北川景子、前田敦子も 女優ママに欠かせない親の強力サポート

北川景子や前田敦子ら、育児に親のサポートも 芸能人はシッターを家に入れるのを躊躇

記事まとめ

  • 北川景子の夫DAIGOはオムツ早替えを披露するなどし理想のパパとしての名前があがる
  • 北川の母親は、仕事と育児をサポートするために“マンション内同居”を決めたという
  • 勝地涼と前田敦子夫婦も、母親のサポートを受けやすいように親のマンションに引っ越し

北川景子、前田敦子も 女優ママに欠かせない親の強力サポート

北川景子、前田敦子も 女優ママに欠かせない親の強力サポート

北川の両親が子育てをサポート

 今年9月に第一子を出産した北川景子(34才)。夫のDAIGO(42才)はイベントでオムツ早替えを披露するなどし、早くも理想のパパとし名前があがるが、さらに心強い“援軍”が加わり、子育て体制も盤石のようだ。

 NEWSポストセブンでは5日、「北川景子、子供抱いてDAIGOと3ショット撮 両親と“同居”も」とのタイトルの記事を配信。それによると北川&DAIGO夫婦は第一子出産を控えたタイミングで、都内一等地の高級マンションに引っ越し。このマンションの別の階に北川の両親も引っ越してきたとのこと。北川は神戸出身で、両親は神戸在住だったが、北川の母親は結婚前から東京で娘を支えており、仕事と育児をサポートするために“マンション内同居”を決めたという。

 これに対し、ネットには、

「嫁さんも自分の親だから何かと頼みやすい」
「嫁も両親が近くにいたら心強いし、お互いに助け合えるもんね」
「同居じゃなく別の階ならまだ家族だけの時間もあるからいいと思う」

 といったコメントが寄せられた。2人のように芸能人カップルでは、親や家族が子育てをサポートする例は珍しくない。

「2018年6月に結婚した玉木宏(40才)と木南晴夏(35才)は、結婚直後から玉木の家族と同居しており、今夏に誕生した赤ちゃんの子育ては、玉木の母や妹がサポートしているそうです。また、勝地涼(34才)と前田敦子(29才)夫婦も、昨年3月に前田が第一子を出産した際に、母親のサポートを受けやすいようにと、両親が暮らすマンションの別の階に引っ越しました。その後、2人は別居が報じられてこのマンションから引っ越したようですが、現在も前田の母親がかなり子育てを助けているようです」(芸能ライター)

 家族を頼るのにはこんな事情もあるようだ。

「芸能人カップルにはプライバシーの問題もありますから、ベビーシッターを自宅に入れるのをちゅうちょする人もいます。身近に家族がいれば家族にサポートを頼むことが多いのです」(芸能事務所関係者)

働き方改革は進んでいるが……

 かつてのドラマ撮影現場はハードで、子育てをサポートする体制は皆無に等しかったが、最近は働き方改革が進んで子育て中の女優を支える現場も出てきている。

「以前は時間の観念など、あってないようなもの。台本に『終了30時(=朝6時)予定』などと書かれていることも当たり前で、こだわりの強い演出家が何回もNGを出して、まる1日、シーンがまったく進まないようなこともありました。子供が生まれても女優は子育てどころじゃありませんでした。

 しかし、最近はそんなやり方は減っています。昨年放送のドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)の現場では、ともに子育て中の杏(34才)と仲間由紀恵(41才)のため、朝から深夜までの撮影は極力避ける時短スケジュールが組まれたそうです」(前出・芸能ライター)

 安藤サクラ(34才)が一昨年、朝ドラの『まんぷく』に出演した際に、当時1才の娘の子育てを助けるため、NHKが局内に託児所を設けるなど、万全の態勢を組んだことはよく知られている。芸能界でもライフワークバランスが考えられるようになってきたということか。

 冒頭に話を戻すと、北川の両親のサポートに対しDAIGOは感謝しきりで、義父母との関係はすこぶる良好だそう。北川は13日公開の映画『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』の宣伝で、現在テレビにイベントに奔走しているが、それもこれも家族のサポートあってのもののようだ。

関連記事(外部サイト)