キャンプ動画が人気の天津木村、エロ詩吟は求められず

キャンプ動画が人気の天津木村、エロ詩吟は求められず

キャンプ動画について語る天津木村

 2009年に詩吟のリズムと下ネタを融合させた『エロ詩吟』が人気になり、「あると思います」が『新語・流行語大賞』にノミネートされるなど、一世を風靡したお笑いコンビ・天津の木村卓寛(44才)。複数の副業を持つことでも知られているが、いつの間にかアウトドア芸人になっていた。そのいきさつを本人に聞いた。

――今年4月に「エロ詩吟の泉が枯れた」とネタを募集していたが、なぜネタが出なくなった?

木村:すみません、あれは冗談です。そう言って募集したらおもしろいかなと思って(笑い)。届いたネタはおもしろいものが多くて、ぼくのYouTubeのチャンネルで発表しているのですが、持ちネタには加えていません。やっぱり自分の癖とか好きな言葉遣いがあるので、ぼくを越えるものがありませんでした(笑い)。

――テレビで引っ張りだこだった当時は過激なエロ詩吟がありましたが、近年ではやりづらくなった?

木村:今思うと、よくテレビで放送してもらえていたなと思いますよ。もちろん当時でも、表現を抑えて欲しい、というのはずっと言われていました。初めてテレビに出た時、関西の深夜の生放送だったのですが、ネタが終わって楽屋でモニターを見ていたら速報みたいなものが流れて、「先ほどのネタで不適切な部分があったことをお詫びします」とテロップが出たのがスタートですから。こちらは直接的な表現にしたい、テレビ側は抑えたい、という闘いは常にありました。

――これからもエロ詩吟は続けていく?

木村:普通に続けると思います。強い意気込みがあるわけでもなく、こそこそと(笑い)。

――キャンプや登山のYouTube動画が伸びていますが、これらのテーマを選んだわけは?

木村:アウトドアが好きで、プライベートではずっとしていたことなんです。YouTubeを始めた初期は、学べるエロ詩吟をしたり、世界記録に挑戦だと爪楊枝を手を使わずに鼻の穴に入れたり、小さいパンツをはいて筋トレをしたけど、まったく再生数は伸びなかった。それなら好きなことを撮ったほうがいいのかな、と思い始めたんですね。

 そんなとき、東野幸治さんと山登りに行かせてもらって、「それを撮ったらええやん」と言ってくれたんですよ。それで2人の山登りの動画をアップしたら、たくさん見てもらえたんです。東野さんを見に来てくださったかたがたを何とか留めたいと思って、詩吟などの動画をやめて、キャンプや登山に絞りました。

 たまにエロ詩吟の動画をあげると、コメントで「そんなのいらないんだよ! キャンプのやつくれよ!」と書かれたりします(苦笑)。

――キャンプはどんな人に喜ばれていると思う?

木村:見てくれているのは、30、40代の男性がほとんどです。エロ詩吟をリアルタイムで見ていた世代のかたなのでしょうか。コロナで窮屈な時代なので、開放感のある動画が支持された理由のひとつかもしれない。でも、なぜ30、40代男性に刺さっているのか、ぼくもわかりません。みなさん、YouTubeでコメントをお待ちしております(笑い)。

 エロ詩吟は女性の評判があまりよくなかったので、あのイメージが刷り込まれてしまった女性に避けられているのかもしれません。女性にはよく「木村さんはしゃべったら真面目なんですね」と言われるんです。もっと変態で、陰気で、すぐ下ネタを言ってくる人、と思われているようです。どんなイメージやねん。……まあ、自分で作ったイメージなんですけどね(苦笑)。

 企画、撮影、編集を全部ひとりでやっているので、動画に愛着がわくんですよ。最近ハマっているのが、編集の終わった動画を見ながら酒を飲むこと。こだわりがあるので、作業を人に頼めないんですよね。

――ドローンからの広大な風景がまたいいですね。

木村:自分で買ってきたドローンで撮影しています。東野さんがよくアドバイスをくれるので、ドローンから撮影するアイディアは東野さんからもらったのかもしれない。

――とろサーモン・村田秀亮さん、ゆったり感・江崎峰史さんの3人で、アウトドアグループ「すだちCAMP」を結成。

木村:大丈夫ですか、ゆったり感・江崎って誰やねんってなりません?(笑い)ぼくと村田は同期で、2人でキャンプに行こうとしたら、村田が仲良しだからと言って江崎を連れてきたのが始まりです。3人でキャンプをしたら楽しかったんですよね。ダラダラしているだけなんですけど、意外にもその動画が伸びたので、続けることにしました(笑い)。

――キャンプを楽しむコツは?

木村:キャンプって楽しんだもの勝ちなんですよ。ぼくが家族で行くときは、「木村家で一番側転がうまいのは誰かコンテスト」とかするんです。とにかく楽しむ。あとは小道具を用意するのもいいですよ。一度、キャンプ先でまったりしたことがあるのですが、そのときはあまり楽しくなかった。ポールひとつ持っていくだけで違います。現地でこれを作るとか、これを食べるとか、目的があったほうがキャンプは楽しいとぼくは思います。

――キャンプ芸人の座を狙っている?

木村:いやいや、すでにヒロシさんの焚火会がありますからね。キャンプ動画の先駆者なんです。バイきんぐ・西村瑞樹さん、じゅんいちダビッドソンさん、うしろシティ・阿諏訪泰義さんなど、多くの芸人さんが所属しています。ただ、ぼくもキャンプが好きなので、細々と続けたいと思います。

【木村卓寛(きむら・たくひろ)】
1976年 5月 22日生まれ。兵庫県出身。1999年に向清太朗とお笑いコンビ・天津を結成。2008年に詩吟と下ネタを合わせた『エロ詩吟』で人気を博し、著書は10万部超のベストセラーとなる。現在はコンビ、ピン活動のほか、YouTubeチャンネル『天津木村のてんきむチャンネル』や、ロケバスの運転手、レンタルおっさんなどの副業も行っている。

撮影・取材・文/小山内麗香

関連記事(外部サイト)