髭男爵ひぐち君、ワイン精通も乾杯はファンタグレープのワケ

髭男爵ひぐち君、ワイン精通も乾杯はファンタグレープのワケ

ワインについて猛勉強したひぐち君

 貴族の格好で「ルネッサ〜ンス!」とワイングラスを重ねるギャグでおなじみのお笑いコンビ・髭男爵。「ひぐちカッター!」で知られるひぐち君(46才)は、今やワインの専門家になっていた。日本ソムリエ協会認定のワインエキスパートを取得し、「日本のワインを愛する会」の副会長も務めている。ワインに精通するまでのいきさつをひぐち君に聞いた。

――2015年11月にワインエキスパートの資格を取得したきっかけは?

ひぐち君:ワインで乾杯するネタをしているので、毎年コンビでボジョレー・ヌーボー解禁イベントに呼ばれていたんです。MCに「今年のボジョレー・ヌーボーのお味はいかがですか?」と聞かれて、知識がないまま「重たいですね」と言ったら、実際の味わいとは正反対の答えだったので失笑されたんですよ。これはワインを勉強しなきゃと思って。

 実はぼくはお酒が苦手で、ワインをあまり飲んだことがありませんでした。参考書ではらちが明かないので、ワインスクールを見学しに行ったんです。まだ入会する気はなかったんですけど、スクールの方に「うちはCAさん多いですよ」と言われて即決です(笑い)。
 
 本当にCAさんが多かった。ワインをこぼしてしまったとき、両サイドからパッとハンカチが出てきて、左がJAL、右がANA。さすがでしたね。

――ワインエキスパートの資格を取得するまでに、どんな苦労がありましたか?

ひぐち君:結婚式とスクールに通っている期間が重なったので大変でした。猛勉強中だったので、結婚式の準備は奥さんに任せました。奥さんは安室奈美恵さんの大ファンなので、当日の式になってみたら20曲ほどの音楽全てが安室さんでした(笑い)。

――試験は難しかった?

ひぐち君:ぼくはワインの知識がゼロだったので、ぶどうの品種、畑やワイナリーを覚えるのが大変で、人生でいちばん勉強しました。高校、大学受験も経験しましたけど、それ以上に努力しました。朝から晩までの勉強を半年以上続けました。

 それで筆記の1次試験はなんとか受かったんです。1次試験に受かった段階でカンニング竹山さんに話したら、Twitterで祝ってくれたんです。そうしたらネットニュースになって「ワインエキスパートはいつ受かるんですか?」って問い合わせが来てしまった。

 2次試験はテイスティングです。白ワイン2種、赤ワイン2種、ワインではないその他のお酒2種の、計6種を当てなければいけません。落ちたらマズイと思ったので、小瓶で売っているその他のお酒もたくさん買って、毎日テイスティングしました。

――テイスティングはすぐできるようになるものなんですか?

ひぐち君:いやいや! 国や品種、ヴィンテージ、ワインの表現などを当てなければいけないから、かなり難易度は高いと思います。この資格って合格率約30%ですし、飲食業界の資格ではいちばん難しいとぼくは思います。

 冷蔵庫に20本くらいワインを入れて、全てを毎朝テイスティングです。飲むと酔ってしまうので、香りをかいで口に含んで味わいを確認して吐き出す。これを仕事から帰ってきてまたやっての繰り返しです。3日くらい経つとワインの香りが抜けるので、買い足しながら続けました。

 たとえばシラーという品種があって、黒コショウの香りがするのが特徴の一つです。でもぼくがかいでもそんなにおいはしないので、「どこが黒コショウの香りなんだろう?」と首をひねっていたんですけど、試験の2週間前に黒コショウの香りがわかるようになって「これか!」と。一度わかるようになるとかぎわけられるんですよね。そうやってコツコツ体に叩き込みました。

 順調だったのですが、2次試験1週間前に奥さんに風邪をうつされて、においが全くしなくなったんです。すぐに病院に行って「注射でもなんでもいいから治してください!」って懇願して、試験3日前になんとか復活しました。ドタバタでしたね。

――そもそもお酒を全く飲めなかったそうですが、酒量は?

