女優・若月佑美「求められていることを表現したい」

女優・若月佑美「求められていることを表現したい」

「元アイドルという役は私にしかできない役と信じて、頑張っています!」と語る若月佑美

 乃木坂46を卒業後、『今日から俺は!!』(日本テレビ系)、『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)など話題作にたて続けに出演する元乃木坂46の若月佑美(26才)。彼女にとって、もっとも糧になるのは、共演者たちだという。

「現在出演しているドラマ『共演NG』(テレビ東京系)は、本当にもう、錚々たるキャストの皆さんで、勉強になることばかり! 参加させていただいて、どんなに感謝しても足りないくらいです」(若月・以下同)

 中井貴一(59才)、鈴木京香(52才)をはじめ主演級の俳優が名を連ねるこのドラマで若月が演じるのは、元アイドルグループのメンバーで、脱退後は女優として活躍する“篠塚美里”役。

「どうしてもイメージがかぶりますよね(笑い)。でもかぶっているのは、設定だけ。役に取り組むという意味では、これまで演じてきた役柄と変わりません」

 かつてアイドルをやっていた若月佑美を再現するのではなく、アイドルを卒業した女優として、アイドル役を演じる。

「ただ、元アイドルの私だから出せるリアリティーはあると思っています。たとえばポージングなどは『こんな感じはどうですか?』と提案できるので、アイドルの経験が生きているな、とうれしいですね」

 しかし、女優はこれまでに経験したことがない職業を演じることも多い。たとえば『私の家政夫ナギサさん』では大手製薬会社のMR(医薬情報担当者)を演じたが、

「経験したことがないからこそ、学ぶことが多かったし、視聴者のかたから『こんなMRいるよね!』と言っていただけたときは、心の中でガッツポーズをしました!」

 と、うれしそうに語る。

求められていることにちゃんと表現できるように

 現在26才。これからのことを尋ねると、

「女優としては、私に求められていることにちゃんと表現できるように頑張っていきたいです」

 と、真っ直ぐな眼差しで答える。

「そして、絵や文章、写真などの表現もどんどんやっていきたい。さまざまな役を演じられる女優はもちろんすごいと思うけれど、私はさまざまな表現を通して、何かを伝えられる人になりたいと思っているんです」

 子供の頃から描き続けている絵は二科展に入選する実力。エッセイを連載し、モデルとしても活躍中だ。では、ひとりの女性としては?

「誰かを支える人になりたいです。『未開発区域』というオンラインサロンでファンのかたから悩みを相談されることもあるんですが、そのかたの心が軽くなったり、温かくなるようなお返事ができたらと」

 悩みを聞き、自分のことのように考えて返事をする。もしかするとそれは、彼女の感情の引き出しも増やしているのかもしれない。

「そうですね。いろんな人生を見せていただいているところもあるし、気持ちに寄り添っていると、そのかたの感情や人格が自分の中に流れ込んでくる瞬間があります」

 さまざまな経験や感情を引き出しいっぱいに詰め込んで、若月佑美は、確実に一歩ずつ前に進む。彼女が歩む道に、きっとNGはない。

【プロフィール】
若月佑美(わかつき・ゆみ)/1994年6月27日生まれ。静岡県出身。2011年に乃木坂46の第1期生オーディションに合格し、2012年にCDデビュー。2013年『BAD BOYS J』でテレビドラマに初レギュラー出演。2018年に乃木坂46卒業後は数々のドラマ、映画、舞台に出演。主な出演作はドラマ・映画『今日から俺は!!』、『私の家政夫ナギサさん』、舞台『鉄コン筋クリート』など。得意の絵では二科展に8年連続入選するなど評価が高い。

◆ドラマ『共演NG』
10月26日(月)スタート 毎週月曜夜10時〜
25年間「共演NG」だった元恋人の大物俳優がドラマで共演することに! その他の出演者も共演NGが勢揃い。若月が演じる元アイドルの「共演NG」相手は、売れっ子アイドルの“内田梢”。果たしてどんなバトルが繰り広げられるのだろうか!? 企画・原作:秋元康 出演:中井貴一、鈴木京香、山口紗弥加、斎藤工、リリー・フランキー、若月佑美、小野花梨、里見浩太朗 ほか。テレビ東京系。

撮影/田中智久

※女性セブン2020年11月5・12日号

関連記事(外部サイト)