石原さとみ結婚で、同僚・深田&綾瀬の結婚は遠のいたか

石原さとみ結婚で、同僚・深田&綾瀬の結婚は遠のいたか

電撃的な結婚で驚かせた石原さとみ

 名家に生まれ、育ちよし、経歴よし、ルックスよしでお金持ちなパーフェクト女子。しかし、挙式当日に婚約者の二股が発覚し、結婚が破談に。そんな彼女の前に現れたのは、キャリア、財力、家柄のない普通の男だった。彼女は、自分の愛が深く、激しく、誰にも受け止められないと、その男性に打ち明ける。男は彼女の愛を受け止め、格差恋愛は見事、成就した。

 2018年夏から放送されたドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)で、そんな女性を演じた石原さとみ(33才)。放送終了から2年──その間、彼女の恋愛も激しく動いていたが、ついに幸せを掴んだ。10月1日、石原が結婚を発表した。相手男性については《かねてよりお付き合いさせて頂いています一般の方》と直筆の文書で報告。世の男性が憧れてきた「高嶺の花」が幸せを掴んだドラマのような恋愛とは──。

「突然の発表で驚きました。まさか、彼女が一番乗りだとは……」

 そう芸能関係者が驚いたのは、“姉2人”をさしおいての結婚報告だったからだという。

「深田恭子さん(37才)、綾瀬はるかさん(35才)、そして石原さんの3人は所属事務所の看板女優で、“3姉妹”と呼ばれています。業界内では序列的に、長女が最初に結婚するのではないかと噂されていたんです」(前出・芸能関係者)

“長女”の深田はKAT-TUNの亀梨和也(34才)と破局した後の2018年12月、不動産会社「シーラホールディングス」会長の杉本宏之氏(43才)との交際をスタート。深田が杉本氏から超有名ジュエリーブランド「ハリー・ウィンストン」の婚約指輪をプレゼントされたことは、2019年5月に本誌・女性セブンが報じた。

「婚前旅行の様子が報じられるなど、その後も交際は順調で結婚は秒読みとみられています。ふたりは、すでに婚前契約を交わしたそうですよ」(前出・芸能関係者)

“次女”の綾瀬は、韓流タレントのノ・ミヌ(34才)との交際が今年7月に報じられた。結婚を見据えた2年間の極秘熱愛──。

「事務所、綾瀬さん本人が交際を否定したこともあり、話題は沈静化しました。ただ、事務所が火消しに躍起になったのは、綾瀬さんが日本を代表する女優で“稼ぎ頭”だからと話す人もいます」(芸能リポーター)

“末娘”の石原は、創価高校在学中の2002年にホリプロタレントキャラバンでグランプリを獲得。翌年にはNHK連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロインに抜擢された。以来、人気女優として活躍する一方で、恋多き女性としても知られてきた。

「担当マネジャーやドラマで共演した山下智久さん(35才)など、身近にいる男性との交際が次々に噂されてきました」(テレビ局関係者)

 なかでも、結婚間近とされたのが、2018年5月に交際が報じられた動画配信サイト運営「SHOWROOM」社長の前田裕二氏だった。

「ドラマ『高嶺の花』の撮影中だったこともあり、“現実では格差のないお似合いな交際”といわれました。前田さんが石原さんの両親に挨拶を済ませていたこともあり結婚も近いといわれていたのですが、昨年夏に破局。石原さんが“振り出し”に戻ったことで、業界内では3人の結婚レースがあらためて注目されるようになっていたんです」(別の芸能関係者)

 石原の結婚により、長女と次女の結婚は遠のいたという声がある。

「看板女優ともなれば、結婚による影響を考慮せざるをえない。CMやスポンサー、ドラマの放送などタイミングを慎重に見極めるケースが多い。“3姉妹”の所属事務所では後輩女優が育ってきているとはいえ、年齢の近い主演クラスの女優が立て続けにゴールインするとは考えにくい。

 それに、深田さんは10月からドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)が始まります。なにより深田さんが仕事を楽しんでおり、“私が事務所を引っ張っている”という自負もあり、いまのところ結婚は考えていないようです。綾瀬さんは東京五輪のオフィシャルスポンサーのCMにも起用されているので、それが終わるまで結婚はないのではないかといわれています」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2020年10月22日号

関連記事(外部サイト)