ひぐち君:以前は居酒屋に出てくるワイン2杯でダウンしていました。それが今では、1人で2、3本飲めます。先日数えたら年間1400種類くらい飲んでいました。以前、ワイン関係の仕事終わりにボルドーのメドック格付け1級〜5級まで61シャトーをいくらでも飲んでいいですよ、と言われたことがあるんです。1級だと1本10万円するので、飲み比べができる貴重な体験だと、1時間で61杯全て飲んでいました(笑い)。二日酔いもありませんでした。良いお酒って後に残らないんですね。

――高いワインと安いワインは、全く味が違うもの?

ひぐち君:それは難しいです。3年前に『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、2000円のシャトー・モン・ペラ、5万円のオーパス・ワン、10万円のシャトー・ラフィット・ロートシルトの利き酒をしたんです。10万円のワインはすぐにわかりましたが、5万円と2000円を間違えました(苦笑)。美味しさって値段だけじゃないんですよ。漫画『神の雫』の主人公も、シャトー・モン・ペラをほめてますからね。番組が終わって出題したソムリエの方に「意地悪な問題出してすみません」って謝られました(笑い)。

 10万円のワインがすぐわかった理由は、香りの複雑性です。高級ワインはいろんな香りが入っているので飲まなくてもわかりました。熟成しているので味もまろやかになります。

――2020年10月、日本ソムリエ協会の名誉ソムリエに就任したそうですね。

ひぐち君:国内外でワインや日本酒などの飲み物を広める活動をしている人が、いただける称号で、推薦がないと就任できないそうなんです。いつかはぼくも!と思っていたので、嬉しかったですね。政治家のかたも多いんですよ。

 ワインに含まれるポリフェノールって抗酸化作用があると言いますよね。毎日ワインを飲むようになってから肌がきれいになった気がします。ワインって薬として飲まれることもあったんです。18世紀初頭のフランスの王・ルイ14世は治療薬として、ロマネコンティを毎日スプーン2杯飲んでいたそうですよ。

――新型コロナによる、ワイン活動の変化は?

ひぐち君:日本にはワイナリーが350か所くらいあると言われていて、プライベートで約100か所は行っていたのですが、行けなくなってしまいました。また、ぼくはオンラインサロン「ひぐち君の日本ワイン会」をやっていて、ぼくのおすすめワインを飲む会を月1回開催していたのですが、これもできなくなりました。

 そこで、みんな同じワインを事前に購入してもらって、Zoomで一緒に飲むようになったのですが、北海道や九州など遠方のワイナリーさんや海外のかたとつながることができて、サロンメンバーが増えました。コロナが落ち着いても、Zoomワイン会は続けたいと思います。

――ところで、せっかくワインを飲めるようになったのに、今でもワイングラスに入れているのはファンタグレープですか?

ひぐち君:そうです、あれがいちばん色がきれいなんですよ。冬はあまり売っていないので、夏に買いこんでいます(笑い)。最初はワインを使っていたのですが、出番前に喉が乾いたり緊張したりして飲むと酔っぱらっちゃうから、お酒はやめることにしました。ジュースもウェルチなど色々試したんですけど、100%ジュースはグラス内に果肉が付着するので、ファンタグレープに落ち着きました。ワイン通の人には「あの色はロゼだね」と言われます(笑い)。

 グラスも紆余曲折あって、以前はRIEDEL(リーデル)というブランドのものを使っていたんですけど、これは音が反響して次のセリフにかぶるんです。今使っているグラスは東洋佐々木ガラスのHS(ハードストロング)というブランドで、普通のグラスより丈夫だし乾杯しても、カン、で終わって響かないので。何度もグラスを合わせるので摩耗して割れたこともありますが、そのときはハイタッチでしのぎました。

【ひぐち君(ひぐちくん)】
1974年2月12日生まれ。福岡県出身。1999年に漫才コンビ・髭男爵を結成、貴族ネタで2008年頃からブレイク。貴族キャラの相方・山田ルイ53世に仕える緑色の執事服がトレードマーク。2015年にワインエキスパートの資格を取り、現在はワイン関連の仕事も。「日本のワインを愛する会」副会長。オンラインサロン「ひぐち君の日本ワイン会」主催。

撮影・取材・文/小山内麗香

関連記事(外部サイト)