嵐、新CMインタビュー 相葉「ワチャワチャを伝えたい」

嵐、新CMインタビュー 相葉「ワチャワチャを伝えたい」

嵐の年末向けCM出演で見られるメンバーの秘密(時事通信フォト)

 日本郵便の年賀状「つながる人」篇と、Softbankの「これからだ」篇──2つの新CMを通して伝わってくるのは、嵐の固い絆とメンバー愛の深さだ。10代の嵐との共演が話題のSoftBankのCM撮影秘話をメンバーに聞いた。

●SoftBank  「これからだ」篇

 ハワイでのデビュー会見の様子を、いまの嵐が別の船から懐かしそうに見つめながら語りあうという斬新なCMは放送直後から大反響。10代の嵐を最先端のCG技術でリアルに再現し、夢の共演が実現した。

二宮和也:デビュー当時の自分たちとの共演というのは、撮影が終わったいまでもあんまり意味がわかっていませんね(笑い)。これは、どういうことなんだと。やっぱり技術が最新だから、追いつかないんですよ。いろいろ想像を超えちゃっているから。
相葉雅紀:(撮影中は)実際に共演している様子を見れていなかったもんね。
二宮:あの時代の自分たちがどうなっているのかなんて、普通は見ることができないからね。未来を夢見ることはできますけど、過去を見つめ返すって、なかなかできないから。
櫻井翔:かっこいいね。
松本潤:もう一回言って、もう一回言って!
二宮:やっぱり未来は……なんて言いました、私?
櫻井:違う、違う。見つめ直すことは……。
二宮:あれ? とにかく斬新ですよね。

大野智:正直、デビュー当時の映像自体を見るのはそんなに久々ではないんですよね。
相葉:たしかに。
松本:20周年のときとか、けっこう見たもんね。
大野:そうそう。去年も見ましたけど、そもそもデビュー当時のぼくらと共演できるという形が取れるいまの時代に、ぼくは正直ついていけません。
松本:いやいや、大丈夫ですよ。
大野:大丈夫ですか?
二宮:ちゃんと共演していましたから。

相葉:デビュー当時の思い出といえば……当時はガラケーだったよね。
松本:そういう話じゃないでしょ(笑い)。
二宮:当時のケータイのエピソードじゃないでしょ(笑い)。
松本:当時のハワイでこんなことがあったなっていうエピソードですよね?
相葉:なるほど、そっちか。
櫻井:まぁ、よく話してるけど、ほら、ニノが船ダメだからさ。
二宮:そう。おれはギリギリまで寝てたよね。
櫻井:船酔いだったよね。その意味でいうと、今回の現在の映像の中では船酔いしてないでしょ?
二宮:してない。
大野:成長したね。
松本:CMで使われている『Party Starters』は、とにかく明るい、ポップな曲ですね。今年の頭ぐらいにロサンゼルスに行ってレコーディングした思い入れの深い曲なので。曲を聴いてポジティブな気持ちになっていただけたらなと思います。

相葉:『これからだ』篇にちなんで、これからファンの皆さんに届けていきたいこと……? そりゃもう、ぼくらの本業であるワチャワチャ楽しくふざけるっていうのを、伝えていけたら。
松本:そこを伝えるの? 歌って踊っての方でしょ(笑い)。
二宮:それで20年やってないよ。歌って踊る、の方よ。
相葉:間違えました! 歌って踊る姿をね、見せたいと思います。
松本:ワチャワチャも見せたいけどね。両方見てほしい。
相葉:そうだよね。これからもワチャワチャしながら、楽しく歌って踊る姿を届けたいと思います!

●日本郵便 年賀状「つながる人」篇

 メンバーに年賀状で贈りたい一言について、大野は「これからも変わらず、一生連絡を取り合おう!」、櫻井は「出逢った頃は中学生。25年も一緒にいます。これからも、ずーっとよろしくです!」と回答。活動休止が迫る中、不変の絆を見せた。

※女性セブン2020年12月10日号

関連記事(外部サイト)