玉木宏、視聴者つかむ“顔芸” 容姿&声とのギャップでも好評

玉木宏、視聴者つかむ“顔芸” 容姿&声とのギャップでも好評

玉木の演技が評判の『極主夫道』(公式HPより)

 人気コミックを実写化した玉木宏(40才)主演のドラマ『極主夫道』(日本テレビ系)が今月11日からスタートし、世帯平均視聴率1話11.8%、2話10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタをキープし好調だ。
 
 ドラマに詳しいライターの田幸和歌子さんはその理由についてこう語る。

「コロナ禍で、ドラマの内容は二極化しています。現実にある事柄をベースに描かれる社会派系ドラマやコロナ禍の状況を映し出すリアリティのあるドラマと、完全フィクションで現実を忘れさせてくれるドラマです。『極主夫道』は後者で、リアリティを求めたものではなく、バカバカしくて楽しんで笑えるという振り切れた内容です。最近、注目を集めている“おじかわブーム”に乗っている点など、複数の要素が視聴率に反映されているのだろうと思います」(田幸さん・以下同)

 物語は、裏社会に数々の伝説を残してきた“最凶”のヤクザ・龍(玉木宏)が、足を洗ってキャリアウーマンの美久(川口春奈)と結婚し、専業主夫として生活する日常を描いたアットホームなコメディだ。

 元・極道を演じる玉木は、ダークスーツにサングラス、顔には大きな傷がありヒゲを蓄えている……というコテコテのスタイル。特に、顔全体を使って怒りや驚きを表現する“顔芸”はインパクト大。前クールの『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)で演じた裏社会の硬派な人物とは正反対のキャラクターだ。

「玉木さんとしては珍しいインパクトのあるビジュアルで、しかも“変顔”をするのはあまり見たことがなかったので新鮮です。まさに新境地と言えます。2話でヨガのシーンがあったのですが、あの決め顔は見事。漫画原作のコメディをドラマ化するとスベることがありますが、何をやってもどこか上品で演技力がある玉木さんだからこそ成功した場面でしょう。

 わかりやすい“顔芸”は、『半沢直樹』(TBS系)以来、求められる傾向にある気がしています。いまの若者はYouTubeなどの短い動画に慣れているので、細かいスパンで笑いを入れないと、退屈してすぐに飽きてしまいます。若者にも見てもらう工夫のひとつに、くるくる変わる“顔芸”も入ってきているのではないでしょうか」

 玉木が演じたコメディタッチのキャラクターはこれまで複数ある。出世作ともいえる2001年公開の映画『ウォーターボーイズ』では、アフロヘアや丸刈り頭を披露。そして天才指揮者役で大ブレイクした2006年『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)、そして今期の『極主夫道』。なぜ玉木はこのようなキャラクターが似合うのか?

「彼は容姿が整っていて落ち着いた雰囲気があるため、想定外のことに巻き込まれて慌てふためくだけでかわいいし面白く見えます。また、品があるため、ギャグをしても下品にならないのも強みです。そして、大きな武器となっているのが声。深みのある低い落ち着いた声が裏返ったりするギャップが魅力になっています」

『極主夫道』では、玉木に「どこまでもやるという気概を感じた」と話す田幸さん。いままでには見せなかった、かなり振り切れた表情の数々は、女優・木南晴夏(35才)との結婚の影響もあると分析する。

「『極主夫道』のように、短いスパンの中にいくつも“顔芸”を入れるのは瞬発力を求められます。これは『勇者ヨシヒコシリーズ』(テレビ東京系)のムラサキで知られるように、木南さんの得意技。彼女から影響や刺激を受けているかもしれません。

 人気俳優が結婚すると“ロス”だと女性は嘆いて、あげく俳優の人気が落ちることがありますが、玉木さんの場合はお相手が木南さんだったことから“女性を見る目がある!”と人間性まで評価され、結婚によって人気が高まったまれなケースです」

 結婚によって、役者としての幅がさらに広がったという玉木。『極主夫道』では今後、どんな振り切った演技を見せてくれるか、ますます注目だ。

取材・文/小山内麗香

関連記事(外部サイト)