貴景勝、本田望結、モーニング娘。ほか 著名人の年賀状を拝見

貴景勝、本田望結、モーニング娘。ほか 著名人の年賀状を拝見

“綱とり”懸かる貴景勝からの“気”合の一枚

 2020年に各界で活躍した著名人は、どんな年賀状を送るのか? 著名人による「年賀状」を紹介しよう。

●大関・貴景勝(24才)
 2020年11月場所では、小結・照ノ富士との優勝決定戦を制して2度目の優勝を決め、今年の1月場所は、“綱とり”の期待がかかる場所に。ファンと愛する妻へ横綱昇進の吉報を届けたい!

【プロフィール】
2014年9月場所で初土俵を踏み、2019年5月場所で大関昇進。2020年には、元大関・北天佑の次女で元モデルの千葉有希奈さん(28)との結婚を発表した。

●大関・正代(29才)

 2020年1月場所では千秋楽で優勝争いに加わり、敢闘賞を受賞。その勢いは止まらず同年9月場所では初優勝を決め大関昇進を決めた。“ネガティブキャラ”からの転身で今年はますます上を目指す!?

【プロフィール】
東京農業大学2年次に学生横綱となり、鳴り物入りで角界入りし、2014年3月場所で初土俵。2017年1月場所で新三役となり、初土俵からわずか17場所でのスピード出世を記録。

●デヴィ夫人(80才)

 今年2月に81才を迎えるが、美しさとパワフルなコメントは健在。2020年には『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で女子大生と同居していることを公表するなど、周囲をアッと驚かせてくれるのはさすが!

【プロフィール】
インドネシアのスカルノ元大統領の第3夫人になり、インドネシアへ渡り、社交界では「東洋の真珠」と呼ばれた。タレント業のほか、講演会など多岐にわたって活動する。

●山崎育三郎(34才)

 2020年8月スタートの『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)では浜辺美波(20才)演じる主人公を見守る“ミステリアス”な役柄を熱演し、連続テレビ小説『エール』(NHK)では、ミュージカル仕込みの美声を披露し話題に。

【プロフィール】
大学在学中にミュージカル『レ・ミゼラブル』でデビュー。『下町ロケット』(TBS系)、連続テレビ小説『エール』(NHK)などドラマ出演も多数。

●石原良純(58才)

『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)では、歯に衣着せぬコメントで人気を博し、2020年の大晦日には、同番組で6時間特番に出演。“ 自由すぎる石原”から今年も目が離せない。

【プロフィール】
父は石原慎太郎さん(88才)、叔父に石原裕次郎さん(享年52)を持つ“華麗なる一族”に生まれ、映画『凶弾』で俳優デビュー。俳優、タレント、気象予報士とマルチな才能を発揮。

●塩野瑛久(25才)

 2020年に放送されたドラマ『不倫をコウカイしてます』(テレビ朝日系)ではネットで不倫を生配信する“クズ男”を好演し、爽やかなイケメンとのギャップを披露。1月20日には2nd写真集『bloom』(ワニブックス)を発売予定。

【プロフィール】
2011年『第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で「審査員特別賞」と「AOKI賞」をダブル受賞。2012年に芸能界デビュー。「男劇団 青山表参道X」では副リーダーを務める。

●奥野壮(20才)

 2020年は映画『私がモテてどうすんだ』でBLシーンに挑戦し、観客をキュンキュンさせたが、今年にはどんな“キュン”をくれるのか!?

【プロフィール】
2017年『ジュノン・スーパー・ボーイ・コンテスト』で「フォトジェニック」、「明色美顔ボーイ」賞をダブル受賞。2018年に「男劇団 青山表参道X」のメンバーに加入。

●本田望結(16才)

 2020年4月には写真集『JUNIOR HIGH SCHOOL DAYS MIYU HONDA』(小学館)を発売し、2020年12月31日に開幕した『全国高校サッカー選手権大会』の16代目応援マネジャーに就任するなど多方面で活躍。3姉妹でYouTubeチャンネルも開設し、今年は“かわいすぎる”動画に期待。

【プロフィール】
4才で芸能界デビューし、子役時代に出演した『家政婦のミタ』(日本テレビ系)でブレーク。現在は、フィギュアスケーターとしても活躍。

●モーニング娘。’21

 2020年12月に発売した『純情エビデンス/ギューされたいだけなのに』は、グループ69枚目のシングルで、発売初日から3日間で約11万枚を売り上げるスピードスタート。このモー娘。からの年賀状の絵とデザインは石田亜佑美が担当。

【プロフィール】
音楽プロデュサーのつんく♂(52才)がプロデュースし、1997年に結成した女性アイドルグループ。7thシングル『LOVEマシーン』がミリオンヒットを記録。2014年からは、グループ名に西暦の下2桁の数字がつくようになった。現在の「モーニング娘。’21」の読み方は、「モーニングムスメ トゥーワン」。

●田原総一朗さん(86才)

 御年86才の現在も政治に対して提言し続ける“政界のご意見番”として活躍。新型コロナ対策などで問題山積の政権に、引き続き舌鋒鋭く迫ってほしい!

【プロフィール】
1964年にテレビ東京に入社。1977年にフリーに。1987年にスタートし現在まで続く討論番組『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)では、名だたる論客が激論を繰り広げるなかで長年、司会進行を務める。

●坂東眞理子さん(74才)

 2019年に発売した『70歳のたしなみ』(小学館)は幅広い世代に支持され、20万部を超えるロングセラーを記録。クイズ番組などで見せる品のよい笑顔はまさに大人のたしなみ力。

【プロフィール】
東京大学卒業後、1969年に総理府入省。2006年に発売した書籍『女性の品格』(PHP新書)が累計300万部を超える大ベストセラーに。2016年には昭和女子大学理事長に就任。

※女性セブン2021年1月21日号

関連記事(外部サイト)