松任谷由実×大石静×柴門ふみSP鼎談 ドラマ『恋母』を語る

松任谷由実×大石静×柴門ふみSP鼎談 ドラマ『恋母』を語る

『恋する母たち』スペシャル鼎談

 J-POP、ドラマ、そして漫画と、異なるシーンにおいてそれぞれいまなお第一線を走る“レジェンド”がこのたびドラマ『恋する母たち』(TBS系、毎週金曜22時〜)で夢の共演を果たした。大人のトキメキと欲望をテーマにしたドラマにちなみ、3人がラジオ『Yuming Chord』(TOKYO FM、毎週金曜11時〜)で“オトナの恋愛相談”を開催。ドラマや主題歌の裏話から、恋の醍醐味、作品の創作秘話までたっぷり語った収録&オリジナルインタビューをお送りします。

松任谷由実(以下、松任谷):柴門さんとは1991年に『an・an』で林真理子さんと3人で表紙を飾って座談会をしたことが強烈な想い出としてあるんですが、覚えていらっしゃいますか。

柴門ふみ(以下、柴門):もちろんです。憧れのユーミン様と鼎談できるなんてと、本当にうれしくて。ユーミンの音楽との出会いは大学時代で、合コンで知り合った東大の学生が友人に貸したカセットで初めて聴いて、大好きになりました。

 まだ漫画家にもなっていない頃に『朝陽の中で微笑んで』(荒井由実)を聴き、けだるさと幸福感を含みながら、でもどこかさみしい。これがユーミンワールドなんだなと感動して、「いつか自分もこんな漫画が描きたい」と思ったんです。デビューをして20代はユーミンの曲をバックに泣きながら漫画を描いていました。もういくつもインスパイアされて……。

松任谷:まぁ、うれしい!

柴門:そんな経緯もありまして、『恋する母たち』(以下、『恋母』)の主題歌がユーミンさんになりましたと、ドラマのプロデューサーさんにうかがったときには心からうれしかったんです。

松任谷:大石さんとも、もう随分前になりますが、脚本を手がけられたドラマで主題歌を担当させていただいて。

大石静(以下、大石):はい、『私の運命』(1994〜1995年、TBS系)のときに。

松任谷:そんな私たちが今回またご縁があって、原作・脚本・主題歌担当として『恋母』で集うことになりました。

柴門:原作では3人の母を1人ずつ追いかけていますが、大石さんが書いてくださったドラマでは3人を同時の時間軸で描くので毎回あっという間に見終わってしまう。杏(木村佳乃)、優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)の3人がそれぞれ違うチャーミングさで訴えかけてきて、生身の人間はやはりすごいなと感じました。役者さんが皆さん素晴らしい。阿部サダヲさん演じる丸太郎の落語のシーンも圧巻でした。

松任谷:本物の落語家さんみたいで。

柴門:その上、なんだかエロくて。

大石:生の阿部サダヲさんを間近で見るとフェロモンを出しまくっていて、ついていきたくなりますよ(笑い)。

松任谷:たくさんの俳優さんをご覧になった大石さんが、フェロモンって。

大石:彼は今ノリに乗っています。才能もあり自信もあって、その姿が色っぽいんですよね。個人的には長谷川博己さんのような背が高くシュッとした人がタイプなのですが、いまはすっかり阿部サダヲさんに恋しています。

松任谷:本来はタイプじゃないはずなのに……というのは本当の恋みたい。

柴門:『恋母』のまりがそうなんですよね。丸太郎は弁護士の旦那に比べたら高卒だし、イケメンでもないし、「でも、好き」と心がときめく。

松任谷:本当の恋の境地ですね。まりの夫といえば、愛人がまたすごいですよね。このかたどこかで見たわと思ったら、Netflixのドラマ『全裸監督』に出ていた女優さんでしたね。

柴門:のり子(森田望智)ですね。ああいう愛人は出てこられたら、いちばんイヤなタイプですね。原作ではもう少しキャリアというか、東大卒の女弁護士でインテリな雰囲気なのですが。

松任谷:キャストを選ぶときは大石さんもアイディアを出されるんですか。

大石:相談を受ければ意見は言いますが、キャストはプロデューサーが決めています。のり子は私も、「そうきたか!」と思いましたよ。原作のインテリな感じとは印象が違うけれど、森田さんのお芝居は面白くて圧力もあって、いいキャスティングだと思いました。

松任谷:原作を脚色される中で心に残る台詞も多かったのではないですか。

大石:たくさんありますが、第1話で杏が斉木(小泉孝太郎)にホテルの部屋で言う“怒りが性欲に変わる”という台詞は、うまいなぁと思いました。

松任谷:強烈なひとことでしたね。

柴門:あれは、『ダメージ』(1992年)という映画にすごく触発されていまして。

大石:あっ、旦那が息子の彼女と!

