異色の韓国ドラマ『サイコだけど大丈夫』が韓国人を癒す理由

異色の韓国ドラマ『サイコだけど大丈夫』が韓国人を癒す理由

日韓で話題を呼んだ韓国ドラマ『サイコだけど大丈夫』(写真/Netflix公式ホームページより)

 韓国ドラマ『愛の不時着』が、コロナ禍の自粛生活を背景に、Netflixで一大ブームを巻き起こしたのは約半年前。人気は未だに衰えておらず、現在もNetflix「今日の総合TOP 10(日本)」では常にランクインし続けている。他にも、『梨泰院クラス』や『キム秘書はいったい、なぜ?』など数々のヒット作が配信されているが、その中でも韓国の人々を癒して止まないのが、既に日本でも大ヒットとなっている『サイコだけど大丈夫』だ。ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんが解説する。

 * * *
 韓国では今、地上波だけでなくケーブルテレビやウェブなど、さまざまなプラットフォームから毎週のように新作・大作ドラマが登場している。年間110〜130タイトルものドラマが放送されるため、ドラマ好きでも全てを見るのは不可能なほどだ。山のようにあるドラマの中でも、テレビ放送直後にNetflixで190か国に配信された『サイコだけど大丈夫』は、韓国だけでなく日本や東南アジアでも人気ランキング上位にランクイン。『愛の不時着』、『梨泰院クラス』に次ぐ大ヒット作となり大いに盛り上がりを見せた。

『サイコだけど大丈夫』は、2007年のデビュー以来数々のヒット作に出演し、作品選びに失敗したことがないと言われるキム・スヒョンの5年ぶりの主演ドラマ。彼の除隊後初のドラマということに加え、タイトルも中身もかなり変わったドラマとして、韓国では放送前から大きな注目を浴びていた。

 同作は、両親を失い、自閉スペクトラム症の兄・サンテ(オ・ジョンセ)を献身的に支えながらひっそりと暮らす主人公ムン・ガンテ(キム・スヒョン)が、人気童話作家のコ・ムニョン(ソ・イェジ)と出会うことで、それまで閉じ込めていた心の傷と向き合い成長し、心を癒していく過程を描いた物語。

 ガンテにとって兄は大切な存在である一方で、母の愛情を奪い自分を縛りつけてきた存在でもある。矛盾した思いを抑えながら耐え忍ぶ日々を送るガンテだったが、人の愛情を知らない冷淡なムニョンに「偽善者」と言われ、その言葉が彼を苦しめる。2人は過去にある事件でつながっており、家族の秘密が少しずつ明らかになっていく様子は背筋がぞくっとする不気味さもあり、単なるヒューマンドラマで終わらないサスペンス要素も含んだ魅力がある。

 キム・スヒョンは、除隊後の初主演作として同作を選んだ理由について「ヒューマンヒーリングドラマだから」、「ムン・ガンテが抱いていた心の傷を表現し、その傷を治癒していく過程を通じて共感を得たかった」と語った。実際に韓国では、「最高の癒しドラマ」と称賛され、ケーブルテレビでの放送だったにもかかわらず、放送期間中高い視聴率を維持し、韓国の幅広い年齢層の視聴者の心をくぎ付けにした。

 同作は、家族だから全てを許して仲良くすべき、親孝行すべきといった、韓国ドラマにありがちな展開やシーンがない。伝えているのは、「あなたはあなたのままで良い。人と違っていても、“サイコ”でも大丈夫」というメッセージだ。サイコと聞くと、日本ではサイコパスや精神疾患を持つ人という印象が強いが、韓国では個性が強い人、周りに流されない人、ちょっと変わった人を「あの人サイコみたい」と言うことがある。

 韓国では、家族というだけで多くを強いられる風潮や、周りと同じような水準の生活をし、流行の服を着て、空気を読んだ言動をして…といった同調圧力に疲れ、誰も自分を知らない海外に行きたいと願う若者が増えている。そうした鬱屈した社会の中で登場した同作は、視聴者がドラマを通して自分の傷を振り返り、主人公らと一緒に泣き、心を癒すきっかけとなった。見終わる頃には、自分もありのままの相手を受け入れよう、自分の物差しで人を判断しないように生きよう、という気持ちになれたドラマだった。

 同作のパク・シヌ監督は放送後のインタビューで、「私たちは誰もが少しは狂っています。だから皆サイコです。それでも大丈夫です。私たちはそれでも大丈夫な(良い)人たちです」と話した。これまでの王道的な韓国ドラマとは一味変わったストーリーに、主人公キム・スヒョンとソ・イェジのビジュアルが眩しい映像美も楽しめる『サイコだけど大丈夫』を、ぜひチェックしておきたい。

【趙章恩】
ジャーナリスト。KDDI総合研究所特別研究員。東京大学大学院学際情報学修士(社会情報学)、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。韓国・アジアのIT・メディア事情を日本と比較しながら分かりやすく解説している。趣味はドラマ視聴とロケ地めぐり。

関連記事(外部サイト)