夫の死から30年 ロザンナが辿り着いた“自由な独り暮らし”

夫の死から30年 ロザンナが辿り着いた“自由な独り暮らし”

「ヒデ」こと出門英さんは、ロザンナにとって公私を共にしたパートナーだった

 年齢を重ねるほど、最愛の人を見送るそのときが現実になり、まだまだ長い女の一生はひとりになってからも続いていく──。「おひとりさま」になっても輝き続ける女性は、どうやって人生を楽しんでいるのか。

情熱的なフレーズが強烈なインパクトを残したデビュー曲『愛の奇跡』(1968年)で一世を風靡したデュオ・ヒデとロザンナ。イタリア出身のロザンナ(70才)は、ヒデこと出門英さん(享年47)と1975年に結婚、2男1女に恵まれ、歌謡界きってのおしどり夫婦と呼ばれた。だが、1990年にヒデさんに末期の結腸がんが発覚し、手術からわずか5か月で旅立った。

「それから半年ほどは、何もできなかった」

 ロザンナはそう振り返る。

「夜、ひとりになると涙があふれてきました。あまりに悲しくて何も食べられず、ただお酒を飲むだけの毎日。ヒデの写真やビデオも見ることができず、彼の服はすべてイタリアにいる親戚に送りました」(ロザンナ)

 だがある日、9才の長女が母にこう告げる。

「ママね、ママだけが悲しいんじゃないよ。私たちだって悲しいんだよ」

 目からうろこだったというそのひと言で、子供たちのためにも立ち直る決意をしたロザンナは、『モーニングショー』(テレビ朝日系)のキャスターとして芸能界に復帰。歌手活動も再開し、女手ひとつで3人の子供を育て上げた。

 シングルマザーとして走り続けたロザンナに、再び転機が訪れたのは5年前。同居する娘夫婦の独立を機に、65才にしてひとり暮らしを始めることにした。

「それまで息子たちとも一緒に住んでいましたが、そろそろ自分の人生を歩みたいと思い、『一緒に住むのを解散しよう』と提案しました。最初の1年は都心でひとり暮らしをしていましたが、孫の面倒を見る必要もあって、4年前に娘夫婦が住む郊外へ引っ越しました」(ロザンナ・以下同)

 独身時代以来のひとり暮らしは、自由そのものだという。

「年を取ると、玄関で靴をそろえていなかったり、タオルを違う場所へ置かれるだけで気になって、その都度怒ったりしていたんです。それに疲れて、私は神様から“そろそろ自分の面倒に目を向けなさい”と言われたのだと思いました。ひとり暮らしについては、『母ちゃんその方がいいかもね』と、誰も反対しませんでしたが、息子からは定期的に『元気?』とメールが来るのでぜんぜん寂しくないし、むしろ自由奔放ですよ」

 家にいるのが好きだというロザンナの「おひとりさま」生活は、庭の手入れや家具の配置換えにこだわり、元気があれば休日にはゴルフに出かける。食事も、子供や孫に気を使う必要がないので、“今日は疲れたから、パンとサラミとワインでいいや”ですませる。

「洗濯も1人分ですぐ終わるので、増えた時間で運動ができます。これまで誰かのためにやっていたことを、自分を優先してできるのは本当に気が楽で心地いい。失敗したら自分の責任だし、うまくいけば自分に“よしよし”と思います。『ひとりになって寂しい』とか『みじめ』と思わず、逆にひとりになったからこその楽しみ方を見つければ、何も怖くないですよ」

 家庭用のランニングマシンで1日5km歩き、さらに毎日1時間エアロバイクに乗って下半身の筋肉を鍛えているという。そんなロザンナを支えているのは、筋トレと子供たちだけではない。最愛の夫の存在も大きい。

「私はヒデの死を認めていなくて、姿こそ現さないけど絶対に私のそばにいると思っています。ごはんを食べているときも、お酒を飲んでいるときも、引っ越しをしても、私と一緒に動いている。彼がいないと思ったことはないんです」

 そして、2017年にロザンナは日本に帰化するという人生の選択肢を選んだ。

「66才で初めて選挙権をもらって選挙へ行ったんです。そのとき、“ああ、日本人になったんだな”って実感が湧きました」

 人生を変える転換期はいくつになっても訪れる。

※女性セブン2020年11月5・12日号

関連記事(外部サイト)