吉高由里子に芸能界がみんな「きゅんです!」 人間的魅力が人気の秘密

吉高由里子をTOKIO松岡昌宏や3時のヒロインの福田麻貴が絶賛 「人間的魅力」で人気か

記事まとめ

  • 『危険なビーナス』でヒロイン役を務める吉高由里子は"小悪魔"だと評判
  • 3時のヒロインの福田麻貴は「誰にも分け隔てなく接する素敵な方」と絶賛していた
  • 知人は「彼女の内面まで知ったら、小悪魔とは正反対のイメージ」と語っている

吉高由里子に芸能界がみんな「きゅんです!」 人間的魅力が人気の秘密

吉高由里子に芸能界がみんな「きゅんです!」 人間的魅力が人気の秘密

夜、ほろ酔いの吉高由里子を目撃

 11月上旬の都内で、吉高由里子(32才)のほろ酔い姿をキャッチした。黒いマスクをしているが、特に変装をすることもなく、堂々としていた彼女。時折、笑顔を見せながら夜の渋谷を歩いていた。

「この日、吉高さんは仕事関係の会食、さらに友人との飲み会を“ハシゴ”していました。泥酔することもなくスマートに楽しく飲んでいたそうです。さすがの酒豪っぷりですね」(吉高の知人)

 この秋からは映画にドラマにと大忙し。それでも、プライベートでは「なかなかない休日の前日などに、予定を詰め込むそうです。交友関係の広い彼女は、人付き合いもいい」(前出・吉高の知人)という。

 吉高は、放送中のドラマ『危険なビーナス』(TBS系)のヒロイン役だけでなく、素顔もいい意味で“小悪魔”だと評判だ。10月放送の『さんまのまんま秋SP』(フジテレビ系)に11年ぶりに出演した際には、5歳か6歳のときに初めて会った芸能人が明石家さんま(65才)であることを明かし、「それは縁があるんやな」と迫るさんまに、笑いながら「あはー、きゅんです!」と返して、「男の愛をもて遊ぶタイプやな!」と白旗を上げさせた。

『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にゲスト出演したときには、TOKIOの松岡昌宏(43才)から「肩を回していたら、吉高さんが『肩凝ってるんですか?』って揉んでくれて、好きになっちゃった」とデレデレに。吉高にとっては「意識してなかったです」と、彼女の無意識なスキンシップで男性陣は惑わされるとトークが大盛り上がりした。

 ただ、前出の知人は「親しく接するのは男性だけに限ってはいないんですよ」と解説する。確かに、ドラマで共演中の女性お笑いトリオ・3時のヒロインの福田麻貴(32才)もYouTubeで、ドラマの初顔合わせ時に「初めましてじゃないじゃん、ガヤで会ってるじゃ〜ん!」と、以前にお笑いトーク番組『ウチのガヤがすみません!』でひな壇にいた福田を覚えていて、親しくしてくれたことを明かして、“誰にも分け隔てなく接する素敵な方”と絶賛した。

 家庭的な面も併せ持つ。前出の知人は「撮影現場には手作り弁当や差し入れを持っていくし、皆さんが彼女の内面まで知ったら、小悪魔とは正反対のイメージの『お嫁さんにしたいナンバーワン』になりますよ。吉高さんこそ芸能界で“きゅんです!”な存在です」と笑いながら語った。

 10月23日から公開した、横浜流星(24才)とのW主演純愛映画「きみの瞳がといかけている」では、不慮の事故で視力を失った純粋な心を持つヒロインを好演中の彼女。小悪魔も純粋な女性も、どちらも見事に演じられる彼女の今後の活躍にも期待したい。

関連記事(外部サイト)