ドラえもん映画出演の羽鳥慎一「アフレコは生放送より大変」

ドラえもん映画出演の羽鳥慎一「アフレコは生放送より大変」

幅広い世代から愛される羽鳥アナウンサー

 礼儀正しい身のこなしで低姿勢、笑顔に誠実さがにじみ出る──取材場所に現れた“ひみつ道具の中の人”は、テレビの印象そのまま。

 この日羽鳥慎一(49才)が登壇したのは、映画『STAND BY ME ドラえもん 2』の完成報告会。本作は2014年にドラえもん史上初の3DCGアニメーションとして公開され、ドラえもんの世界にそのまま入り込んだかのような圧倒的な映像と、大人も泣ける感涙ストーリーが話題となり、興行収入83.8億円を超える大ヒットを記録した人気シリーズの第2弾だ。

 羽鳥はゲスト声優として、物語のカギを握る未来デパートから送られてきたひみつ道具“入れかえロープ”を演じている。オファーを受けたのは、今年5月のこと。

「ドラえもんは幼い頃からずっと身近な存在でした。小学生のときにはドラえもん映画1作目の『映画ドラえもん のび太の恐竜』を見に両親に映画館へ連れて行ってもらいましたし、大人になってからは前作『STAND BY ME ドラえもん』を鑑賞して“ドラ泣き”していたので、こうして自分が作品に出演できるなんて夢のようです。ここ数年でいちばんうれしい出来事でしたね」(羽鳥)

生放送の情報番組より10分のアフレコのほうが100倍大変

 入れかえロープは2人が同時にロープの両端を握ると、互いの心が入れ替わるというアイテム。これまでもアニメにアナウンサー役で出演したことは何度もあったが、今回の役はまったく勝手が違って演じるのにとても苦労したという。

「自分なりに練習はしたものの、正解がわからず、不安なまま本番に臨みました。なるべく感情を込めず、ロボットのような機械的な話し方で演じたら、山崎貴監督から『素晴らしいロープっぷりでした』と。どういうことですか?と聞いてもやっぱり『素晴らしいロープぶりということです』としか言ってくれないので、ほめ言葉と受け取ってます(笑い)。

 収録は約10〜15分と短時間でしたが、朝の情報番組の生放送を2時間やるより100倍疲れました」(羽鳥)

【プロフィール】
羽鳥慎一(はとり・しんいち)/1971年3月24日生まれ。埼玉県出身。早稲田大学を卒業後、1994年に日本テレビ入社。スポーツ実況やバラエティー番組の司会などを担当し、2003年以降は『ズームイン!!サタデー』で同社の“朝の顔”に。2011年3月、日本テレビを退社しフリーに転向。2015年よりテレビ朝日の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』で司会を務める。

撮影/田中麻以

※女性セブン2020年12月3日号

関連記事(外部サイト)