『麒麟がくる』、時代劇研究家が注目「消えた女たち」の結末

『麒麟がくる』、時代劇研究家が注目「消えた女たち」の結末

最終回は2月に(『麒麟がくる』公式HPより)

 昨年、撮影が一時中断した影響で、年明けも放送が続く大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)。最終回は2月となるが、今後の見どころについてコラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが独自の視点で解説する。

 * * *
 大河ドラマ史上、初の年を越しての完結となる『麒麟がくる』。クライマックスへ向けて気になるのが「消えた女たち」問題だ。

 ここで言う「消えた女」とは、主人公・明智光秀(長谷川博己)の妻・煕子(木村文乃)と織田信長(染谷将太)の正室・帰蝶(川口春奈)である。煕子は流浪の身となったときも光秀をしっかり支え、いつもニコニコ。実にできた女性だ。一方、帰蝶は自ら金を用意して、伊呂波太夫(尾野真千子)に力添えの交渉をする強い女。ふたりともこのドラマのヒロインともいえる存在だ。

 だが、実際は彼女らの史料はほとんどなく、生没年や正確な名前すらもよくわかっていない。煕子は「お牧」などと呼ばれることもあるし、帰蝶は「お濃」「濃姫」と呼ばれることもある。その最期も不明のまま。まさに「消えた」感じ。煕子は光秀より先に病没したとの説もあるし、最近、私が読んだ小説『信長島の惨劇』(田中啓文・著)には、本能寺の変のあと、煕子は光秀の坂本城で光秀の家臣、明智左馬之助に殺されたとなっていた。

 また、濃姫は斉藤道三の娘ということで、道三亡きあとは政略結婚の意味もないからと信長にさっさと離別されたという説もあるらしい。とにかくわからないことだらけ。1973年の大河ドラマ『国盗り物語』の松坂慶子はきりりとしたお濃、1992年の『信長KING OF ZIPANGU』の菊池桃子はおっとり系帰蝶とイメージもさまざま。だが、その分、これまでのドラマでは、彼女らのラストシーンもいろいろに想像され、劇的に描かれてきた。中には驚くべき展開を迎えた例もある。

 1983年の大河ドラマ『徳川家康』では、役所広司の信長に藤真利子の濃姫という顔合わせ。本能寺で明智軍に襲撃された際、濃姫も現場にいた設定で、「光秀めが!!」と白い夜着のまま弓矢をバンバン撃ちまくる信長の横でせっせと矢を渡すのが濃姫だった。女は逃げろと言われても「濃は女子ではござりませぬ」「こしゃくな女め!」と言い合うふたりは似た者同士か。最後、濃姫はみずから大きな薙刀を振り回し、敵将と刺し違えるという大暴れを見せた。

 一方、1996年の大河ドラマ『秀吉』の光秀(村上弘明)は、気位の高い母御前(ははごぜ)美(野際陽子)を誰より大事にする男。心優しい妻ひろ子(有森也実)とともに、やっと織田家の要職につけたと思ったものの、信長(渡哲也)の攻撃のせいで人質に出した母御前が磔刑で命を落としてしまった。するとある夜、奇怪な出来事が。

 ひろ子が幽霊のような妖気漂う姿で現れ、「信長を殺してしまえー!!」と絶叫。その顔はいつの間にか、目を吊り上げた母御前になってるよ。あわわ…。怖すぎる。大河ドラマではしばしば死者が回想シーンで出てくるが、嫁に乗り移るというのは初めてのパターンだった。ひろ子は山崎の合戦で光秀が討たれた後、密かに届けられた夫の首を抱えて入水するのである。

『麒麟がくる』の二人は、果たしてどんな結末を迎えるのか。「消えた女たち」の哀しみはドラマに余韻を残し、見どころの一つとなるのは間違いない。川口春奈の大暴れはちょっと見たい気もする。

関連記事(外部サイト)