲自体にもあったのだ。

 田原は『愛は愛で愛だ』で“自分らしい曲”という手応えを久しぶりに感じたため、配信ライブで2度も歌ったのではないか。

田原の足を動かした思いとは

 越谷ライブの最終盤、田原は足の状態が悪い中、力を振り絞って『愛は愛で愛だ』の“決め”である足上げを3度、忠実に行なった。前述のように、この曲には明確な振付があるわけではない。あくまでフリーダンスであり、足を上げなくても、振付を省いたとは判断できない。

『愛は愛で愛だ』を公で披露したのは、テレビ2番組、配信ライブ、ツアー初日の厚木、2日目の名古屋、この越谷公演を含めて6度である。すべてを欠かさず見たファンは数えるほどだろう。別に、越谷でサビラストの足上げを1度くらい省いても、誰も責めないはずだ。ましてや、体の状態は完璧ではない。

 それでも、田原は1度も省略せずに、思い切り足を振り上げ、決めポーズを取った。

 1度決めたらやり通す──。この意地が、精神的な“田原俊彦らしさ”の根幹にある。曲の振付をしなくなった瞬間、自分は終わる──。そんな思いが、足を動かしたのかもしれない。

 もちろん、足の状態が悪くなるようなセットリストの組み方や調整の問題も指摘されて然るべきだろう。ただ、59歳という年齢で2時間余り歌って踊るライブを続けていること自体が驚異的だ。そのため、あげつらうのは気が引けてしまう。

 来年の新曲は『ハッとして!Good』『キミに決定!』『NINJIN娘』『チャールストンにはまだ早い』などのヒット曲を生み出した宮下智が担当する予定だという。船山基紀は9月14日、インスタグラムで田原とのツーショットを投稿した。これが新曲と関係するのかは不明だが、もし実現すればジャニーズ事務所独立直後の1994年以来になる。

 船山と宮下がタッグを組めば、“田原俊彦らしさ”が十分に醸し出される曲になるはずだ。 そして、ダンス曲になるなら“決めポーズ”も含め、“らしさ”を構築できる振付師が必須になる。

『哀愁でいと』でのデビューから約2年間、ジャPAニーズのメンバーとしてバックで踊り、『チャールストンにはまだ早い』『It’s BAD』『抱きしめてTONIGHT』などの振付で田原の魅力を存分に引き立たせたボビー吉野の起用はどうか。ボビーは田原の特徴を熟知しており、振付の引き出しも無数に持っている。そんな人物と仕事をすれば、曲の輝きは何倍にも増すだろう。

 田原俊彦は来年、還暦を迎える。三浦知良はゴールを、田原俊彦はヒット作を生むことで報われる。年々、肉体的な厳しさは増しており、いつまで動けるかは未知の領域である。

 だからこそ、記念すべき年に、どうかヒット曲を──。
(文中一部敬称略)

■文/岡野誠:ライター。田原俊彦本人へのインタビュー、野村宏伸など関係者への取材、膨大な資料の緻密な読解を通し、人気絶頂からバッシング、苦境・低迷、現在の復活までを熱がこもった筆致で描き出した著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)が話題に。『哀愁でいと』『抱きしめてTONIGHT』などヒット曲の誕生秘話も収録。

?

関連記事(外部サイト)