3時のヒロイン・福田麻貴、女優として飛躍 背景は「薄味」

3時のヒロイン・福田麻貴、女優として飛躍 背景は「薄味」

トリオでの立ち位置は真ん中(所属事務所ホームページより)

 お笑いトリオ・3時のヒロインでリーダーを務める福田麻貴(32)が、日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系)に女優として初のレギュラー出演を果たして注目を集めている。お笑い界の新星として活躍する彼女は、テレビドラマや映画の世界でどのようなポテンシャルを発揮できるのだろうか。

 10月11日から放送スタートした『危険なビーナス』は、俳優の妻夫木聡が主演を務める恋愛サスペンスドラマ。東野圭吾の同名ミステリー小説が原作で、妻夫木演じる独身獣医の主人公・手島伯朗が、異父弟の失踪事件をきっかけに、亡母の再嫁先の遺産をめぐる謎に挑んでいく物語だ。ヒロインとして、女優の吉高由里子が演じるミステリアスな美女・楓(失踪した弟の妻)が登場する。

 福田は看護師でシングルマザーの永峰杏梨役として出演。末期がんのため寝たきり状態となっている主人公の義父を専属で看護するという役どころだ。レギュラー出演のオファーが来た時の心境について、彼女は「絶対にドッキリだと思っていました(笑)」とコメント。また「杏梨が持つ哀愁をじんわりと表現できたらなと思っています」と意気込みも語っていた。

 昨年12月に実施された『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)で優勝して以降、一気に人気若手芸人の仲間入りを果たした3時のヒロイン。バラエティ番組に出演するほか、とりわけリーダーの福田は今年5月に女優として深夜ドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK)にゲスト出演するなど活躍の場を広げてきた。

 そんな彼女は、もともと吉本興業に所属するアイドル・グループ「つぼみ(現・つぼみ大革命)」の1期生として活動していたことが知られている。2014年に卒業するものの、現在もつぼみ大革命のネタを手がけるなど交流は続いているようだ。福田のポテンシャルについて、お笑い評論家のラリー遠田氏はこう評価する。

「芸人の中には、一芸に秀でている人と、複数のことを器用にこなせる人がいますが、福田さんは後者のタイプです。3時のヒロインでネタ作りを担当する一方、つぼみ大革命の楽曲の作詞やライブの演出なども手がけています。

 さらに、福田さんは、ダンスや海外ドラマの吹き替えのものまねを得意としていて、演技力も抜群です。8月29日に放送された『ただ今、コント中。』(フジテレビ)というコント番組では、サンドウィッチマン、かまいたち、バイきんぐといった人気芸人と肩を並べて、コントの中でさまざまな役柄を演じていました」

 お笑い出身の役者といえば女優の泉ピン子が有名だが、他にもタレントの清水ミチコやお笑い芸人の友近の活躍も知られている。まさに複数の仕事を器用にこなすタイプの彼女たちは、お笑いの世界からテレビドラマや映画へと進出して才能を発揮してきた。では、福田は役者としてどんな活躍が期待できるだろうか。ラリー遠田氏が続ける。

「コント役者としての福田さんの強みは、ボケ役もツッコミ役も普通の人の役も、どれをやっても違和感がないということです。いい意味でキャラクターが薄いからこそ、幅広い役柄を演じられるのです。

 アンジャッシュの児嶋一哉さん、ネプチューンの原田泰造さんなど、役者として大成する芸人の共通点は、演技力が高い上に、どんな物語にも違和感なく馴染む薄味のキャラクターを持っていることです。福田さんもそのタイプなので、これから役者としてどんどん活躍の場を広げていくのではないかと思います」

 抜群の演技力と“薄味のキャラクター”を併せ持つ福田は、役者としてもさまざまな役柄を違和感なく演じることができそうだ。今後はテレビドラマや映画などで目にする機会も増えていくのではないだろうか。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)

関連記事(外部サイト)