『姉ちゃんの恋人』林遣都の憑依的な演技を見るという愉悦

『姉ちゃんの恋人』林遣都の憑依的な演技を見るという愉悦

番組公式HPより

 芝居の強度、というスケールがあるとしたら、この作品は要注目である。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 コロナ禍の状況下、ドラマ界にも見過ごせない変化が。撮影延期やスタート日程の変更だけでなく、視聴の仕方そのものにも変化が生まれています。

 在宅時間が長くなりPC画面に向かうことが多くなった視聴者は、ネット配信動画で様々な海外ドラマに触れるように。たとえば第四次韓流ブームを牽引した『愛の不時着』『梨泰院クラス』『サイコでも大丈夫』の三作品はNetflixランキング(日本)で上位を独占し話題になりました。あるいは今注目を集めている英国ドラマ『ザ・クラウン』は、何と英国王室からクレームされるほどスキャンダラスな内容で反響を起こし注目されています。

 となれば視聴者も、ついつい比較してしまいがち。映像のクオリティ、かけられた費用、ロケ現場の数の多さ、回数の長さ……。以前にも増して日本のドラマに「物足りなさ」を感じてしまう人もいるかもしれません。

 そのせいなのか断定はできませんが、秋スタートのドラマの視聴率に「ある傾向性」が見てとれます。『この恋あたためますか』(TBS系)、『#リモラブ』(日本テレビ系)、『恋する母たち』(TBS系)、『35歳の少女』(日本テレビ系)といずれもスタート直後に視聴率がやや落ち、後は一桁台で安定。数字は伸びずしかし大きく落ち込みもせず、いわば「低空飛行」のパターンが続く。そんなドラマがズラリと並んで奇妙なほど。

『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系 火曜午後9時)も同様で、初回9.2%でスタートし、以降7%台あたりの数字をずっと持続しています。

 物語は、両親を事故で亡くし3人の弟を育て上げた“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子が主人公。有村架純さんが健気な姉を演じ、三人の弟たちは姉に懐いていて「姉ちゃん」「姉ちゃん」と、家族内でこれほど連呼するのか不思議なくらい仲が良い。「ほっとする世界」を好む視聴者がドラマを支えているのでしょう。

 桃子は同僚の真人に恋をしている。2人を温かく見守る弟たち。と、基本的なトーンはアットホームではありますが、しかしベテラン脚本家・岡田惠和氏によるオリジナル作品ですから、単なる平和のままで終わるはずもない。あるいは意図的に、「超安定した姉弟関係」を強調して描いている、と思えるフシも。

 というのも、平和な姉弟たちとは対極的に、一筋の閃光のように緊張を走らせる「真人」が浮上してきたから。特に第6話の観覧車のシーンは、「衝撃的」「涙した」という感想も多く聞かれました。

 真人が抱えている暗い過去──元彼女に乱暴した相手に対して、重傷を負わせてしまった。しかも元カノが「乱暴はなかった」と事件を否定したため、真人は刑務所に。前科を背負い、もう人を好きになってはいけない、幸せになれないと、自分で自分にブレーキを踏み桃子が寄せる好意をも拒絶してきた──。という事情を、観覧車の中で一気に吐露するシーンは約10分間の長さに及びました。

 とにかく「真人」になりきった林遣都さんの憑依的な演技が圧巻で、画面に目が釘付けになった視聴者も多かったはずです。感情を抑え、しかし目に涙をため、うつむいた顔に苦悩があふれる。過去を振り返り言葉にしたくない辛い出来事について一つ一つ言葉を探すしぐさがリアル。役そのものを生きるような演技の力が鮮やかでした。

 振り返ると「林遣都」という名前を記憶に刻んだのは、個人的には2013年の『カラマーゾフの兄弟』(フジテレビ)でした。吉田剛太郎演じる悪魔のような父に対峙する、水晶のような少年の透明感がとても印象的でした。その後、林さんの名を一気に広めたドラマといえば2018年の『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)かもしれません。が、夢を追いかけ破れていく青春の苦しみを克明に描き「等身大の青年像をやらせたら右に出る役者はいない」と納得させられたのは、ドラマ『火花』(2016年Netflix 又吉直樹原作)主役の徳永太歩。キレるような瑞々しい演技でした。

 切ない。苦しい。もがく。どこまでも丁寧に繊細な人物を描写していく。もし、そんな林遣都という役者が『姉ちゃんの恋人』にいなかったら? このドラマはいったいどうなっていたのかと空恐ろしい気もしますが、杞憂でした。実は「真人」は脚本家・岡田さんがそもそも林遣都さんをイメージして“当て書き”した人物像であって、林さんありきのキャスティングとか。

 初回だけ見てピンとこなかったと視聴を止めてしまう人も多いかもしれませんが、初回を見ただけではわからない発見もある。ドラマの醍醐味は設定や筋立てだけではなく、役者そのものを見る楽しさもある。少なくともこのドラマの後半は、林遣都という演技者を見る愉悦に溢れています。

関連記事(外部サイト)