山口達也、1年前まで断酒 その後は周囲に「不安だ」と相談

【元TOKIO・山口達也容疑者を逮捕】知人に不安を訴え「呼吸ができなくなる」と相談

記事まとめ

  • 元TOKIO・山口達也容疑者が酒気帯び運転で現行犯逮捕され、異例のガサ入れが行われた
  • 山口容疑者の知人は「1年ほど前までは確実に断酒に成功していたはず」と証言している
  • しかし、今年に入って様子がおかしくなり「呼吸ができなくなる」と相談していたという

山口達也、1年前まで断酒 その後は周囲に「不安だ」と相談

山口達也、1年前まで断酒 その後は周囲に「不安だ」と相談

女性セブンの直撃に答える山口。体は引き締まっていた(2019年8月)

 異例の深夜のガサ入れに「薬物疑惑」まで囁かれた。9月22日、元TOKIOの山口達也(48才)が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕され、24日には自宅マンションの家宅捜索が行われた。

「酒気帯び運転と物損事故でガサ入れは聞いたことがありません。だから“薬物か”という憶測さえ流れましたが、家賃8万円程度のワンルームマンションからは封のあいた1.8リットルの紙パックの麦焼酎が出てきただけ。事件を大きくして見せしめにしたい検察の横暴さと、元アイドルの寂しい実生活が明らかになったという、誰も得をしない結果となりました」(テレビ局関係者)

 2018年4月、酒に酔って女子高生に強制わいせつを行い、書類送検(起訴猶予)されたことで所属事務所との契約を解除された山口は、その人生を酒で狂わせた。アルコール依存症とまで報じられ、昨年夏、本誌女性セブンの独占取材に答えた山口は、「断酒生活をしています。治療によってだいぶ改善されました」と明るく話していたが、酒を断つことはできなかったようだ。

 だが、「今回の件は許されないことですが、彼がこの2年間、何の反省もしていなかった、と捉えられるのはつらい」と話すのは山口の知人だ。

「医療機関で治療を受け、少なくとも1年ほど前までは確実に断酒に成功していたはず。ただ、今年に入って徐々に様子がおかしくなっていったように思う。彼が連絡できる人は限られていますが、その人たちに“不安だ”“呼吸ができなくなる”と相談していたんです」

 TOKIO脱退後の山口は、兄夫婦の近所に引っ越し、サポートを受けながら暮らしてきた。取材では「たまにお寺で掃除や写経をさせてもらい自分を見つめ直している」と語っていたが、実際の生活は息が詰まるものだったという。

「お寺の作業は先方の都合もありますから数か月に1度。通院も3か月に1度カウンセリングのようなものを受ける程度でした。それ以外は家の中に缶詰め状態。当初はスーパーに行き自炊もしていたけれど、やがて人の目が気になり宅配で済ませるように。兄夫婦や友人たちにも“おれと会うと迷惑だろう”と、電話やLINEでしか連絡をとらないようになっていたようです。

 彼は芸能界でも屈指のサーファーですが、“いまは反省の日々だから”と退所してから一度も海に入っていない。人と会わず趣味もない“引きこもり生活”だったのです」(前出・山口の知人)

 生活も変化した。山口はいわゆるアナログ人間で、LINEのアカウント登録も「誰かに情報を抜かれるかもしれない」と偽名で登録するほどだった。しかし最近は頻繁にインターネット通販で買い物をするなど、ネット環境になじんでいたという。

「ここ1年は、インターネットの自分に対する書き込みも冷静に見られるようになっていました。一方でより家から出なくなっていました。自宅では筋トレやネット、DVDを見るルーティンだったようです」(前出・山口の知人)

 山口には目標があった。「いつの日か再び人前に立ちたい」という思いだ。「それはTOKIOとしてではありません」と女性セブンに断言し、1人で再スタートを切るという思いでいた。

「早くても来年以降で、自分にできることがないかと探していたようです。しかし、具体的に前進する気配は薄かった。まったく先が見えず、単調な毎日を繰り返していくなかで不安が募り、再び酒に手を出してしまったのではないでしょうか」(前出・山口の知人)

 アルコール依存症は10年間我慢していても、再び飲み始めれば症状が再発しかねない。もう一度、足元を見つめ直して治療に専念してほしい。

※女性セブン2020年10月15日号

関連記事(外部サイト)