柴門:そう、旦那が息子の婚約者と不倫に走るんです。それを知った息子はショックで死んでしまい、息子を溺愛する母親は怒りが頂点に達して、旦那の前で服を脱いで「私を抱きなさい」と言い放つ。これですね、怒りが性欲に変わった瞬間は。人間ってやっぱりこういうことがあるんだわ、って。

大石:私もあの映画のそこ、衝撃が強かったです。

柴門:これで旦那が応じれば、たいしたものでしたけど(笑い)。『恋母』は結構映画に触発されていて、杏と斉木の関係を描くときに初めにイメージしたのはウォン・カーウァイ監督の『花様年華』(2000年)なんです。あの作品も配偶者同士が不倫をするんですよね。

松任谷:あぁ、マギー・チャンと。

大石:トニー・レオンが! 私、彼が世界でいちばん色っぽいと思います。

柴門:杏と斉木がお互いに、どっちが誘ったのかなというシーンはあの映画からちょっともらっているんですよ。

大石:まさか、ウチの斉木が愛しのトニー・レオンだったなんて……。

松任谷・柴門:ウチの斉木!(笑い)

柴門:私はずっとユーミンのファンですが、ドラマの主題歌『知らないどうし』のサビの部分がとても響いたんです。ユーミンは悲しさをフラットな声で歌うところが好きなんですね。
松任谷:表向きは強気で、他人から見たら泣いてはいないのかもしれないけれど、胸の底で泣いている。何よりも悲しい。自分に失恋する感じなんじゃないかなって。曲調をあやしげなラテンでいこうというのだけ決めて、先にできた曲からの情報で自然と生まれてきた物語を歌詞にしました。優子のシチュエーションに表面的には近いかもしれないけれど、3人の心の動きのどこかには当てはまると思います。

大石:そこは曲を聴いてそれぞれに感じ、考えてくれると思います。私は原作を脚色するにあたり、杏・優子・まりを通して、日常ではごく普通にお母さんをしているけれどちょっと刺激したらパンと弾けてしまうようなふつふつと眠っているエロスを描くことで、見る人に「私もそうかも」と感じていただければ成功かも、と思いました。母でも妻でも独身でも、女性の命の中に必ずあるエロス。

松任谷:人間にとって大事ですよね。

柴門:恋心やエロスを漫画で描いていると、作品は実体験を基にしているのかと聞かれることもありますが、まったくない感情は描けません。自分のわずかな経験をすごく膨らませて、漫画の台詞を創り出すんです。「よし描くぞ」と集中して、1ミリでも自分の中で動いた感情を大切に育てながら。

松任谷:感情を育てる中で増幅の波形が記憶にある映画のワンシーンなどと共鳴して、また違う増幅をしたりして。

大石:本気を出したときに何かがフッと浮かんでくる。ちょっとした感覚を何万倍にも膨らませる想像力を常に鍛えておかないとできないな、というのは私も脚本を書いていていつも感じます。

柴門:自分の心と対話する時間ですね。

大石:情報の中を泳いでいると生きてる気がしますが、自分と語り合わないと、手応えのある人生は見えてこないんじゃないかと思います。仕事においても、恋やエロスにおいても。

松任谷:おふたりには私のラジオ『Yuming Chord』(TOKYO FM)にもお越しいただき、その模様が11月13日と20日に放送されます。大石さんは胸をすく台詞を聞いているような、柴門さんは動き出しそうな画作を見ているような、おしゃべりにもそれぞれのお仕事が表われているようなグルーヴがあって、楽しかったです。

 * * *
 3人の赤裸々トークはラジオでまだまだ楽しめます。リスナーからのリアルな恋愛相談への“神”たちの本音回答は必聴! 『松任谷由実のYuming Chord』(TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット、毎週金曜11時〜)。3人の登場回は11月13日(金)、11月20日(金)。

◇ユーミンのニューアルバム『深海の街』が発売!
通算39枚目となるオリジナルアルバムが、約4年ぶりにリリース。『恋する母たち』の主題歌『知らないどうし』のほか、『WBS』(テレビ東京系)テーマソング『深海の街』、『刀剣乱舞-ON LINE-』新主題歌『あなたと 私と』など全12曲を収録。2020年12月1日発売

撮影■江森康之 取材・文■渡部美也

※女性セブン2020年11月26日号