嵐は大晦日に生配信 ライブ配信ビジネスはどれほど儲かるか

嵐は大晦日に生配信 ライブ配信ビジネスはどれほど儲かるか

大晦日の「嵐」生配信は何人が視聴するのか(イメージ。Getty Images)

 新型コロナウイルスの影響で岐路に立たされる産業は多いが、エンタメビジネスはその最たる例ではないか。今年4月の緊急事態宣言以降、音楽、演劇業界の公演は軒並み中止となり、夏以降は無観客での開催やオンライン配信に舵を切っている。

 6月に行われたサザンオールスターズのオンラインライブでは、税込み3600円の視聴チケットの購入者数は約18万人。複数のデバイスで視聴可能だったため、総視聴者数50万人を集めた。7月には、宝塚歌劇団が入場制限のもと観客を入れての公演を再開するのと同時に、ライブ配信を始めた。さらに8月には、アイドルグループ・ももいろクローバーZのライブ「ももクロ夏のバカ騒ぎ2020」が無観客開催、オンライン配信で行われた。10月には、白石麻衣が乃木坂46の卒業コンサートを無観客で行い、推定68万人が視聴したとされる。

 そんな流れのなか開催されたのが、ジャニーズの人気グループ・嵐の『アラフェス 2020 at 国立競技場』(11月3日)だ。当初予定されていた国立競技場の会場はそのままで、無観客による配信ライブが行われた。

 正確な数字は公表されていないが、一部報道によると、今回のアラフェスでは80億〜100億円に近い売り上げがあったのではないかとされている。この公演は二部構成で、一部はファンクラブ会員限定。料金は、ファンクラブ会員が4800円、一般5800円などとなっていた。嵐のファンクラブの継続会員は軽く100万人を超えているとされるから、100万人でざっと50億円、200万人動員で100億円ということになる。

 もちろん、コストもそれなりにかかっているはずだが、電通、マッキンゼー、ウォルト・ディズニー・ジャパンなどを経て、現在グロービス経営大学院(マーケティング)やフェリス女学院大学音楽学部で教員を務めるマーケターで声楽家の武井涼子氏は「通常のコンサートと大きく変えずにできたはずでは」と指摘する。

「例えばアコースティックな音だけを使っているクラシックなどでオンライン公演をするとなると映像や音響の設備やスタッフを新たに加える必要があるため、配信には通常のコンサート以上に多額のコストがかかります。ただ、ジャニーズのアイドルのコンサートはもともと音響機材を利用していますし、Blu-layやDVDを発売しているので商業用の映像も撮っているでしょうから、いつもとほとんど変える必要はなかったのではないでしょうか」(武井氏)

「リアル1回分」のコストで大量集客

 ポイントなのは、無観客の配信ライブで集客力があれば、こうしたコストが「1回限り」で済むということだ。リアルのライブで100万人動員しようと思ったら、5万人の会場を20回埋めなくてはならない。『日経エンタテインメント!』によれば、2018年11月にスタートした嵐のライブツアーでは、全50公演で254万人を動員したという。50回ライブをやれば人件費や機材費用、会場費、警備費用なども膨れ上がるが、配信ならばすべて1回分で済むのだ。

 嵐は、今年の大晦日にも、活動休止前の生配信ライブを予定している。キャパシティに上限のないオンライン配信だから、大きな売り上げになるに違いない。

 ただ、オンライン配信で儲かるのは嵐のような超のつく人気者の場合であり、すべての公演がそこまでの大きな利益を生むわけではない。武井氏によると、2006年から始まったニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の舞台映像の配信事業「Live in HD」の利益率はやっと10%程度だという。この数字は映像制作費と映像売上の収支であり、舞台制作費は含まれていないので、かなり厳しいと言わざるを得ない。

 利益率が上がらないのは、視聴に耐えうる配信のクオリティにするために、映画製作費並みの多額のコストが舞台制作費に加えてかかるためだ。そのようにコストをかけても利益を出せるのは、トップ・オブ・トップの人気アーティストのみ。音楽にせよ、演劇にせよ、演者にとってオンライン配信は“勝ち筋”の事業である。

「普段、チケットが取りづらいような公演がオンラインで視聴できるとなれば、観客が使うお金はトップアーティストが“総取り”するようになる。グローバル市場では特にそうなるので、ライブ公演に安心して行ける世の中にならないと日本のクラシック業界の危機は続くでしょう。映像や録音しかないとなったら、クラシックの場合、多くの楽曲は世界一流の音楽家が音源や映像をすでに販売していますし、実はYoutubeなどに無料で見られるものもたくさんあるからです」(武井氏)

 日本ですでに集客力があるか、世界で勝負できるアーティストにとっては、オンライン公演は時間と空間の制約を超えてファンを集め、稼ぐための光明に違いない。では、その他大勢のアーティストに未来はないのか??いやそうではない、というのが武井氏の見解だ。

コロナ収束後もオンラインは残る

「オンライン公演だけでは儲けられない“負け筋”であったとしてもプロモーションツールとしての効果はあります。今までのファンとのつながりも維持できます。こういう音楽、演劇の世界があるのだと広く知ってもらうこともできます。例えば、これまで会場には来られなかった、家を出にくい育児中や介護中の人、会場が遠方で行くことができなかった人も視聴できる。そういう人が『次はリアルで見たい』とファンになってくれることは十分あり得ます。

 もうひとつは自らを世界に売り込むツールになるということ。すでにクラシック音楽の世界ではオンラインだけで完結する良いコンクールもありますし、YouTubeを見た海外のプロデューサーからオファーが来ることもあります。そうして国を越えて世界の舞台に羽ばたいた人も実際にいます」(武井氏)

 オンライン配信というツールは、たいして儲からないからとか、“リアル”が再開されたからといって、すぐに捨て去るべきものではない、と武井氏は言う。

「どんなに配信のクオリティを高めても、リアルとオンラインは音の品質やライブ感に大きな違いがある。でも、テレビがあってもラジオが生き残っているように、まったく違う体験が得られるものとしてコロナ収束後も併存するでしょう。

 アーティスト側は、この半年で録音・録画技術や機材などの新しいスキルとツールを得たのだから、手放すのはもったいない。ただ、ネットは誰が見るかわかりません。やる以上は世界の視聴者に『これは面白い、ライブで見てみたい』と思ってもらえるように心がけて制作していくことが大事なのではないかと思います」(武井氏)

 少しずつ有観客の公演が戻りつつあるが、ここ数週間の感染者数の増加でまた無観客に逆戻りすることも十分あり得る。まともに“リアル”を体感できない今は、まずはオンライン公演で楽しみ、配信で見つけたお気に入りのアーティストの公演が有観客で再開される日を待ちたいものだ。

●取材・文/岸川貴文(フリーライター)

関連記事(外部サイト)