有名古書店店長が「絶対売らない」というお宝アイドルグッズ

有名古書店店長が「絶対売らない」というお宝アイドルグッズ

デビュー前の岡田有希子のポスターは「荒魂書店」を代表するお宝(写真/共同通信社)

 1990年代半ば、人気タレントが過去に発売した露出度の高いグラビアを発掘する「お宝ブーム」が雑誌を中心に巻き起こり、専門誌も次々と創刊。そこで多くの写真集やポスター、テレカが発掘され、プレミア価格で取り引きされた。

 1971年に創業した東京・神保町の「荒魂書店」は歌集などを扱う古書店だったが、1990年代からアイドルや女優の写真集中心の品揃えに移行、お宝ブームの聖地的存在に。そんな店内には「絶対に販売しない」と語る“超お宝”があると鎌田俊一店長は明かす。

「松田聖子さんの紅白歌合戦出場時の衣装です。あまりに貴重で値段はつけられない。本当は重要文化財のような扱いで保存したいのですが倉庫に眠っています。あとは2階のレジ後ろに貼っているデビュー前の岡田有希子さんを撮ったニコンEMのポスター。

 これは100万円積まれても売りません! なぜか南米にもファンがおり、海外からの問い合わせもあります。彼女のサイン色紙は偽物が多く要注意ですが、本物であれば貴重です。レコード会社のロゴ入りのデビュー曲のサイン色紙は10万円でお売りしたこともあります」

 岡田有希子の横に貼ってある松嶋菜々子が脇を見せた松下電工「ソイエ」のポスターも非売品だ。「きれいなおねえさんは、好きですか。」のキャッチフレーズで知られる広告で人気も思い入れも強いという。

 また“ぜひ当店に売ってほしい”と語る商品もある。

値段より情熱を大事にする

 そのひとつが大正11年に撮影された日本初のヌードポスターとも言われているサントリーの「赤玉ポートワイン」だ。

「これは『なんでも鑑定団』に出品された際に50万円もの値打ちがつき、もはや骨董品に近い。僕自身も実物は見たことがありません」

 他にも梶芽衣子が素の表情を見せた幻の写真集『MEIKO FANZINE :長濱治による梶芽衣子写真集』(1974年、勁文社)や内田有紀が水着姿で映ったユニチカのポスター、浅野ゆう子の出世CMであるカネボウ化粧品「サマーチャンピオン」関連の商品は高値で買い取るという。

「つい、『こんなものに値打ちがあるわけがない』と思ってしまうものでも、価値がないと決めつけず相談に来てほしいですね。物の価値は自分ではなく他人が決めることなのです。僕らが大切にしているのは、それを一番大事に思い、長く愛でてくれる方に持っていただきたいという気持ちなんです。

 先日も岩崎宏美さんの熱心なファンの方に非売品の直筆商品を特別に販売しました。値段の高い、安いではない。熱い情熱を持っている方にこそ、お売りしたいと常に思っています」

 その写真集が、そのグッズが欲しいという人がいる限り、お宝の魅力は永遠なのである。

■撮影/下城英悟

※週刊ポスト2020年10月16・23日号

関連記事(外部サイト)