「土曜の夜」を弘中綾香アナに託したテレビ朝日の勝算

「土曜の夜」を弘中綾香アナに託したテレビ朝日の勝算

弘中綾香アナは現在、引っ張りだこ(写真/ロケットパンチ)

 この秋、テレビ各局がさまざまな番組改編を行っているが、大胆な編成を行ったのがテレビ朝日だ。10月から「土曜の夜」に同局の看板アナである弘中綾香アナ(29才)メインの30分番組を連続して放送しているのだ。その狙いと勝算とは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 今秋、テレビ朝日が「土日夜の22時台に30分番組を2本並べる」という大胆な番組編成を行いました。

 日曜は『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』『テレビ千鳥』という「人気芸人の冠番組をリレーする」という王道の編成であるのに対して、土曜はアグレッシブ。『あざとくて何が悪いの?』『ノブナカなんなん?』を編成し、「自局の弘中綾香アナがメインの番組を2つ続ける」という前代未聞の戦略を採用したのです。

 そもそもプライムタイム(19〜23時)には、ほとんど30分番組がない上に、土曜夜という重要な時間帯に自局のアナウンサーを連続起用するのですから、「いかにテレビ朝日が弘中アナ頼みであるか」がわかるのではないでしょうか。10月10日のスタートからすでに3回が放送され、「どんな狙いや効果があるのか」が少しずつ明らかになってきました。

トップ級のフリートークで若年層を開拓

 テレビ朝日が弘中アナを連続起用する最大の目的は、若年層の開拓。視聴率調査がリニューアルした今春以降、民放他局が「若年層に向けた番組作り」を宣言して進めています。

一方、「他局より視聴年齢層が高い」と言われ続けてきたテレビ朝日にとっても、広告収入を確保するためにこの流れは無視できず、同局の編成担当は今秋から「土日の22時台は若年層に楽しんでいただけるコンテンツを届ける」ことを明言しました。30分という短くて見やすい放送時間がその戦略変更を象徴しています。

 そんな若年層開拓のメインキャストとして白羽の矢が立ったのが弘中アナ。『あざとくて何が悪いの?』『ノブナカなんなん?』は、ともに今秋までは不定期特番として放送されていましたが、その内容は前者が弘中アナと田中みな実さん、後者が弘中アナと千鳥・ノブさんの「鋭いコメントで視聴者を引きつけるタイプの番組」という共通点があります。

 その点、弘中アナは昨年の「好きな女性アナウンサーランキング」1位に輝いた人気に加えて、フリートークの力は「バラドルのトップクラス級」という好評価。さらに、2番組並べてわかりやすく「弘中綾香アワー」にすることで、その人気とフリートークの力を際立たせることができます。

 また、他局の裏番組に目を向けると土曜22時台は、日本テレビが連ドラの『土曜ドラマ』(54分)、TBSが報道・情報番組の『新・情報7DAYSニュースキャスター』(84分)、フジテレビが映画やバラエティの特番枠『土曜プレミアム』(130分)と、気軽に見られる若年層向けのバラエティ番組がありません。だからこそ30分番組でYouTube動画のようなハイテンポのトークができる弘中アナは打ってつけの存在なのです。

局アナを超えたオピニオンリーダーに

 もう1つ、テレビ朝日が弘中アナ頼みの編成をした狙いは、オピニオンリーダーとしてのさらなる可能性。

 もともと弘中アナは、『激レアさんを連れてきた。』などで見せる歯に衣着せぬコメントで人気を高めていきました。女性アナウンサーは制作サイドに嫌われると起用されづらくなり、視聴者に対しても「生意気」「何様」と言われることを恐れて、言いたいことを言えない人が多い中、弘中アナは臆せずに本音を発信してきたのです。

 その結果、『弘中綾香のオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)、『新春TV放談2020』(NHK)、『民放同時放送 一緒にやろう2020 大発表スペシャル』(民放各局)に出演し、ウェブサイト『Hanako.tokyo』で「弘中綾香の『純度100%』」、雑誌『ダ・ヴィンチ』で「アンクールな人生」を連載するなど、徐々にテレビ朝日という局を超越した存在になりはじめました。もはやトップタレント級のオピニオンリーダーとなっているため、テレビ朝日としてはそれを活用しながら、さらに大きな存在になってもらおうと考えているのでしょう。

 10月28日にも、弘中アナが女性ファッション誌『with』が選ぶ「2020年with OL大賞」の“自分ファースト賞”を受賞したことが報じられました。弘中アナは受賞に際して「“働かされている”と思うよりは、すごく乱暴な表現ですが、“この会社を利用してやる”くらいのマインドを持ってもいいのではないかと。そうやって自分ファーストに考えると、社員ライフが楽しくなりそうだなって、思っちゃったりしています」とコメント。仕事で悩みを抱える人々に対する前向きなメッセージであり、オピニオンリーダーらしいコメントではないでしょうか。

公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』で「弘中美活部」を立ち上げたほか、さまざまなメイクやコスプレを披露するなど、テレビ朝日としても弘中アナの影響力が大きくなることは大歓迎。これまで何度も「夢は革命家」と語ってきたように、弘中アナは新たなスターアナウンサーのイメージを作り上げ、テレビ朝日もその才能に賭けているのです。

「ベストを尽くす」に専念できる愚直さ

いまだテレビ朝日と言うと、「深夜番組や特番をゴールデン・プライムタイムに昇格させて魅力を削ぐことになり、けっきょく打ち切ってしまう」と思っている人が多いようですが、『あざとくて何が悪いの?』『ノブナカなんなん?』は、よほど結果が悪くない限り、その心配はないでしょう。

 最近のテレビ朝日は、「昇格して結果が出なかったら、打ち切るのではなく、深夜帯に戻す」のがスタンダードになっています。事実、弘中アナが出演し、今秋まで土曜22時台で放送していた『激レアさんを連れてきた。』も打ち切らずに月曜深夜帯へ戻りました。

 弘中アナの影響力が大きいことも含めて、『あざとくて何が悪いの?』『ノブナカなんなん?』は、よほどの事情がない限り、早期の打ち切りはないでしょう。つまり、本人にとっては、プレッシャーこそあるものの、番組を背負うほどではなく、自分のベストを尽くすことに専念するのではないでしょうか。

 弘中アナは『Hanako.tokyo』の最新コラムに、「かくいう私はどういうツキの回りか、10月から番組が3つ増えた。もはやオーバーワーク気味であることは言うまでもないが、とにかく愚直にひとつひとつやるしかない」とつづっていました。こういうマジメさや努力家であるところも人気の源であり、テレビ朝日が頼りたくなる理由の1つなのでしょう。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

?

関連記事(外部サイト)