第7世代の旗手・霜降り明星、「同期芸人」たちの快進撃も凄い

第7世代の旗手・霜降り明星、「同期芸人」たちの快進撃も凄い

霜降り明星の同期芸人たちも注目(時事通信フォト)

 目覚ましい活躍でお茶の間スターとなった「お笑い第7世代」の芸人たち。「第7世代」という言葉は、大阪のローカルラジオ『霜降り明星のだましうち』(ABCラジオ)における霜降り明星・せいやのコメントがきっかけだった。

 その時の発言は、霜降りが出演していた『新しい波24』や『AI-TV』(いずれもフジテレビ/2017〜2018年)での共演メンバーをはじめ、YouTuberなどの同世代クリエーターを巻き込み、シーンを盛り上げていきたいという趣旨のものだった。

 おそらく、せいや自身も「第7世代」という言葉がここまで一人歩きするとは予想していなかったろうが、この言葉によって新たな若手芸人が活躍の場を得たことも事実だ。固定されがちであったお笑いシーンに新たな風を吹かせたことは、一つの功績だろう。

 そんな若手芸人のなかでも、ひときわ活躍が目立つのが、霜降り明星の“同期芸人”たちだ。吉本興業では大阪NSCの33期、東京NSCの16期にあたり(せいや・粗品ともに養成所であるNSCの卒業生ではないが、「NSC33期」と同期扱いとなっている)、他事務所も含めると錚々たるメンバーとなっている。

 代表的な面々には、コロコロチキチキペッパーズ、ゆにばーす、しゅんしゅんクリニックP、女性ピン芸人・堀川絵美(以上、吉本興業)、ハナコ、平野ノラ(以上、ワタナベエンターテインメント)、カミナリ(グレープカンパニー)らがいる。

 これから“ネクストブレイク”するであろう、霜降り同期芸人(大阪NSC33期/東京NSC16期)の面々について、お笑い好きの在阪記者は、こう分析する。

「今、よしもと漫才劇場で好成績を残しているのが、2020年のキングオブコント決勝に出場した『滝音』です。彼らも、南海キャンディーズ・山里亮太や霜降り明星・粗品、あるいは銀シャリ・橋本直のように、ツッコミのワードセンスで笑わせる芸風が魅力。なかでも独特な高音ボイスで、一人称が『あたし』というツッコミ・さすけは大阪大学出身のインテリ芸人でもあります。

 お茶の間のスターになりたい、といった野心は見えず、劇場のトークコーナーでは『お笑いをしている今が幸せ。今まさに芸人になりたいという夢が叶っている状態』と語る謙虚な一面も、他の芸人たちとは違う魅力かもしれません」

 すでに賞レースで好成績を残してきた芸人たちも多い。

「注目しているのは実力派漫才師の『マユリカ』、そして異色のコント師『ビスケットブラザーズ』です。マユリカのツッコミの中谷祐太は元漫画家で“お絵かき芸人”としても知られる。小学館の新人コミック大賞で佳作を受賞した経歴の持ち主です。

 一方、ビスブラは過去にキングオブコントの決勝にも進出した実力派。劇場で彼らのコントを見ると、大きな劇場の一番後ろの席にまで響き渡る声量に驚かされます。舞台に登場した瞬間から客席に笑いが起きるなど、芸人としての存在感も抜群。最近テレビ露出も増えてきた『空気階段』とともに、定期的にユニットライブ『俗の細道』を行なっていますが、今年のライブも独特の世界観で客席を魅了していました。

 そしてコントと漫才どちらもいける『ニッポンの社長』。辻はNSC34期と一つ先輩にあたりますが、劇場の芸人からも一目置かれる存在です。ケツは霜降りと同期のNSC33期で、大阪時代のせいやのルームメイトでもありました」(同前)

 緊急事態宣言以降、よしもとの劇場も有効席数を大幅に削減し、密を回避しながら劇場運営を続けてきた。「なんばグランド花月」や「よしもと漫才劇場」は、1か月ほど前からようやく隣同士になる座席使用を許可し、客を前方に詰めて座らせるようになったが、コロナ前に比べれば客入りは3分の1ほどに抑えられている。

 前出・在阪記者によれば「平日の漫才劇場の公演は、だいたい最前列から2列空けており、C列からI、J列くらいまで客で埋まっている」状況だという。コロナ禍で芸人にとっても厳しい状況になっているが、12月1日には大阪城の足元に「森ノ宮よしもと漫才劇場」が新たにオープン。この苦境を乗り越えて、“当たり年”と名高いNSC33期の中から、新たなブレイク芸人が現れるか。

関連記事(外部サイト)