芸歴58年、傘寿を迎える俳優・石坂浩二が語る役作りへの執念

芸歴58年、傘寿を迎える俳優・石坂浩二が語る役作りへの執念

石坂浩二が語る「役者として心がけること」

「あれっ、ここ『犬神家の一族』の記者会見で来た場所じゃないかな。そうそう、この辺に市川崑監督や角川春樹さんと並んでね……」

 この日、撮影のため訪れた洋館で懐かしい記憶が甦り、楽しそうに館内を散策し始めた石坂浩二(79)。奇しくも公開中の出演映画『みをつくし料理帖』で監督を務めた角川との想い出の場所とあり、口調も軽やかに作品へ込めた想いを語った。

 同作は江戸・神田の蕎麦処「つる家」で女料理人として働く澪(松本穂香)が様々な苦難を乗り越えながら、天性の料理の才で運命を切り拓いていく人情噺。石坂はつる家の店主・種市として両親を失った澪を温かく見守り、その腕を見込んで亡き娘の名を冠した大事な店を託す決心をする。

「お澪に店を継いでほしいと伝える時に、初めて自分には娘がいて、亡くなったと打ち明ける。晩年の種市にとってはやっと自分の夢を見つけたという喜びもあって真剣な一場面です。普段は眼鏡をしている種市もあの瞬間ばかりは“素”の自分でお澪と向き合いたいと考え、眼鏡を外すんです」

 劇中で眼鏡を外し、少年のような純な眼差しで“年寄りの本気の夢”を語る姿に胸が熱くなる。聞けば眼鏡は石坂の発案なのだとか。

「江戸時代、若い遊び人に眼鏡がちょっと流行ったんですよ。で、生粋の江戸っ子の種市の遊び心としてかけたい、眼鏡を外す仕草もどこかで取り入れたいと監督に申し上げたんです」

 着眼点がまた博識の石坂らしい。そんな石坂が役者として心がけることとは。

「周囲が言うところによると、好奇心が人より強いのかもしれません。もっと言えば物を観察することに飽きないこと。何を見るにしてもフッと無意識に目を向けるのではなく、短い時間でも執着して見つめる。すると『これは江戸時代の器だな』なんて発見に繋がります。その好奇心が台本に執着して役を作りあげる作業に通じているのでしょう」

 石坂は洋館を巡りながらも建築に着目したり、調度品を“鑑定”したり。とりわけ軍艦の模型を見つけた時は芸能界きってのプラモデル愛好家らしく、細部までじっくり観察していた。

「自宅には模型製作部屋があって、秘密基地のようなその場所を模型仲間は『部室』と呼んで集まってきます(笑い)。プラモデル歴は60年以上ですが、実に奥が深い。長年の経験からようやく作り方や段取りが進歩したというか、自分なりの形が見えつつあります」

 来年に傘寿を控え、歳を重ねる愉しみをそう明かす。

「種市の年寄りの夢じゃないですが、役者としての夢を語るならば舞台に携わりたい。演出側から舞台を作り、自分を表現したいです」

 学生時代から舞台に触れてきた人間として歳を重ねた今だからこそ再び舞台に心惹かれるのだと、少年のような眼差しで語った。

【プロフィール】
石坂浩二(いしざか・こうじ)/1941年6月20日生まれ、東京都出身。1962年、慶應義塾大学在学中にデビュー。大学卒業後、劇団四季に入団。1976年に角川映画『犬神家の一族』に金田一耕助役で主演、シリーズ化されて大ヒットに。2009年にNHK放送文化賞受賞。近年は『やすらぎの郷』(2017年)『やすらぎの刻〜道』(2019〜2020年)で出演・ナレーションを務めて話題に。公開中の『みをつくし料理帖』(配給・東映)に「つる家」主人・種市役で出演する。

■取材・文/渡部美也、撮影/野村誠一

※週刊ポスト2020年10月30日号

関連記事(外部サイト)