業界人が本音で明かす 「観る価値なし」の秋ドラマとは?

業界人が『観る価値なし』の秋ドラマに言及 『危険なビーナス』や『ルパンの娘』など

記事まとめ

  • 『危険なビーナス』は視聴率二桁をキープしているが、業界人からは酷評されている
  • 『ルパンの娘』は軸になる話がまったく描かれておらず、視聴者は置いてきぼりだという
  • 『24 JAPAN』は日本が舞台ではリアリティーがなく、仲間由紀恵の体型も気になるらしい

業界人が本音で明かす 「観る価値なし」の秋ドラマとは?

業界人が本音で明かす 「観る価値なし」の秋ドラマとは?

『危険なビーナス』は業界人から不評

 今年は新型コロナウイルスの影響で放送スケジュールが大幅に変更となったドラマ界。秋になってようやく、これまでのペースに戻りつつある。しかし、好評なドラマもあれば、そうでないドラマがあるのも事実。なかには、業界人から不評なドラマもある。

 業界人たちが「ツッコミどころがありすぎる!」「観る価値ナシ」とぶった斬る作品の1つが、『半沢直樹』と同じ日曜劇場で高視聴率が期待される『危険なビーナス』(TBS系・日曜21時)だ。

 東野圭吾の同名小説を原作に、妻夫木聡(39才)演じる主人公が巨額の遺産をめぐる謎に挑む。ヒロインの吉高由里子(32才)をはじめ、ディーン・フジオカ(40才)や戸田恵子(63才)など出演者は豪華。半沢には遠く及ばないものの視聴率は第1話で14%超えを果たし、その後も二桁をキープしているが……。コラムニストの今井舞さんが話す。

「原作は面白いのでしょうが、ドラマはまるでケータイ小説みたいな世界観で、“犯人とあの人はシャンプーのにおいが一緒でした!”なんていうチープな推理が頻発します。

 吉高さんが謎めいたヒロイン役なのですが、ハイボールのCMのキャラクターそのままの話し方で、ミステリアスな女性という感じがしないのも残念。シリアスなストーリーのはずなのにコメディータッチで違和感があります。視聴率がいいのは、東野圭吾ブランドと枠の力によるものでしょう」

 コンビニチェーンの若き社長とアルバイト店員がスイーツの開発を通じて恋に落ちる様子を描いた『この恋あたためますか』(TBS系・火曜22時)は賛否両論。目下ブレーク中の中村倫也(33才)が社長を、新進女優・森七菜(19才)がヒロインのアルバイト店員を演じている。

「局内では、とにかく森さんの評判がいいんですよ。演技力が高く、スイーツを食べるシーンでは本当においしそうな表情を見せています」(TBS関係者)

 一方で、“彼女が悪目立ちしてしまっている”という声も。テレビ解説者・木村隆志さんはこう言う。

「ヒロインの性格がガサツで、男性から見ても女性から見ても、魅力的なキャラクターじゃないんです。『恋はつづくよどこまでも』の上白石萌音さんのように、視聴者が“頑張れ!”と応援したくなる雰囲気じゃないのが残念。森さんは自然な演技が魅力の女優なのに、もったいない。そもそも元地下アイドルで、猪突猛進で……という設定が不自然ですよね」

 10才で事故に遭って眠り続け、25年の時を経て目覚めた主人公を柴咲コウ(39才)が演じる『35歳の少女』(日本テレビ系・土曜22時)にも、厳しい声が届いている。

「脚本は、大ヒットした『家政婦のミタ』(日本テレビ系)を手掛けた大御所の遊川和彦さん。それもあって誰も口を挟めないのですが、企画自体が、今夏放送されていた『13(サーティーン)』(フジテレビ系)や、去年、BS日テレが放送した韓国ドラマの『30だけど17です』とかぶっているのが気になります。すでにSNS上でも指摘されてしまっていますし。ただ柴咲さんの熱演はさすがの一言。撮影現場で俳優に演技指導するのが常の遊川さんも満足気だとか」(日本テレビ関係者)

 深田恭子(38才)のセクシーな衣装で注目を集める『ルパンの娘』(フジテレビ系・木曜22時)は、昨夏放送の同名ドラマの続編。深田演じる代々泥棒一家の娘と、瀬戸康史(32才)演じる警察一家の息子の許されない恋を描く。

「前作は悪事を働く者を深田さんが退治するという一本筋が通っていましたが、今作は深田さん一族に復讐を誓う新キャラの橋本環奈さん(21才)が登場し、話がひっちゃかめっちゃかに。軸になる話がまったく描かれておらず、視聴者は置いてきぼりです」(テレビ局関係者)

 事前の話題性という点では、このドラマが今期ナンバーワンかもしれない。『24 JAPAN』(テレビ朝日系・金曜23時15分)だ。世界的に大ヒットした『24』を日本版にリメーク。唐沢寿明(57才)が、極秘任務にあたるテロ対策ユニットの班長を、仲間由紀恵(41才)が日本初の女性総理大臣候補を演じている。

 話題性もあって初回視聴率こそ7.7%と同時間帯トップを獲得したが、第2話以降急速に落ち込んでいる。

「そもそもこのドラマを日本版にリメークする点に無理がある。日本で銃をバンバン撃ち合う展開なんて、ありえなさすぎて西部警察もびっくりのリアリティーのなさ。原作の世界観の再現に忠実なのだと思いますが、アメリカっぽいせりふをそのまま言っているのも、吹き替え版を観ているようで違和感だらけ。

 また、仲間さんが何だか恰幅がよくて松坂慶子にしか見えないのも気になります。本家の『24』は昔、夢中になって観ていたので、たとえ視聴率が2.4%まで落ちても供養のつもりで観続けると決めています」(前出・今井さん)

 ツッコミを入れながら、あえて不評なドラマを楽しむのもおもしろいかも?

※女性セブン2020年11月26日号

関連記事(外部サイト)