死んだ恋愛細胞が蘇る?韓国ドラマ『キム秘書』ヒットの理由

死んだ恋愛細胞が蘇る?韓国ドラマ『キム秘書』ヒットの理由

韓国で社会現象になった『キム秘書はいったい、なぜ?』(写真/公式HPより)

 コロナ禍の巣ごもり需要を背景に一大ブームを巻き起こした韓国ドラマ。『愛の不時着』などに続き今日本で話題となっているのが『キム秘書はいったい、なぜ?』だ。配信からわずか数日でNetflixの人気ランキング(日本)1位を獲得し、現在も常に上位にランクインし続けている。韓国では2018年に放送され、社会現象となるほどの人気ぶりというが、その人気の理由とは。ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんが解説する。

 * * *
『キム秘書はいったい、なぜ?』は、2018年のGoogle検索ワードランキング(韓国)で、韓国テレビ番組部門1位を獲得したほど大人気となったドラマ。遂に日本でも配信され、人気上昇中というから嬉しい限りだ。本作は、2013年に発表された同名のウェブ小説が原作。2016年には韓国のウェブコミック配信サイト「kakaopage」で漫画になって登場し、2018年に韓国でドラマ化された。WEBTOONの同名漫画は韓国コンテンツ大賞のマンガ部門で文化体育観光部長官賞を受賞し、ドラマもケーブルテレビでの放送だったにも関わらず、地上波放送込みの同時間帯視聴率1位をキープしたほど、2018年を代表する作品になった。

 物語は、大企業の副会長・ヨンジュン(パク・ソジュン)と、ヨンジュンを9年間支えてきた秘書・ミソ(パク・ミニョン)のラブストーリー。ドラマ化が決まり、主人公のパク・ソジュンとヒロインのパク・ミニョンのキャスティングが発表されると、原作ファンは「最高!この上ない組み合わせ」「待ちきれない」と盛り上がった。パク・ソジュンは役作りのため発声を変えてみたそうで、パク・ミニョンは役作りのため体重を4kgも絞り、体にぴったりフィットする衣装にチャレンジした。

 そしてドラマが始まると、初回から最終回まで、韓国のSNSではドラマの話題が絶えず、公式YouTubeで公開されたパク・ソジュンとパク・ミニョンのキスシーン動画は、ドラマが終わって2年経った今も再生回数が伸び続け、遂に2億回を越えた。2人のキスシーンやプロポーズシーンは「死んだ恋愛細胞も生き返る」と絶賛され社会現象になり、2人の熱愛説まで報じられる騒ぎとなった。

 本作の最大の見所は2人のラブシーンであることは言うまでもないが、終始SNSをざわつかせていたのが、パク・ソジュン演じる主人公ヨンジュンのキャラクターとセリフだ。ヨンジュンは、ハンサムで仕事もできるが、完璧主義者で何よりも自分が一番好きという究極のナルシスト。第1話の冒頭から、自己愛が強いあまり「眩しくないか?ぼくからにじみ出るオーラが!」と両手を広げるシーンなどナルシスト全開で、「ヨンジュン、こいつ〜」と自分のことを名前で呼び自分の美貌にツッコミを入れるというシーンは、いまや名ゼリフとして語り継がれている。

 SNSでは、「副会長が登場すると歯茎が乾燥する(ずっと笑っているため)」「副会長から目が離せない」といったコメントで溢れ、回を重ねるごとに「このドラマ、タイトルを『副会長はいったい、なぜ?』に変えるべきでは?」といったコメントも多く書き込まれるほど、パク・ソジュンの演技が評判になった。パク・ソジュンのインタビューによると、「ナルシスト全開のセリフを言うのは最初は恥ずかしかったが、スタッフが笑っているのを見ると自信が付いた」と話している。

『キム秘書はいったい、なぜ?』は、ジャンルで分けるとロマンティック・コメディだが、会社での社員らの駆け引きや女性たちのファッション、ヨンジュンとミソの自宅インテリアを見る楽しみもある。また、ヨンジュンとミソのデートシーンには、韓国を代表する名所が多く登場するため、コロナで海外旅行が出来ないなかでも、韓国を旅する気分を味わえる。

 一度見始めたら最終話まで止まらないと評判の本作。秋の夜長にお供に、恋愛細胞を呼び起こしてみてはどうだろうか。

【趙章恩】
ジャーナリスト。KDDI総合研究所特別研究員。東京大学大学院学際情報学修士(社会情報学)、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。韓国・アジアのIT・メディア事情を日本と比較しながら分かりやすく解説している。趣味はドラマ視聴とロケ地めぐり。

関連記事(外部サイト)