謎だらけの紅白初出場歌手・milet 実は早大卒でアンゴラ村長の同級生だった

謎だらけの紅白初出場歌手・milet 実は早大卒でアンゴラ村長の同級生だった

「東京ドラマアワード2019」で主題歌賞を受賞したmilet

 10組ものアーティストが初出場となった、今年の紅白歌合戦。オーディション番組から生まれたアイドルグループのNiziUや、TikTokからブームに火がついた瑛人(23才)など、フレッシュな顏ぶれが揃ったが、なかでも、注目されているのがシンガーソングライターのmilet(ミレイ、年齢非公開)だ。

 miletは2019年3月にシングル『inside you』でメジャーデビューすると瞬く間に日本の音楽シーンを席巻した。

「デビュー曲は、ONE OK ROCKのToruさんがプロデュースしたことでも話題でした。この曲を聴いたサザンオールスターズの桑田佳祐さんは、自身のラジオ番組で『桑田佳祐が選ぶ、2019年邦楽シングル・ベスト20』を発表した際に1位に選んでいます。さらに“こんな才能の持ち主が隣りにいたら嫉妬で狂う”と大絶賛したほどです」(レコード会社関係者)

 miletは透き通るようなハスキーボイスが特徴で、新曲の『Who I Am』、『The Hardest』は現在放送中のドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日系)のダブル主題歌に抜擢されている。

 ドラマやCMに楽曲が流れるほか、YouTubeでも再生回数が急増。ドラマ『偽装不倫』の主題歌となった『us』は2200万再生を突破した。

 紅白出場が決まるほど知名度が上がる一方で、中高時代をカナダで過ごしたこと以外、生年月日や出身地など、一切のプロフィールが明らかにされていない。

「実は、早稲田大学を卒業しているんです」と語るのは、彼女の同級生だ。

「miletさんは早稲田大学文学部の映像や演劇について学ぶコースに在籍していて、そのコースには映画監督や女優、ミュージシャンなど、芸能界を目指す人も多いんです。いわゆるクリエイターや芸能人の卵が多く、同級生のなかでは、“誰がいちばん早く有名になるのか”という競争みたいな感覚を持つ人も少なくありません。40人ほどの学生がいて、miletさんはその中でも、美人で有名でした」(miletの同級生)

 彼女は大学卒業後すぐ、音楽の道に。

「彼女は一般企業への就職活動には目もくれず、自分で録音したデモテープをいくつかのレコード会社に送り、“それが私にとっての就活なの”と言っていました。それをきっかけにレコード会社に所属が決まったのだから、さすがですね」(同前)

 しかし、その大学の仲間たちの中で最も早くブレイクしたのは、miletではなかったという。

「お笑いコンビ『にゃんこスター』のアンゴラ村長(26才)です。実は、彼女もmiletさんと同じコースにいたんです。ふたりともお互いに面識はありますよ。

 アンゴラ村長は2017年に大学を卒業後、IT企業に勤めながらにゃんこスターを結成。その年の10月にさっそく『キングオブコント』で準優勝したときは、同級生たちから拍手喝采でした。クリエイターにしろ俳優にしろ、卒業後、何年も下積みをする人が多い中、1年も経たずにテレビで引っ張りだこになる“スピード出世”でしたからね」(同前)

 相方のスーパー3助と交際していたことでも話題となったが、今年2月に破局。その後、アンゴラ村長は11月22日に放送された『林先生の初耳学』(TBS系)で、新恋人ができたことを明かした。miletの紅白初出場とともに、同級生たちはお祝いムードなのだろう。違う分野で活動する2人だが、今後はどちらのほうが活躍を見せてくれるだろうか。

関連記事(外部サイト)