「THE FIRST TAKE」と「紅白の変化」の共通点 歌に真摯に向き合う時代へ

「THE FIRST TAKE」と「紅白の変化」の共通点 歌に真摯に向き合う時代へ

昨年の紅白との共通点とは?(THE FIRST TAKEオフィシャルサイトより)

 かつては音楽番組から次々とヒット曲や人気アーティストが誕生したものだが、いまや民放ゴールデンタイムから音楽番組が消えて久しい。レギュラー放送されているのは、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)だけというのが現状だ。そんな中、YouTubeチャンネルTHE FIRST TAKEが、往年の「音楽番組」の役割を果たしてくれている。

 同チャンネルでは、マイクが1本だけ置かれた白いスタジオで、アーティストが一発撮りのパフォーマンスに挑んだ映像が配信されている。チャンネル登録者数は317万人を誇り(※2021年1月8日時点。以下同)、LiSA がアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマ『紅蓮華』をピアノアレンジで初披露した映像は、実に9400万再生を超えている。押しも押されもせぬ人気チャンネルと言えよう。

 THE FIRST TAKEが生んだ大ヒット曲が、ダンスロックバンド・DISH//(ディッシュ)の『猫』だ。もともと同楽曲は、2017年8月にリリースされた10枚目シングル『僕たちがやりました』のカップリング曲だった。2020年3月、THE FIRST TAKEにて、ボーカル・北村匠海が歌う「猫 〜THE FIRST TAKE Ver.〜」が公開されたところ、一気に人気に火が付き、オリジナルバージョンの『猫』と合算した配信総再生回数は1億回を突破した。同年11月から、テレビ東京にて『猫』を原案とした深夜ドラマが放送されるまでに至った。

 さらに同年12月25日に公開された、太田裕美の代表曲『木綿のハンカチーフ』を女優・橋本愛がカバーした映像も話題に。ネット上を中心に「泣ける」という称賛の声が続出し、投稿から2週間足らずで168万再生を達成した。

 音楽ジャーナリストの柴那典氏は、THE FIRST TAKEの魅力をこう分析する。

「白いスタジオでの撮影、シンプルな画面構成で『音楽の魅力をストレートに伝える』というコンセプトが明確に伝わるデザインにあると思います。一発撮りというルールを徹底していること、歌唱前の何気ない一言や息づかい、視線の動きや表情までを高画質な映像と音声で収録していることで、ライブ感あふれるコンテンツになっていることが魅力になっています。

 また、基本的に毎週金曜日の22時に動画がプレミア公開されることも大きいと思います。チャンネル登録すれば定期的に新しい動画の通知がくる。時間とフォーマットが決まっていることで、『次は誰が登場するんだろう』という興味も湧く。テレビはどうしても視聴率優先のため、すでに人気がある人が中心になってしまいますが、THE FIRST TAKEは、新人が注目を集めるきっかけにもなっています。今までありそうでなかった『YouTube上の音楽番組』としてブランドを確立していると思います」

 ところで、2020年末に放送された『第71回NHK紅白歌合戦』は、コロナ禍の影響により寸劇などの演出がなくなったことが、むしろ視聴者から「歌に集中できる」と好評を博した。THE FIRST TAKEといい、昨年の紅白といい、いま世の中では、シンプルに歌を楽しむためのコンテンツが求められているのかもしれない。

「コロナ禍の影響は大きいと思います。昨年後半は有観客のライブやコンサートも少しずつ戻ってきていましたが、スタジアムやアリーナのような大きな会場を満員にするのはまだ制限されています。また、オンラインライブでは、視聴者が何万人いようと、アーティストとオーディエンスは画面を介した一対一の関係になる。

 そういう状況において、『みんながひとつになって盛り上がる』という一体感を音楽がもたらすのは難しい。必然的に、シンプルに歌の力を届けるようなパフォーマンスにフォーカスされる時代になってきていると思います」(柴氏)

 みんなで同じ曲を聴いて盛り上がる時代から、ひとりひとりが歌にしみじみと向き合う時代へ??。新型コロナウイルス感染拡大の中で、音楽の聴き方というものも変化しつつあるようだ。

◆取材・文/原田イチボ(HEW)

関連記事(外部サイト)